月別アーカイブ: 10月, 2010

昔の自分に出会える場所、アンティークショップ

02 10月
2010年10月2日

メルボルンは今月3日からデイライト・セービング(Daylight Saving)が始まり、時計の針を1時間進めました。(ノーザンテリトリー、クィーンズランド州、西オーストラリアでは実施していない)春から夏にかけて、デイライト・セービングにより一日の日照時間が長くなるので、アウトドア好きなオージーには、この期間は嬉しい季節です。

また、これからの季節は軽装で出かけられるので、観光には最適なシーズンですね。 とはいえ、「1日に四季がある」と言われているメルボルン。 春夏期でも薄手の羽織物と折りたたみ傘は忘れずに!

OZ_1002_0201

さて、今回は、アンティークのコレクターには耳寄りの情報をご紹介します。

1770年にスコットランド人のジェームス・クックがオーストラリアの領有を宣言し、ヨーロッパ人の入植が始まってから240年と、 オーストラリアの開拓時代からの歴史は浅いものの、 ヨーロッパや世界中のアンティーク商品が、 ここオーストラリアにはたくさん存在します。 またアンティークのコレクターは国内でも数多くいることもあり、 アンティークショップはメルボルンの至る所で見かける事ができます。

先進国ならではの消費文化になりつつある現在も、 物があまりなかった時代の名残りか、 コレクターとしてアンティーク商品を買い求める人だけでなく、 古い家具などをリサイクルして大切に使い続ける人達も オーストラリアにはたくさんいます。 私も見習わなければなぁと思う事がしばしばです。

シティから電車で約10分程度の所にあるショッピング街、Chapel通りにある、「Chapel Street Bazaar」は、国内でも大規模なアンティークショップ。 まるで宝箱をひっくり返したようなお店です。

OZ_1002_0202

広い店内には、アンティークのぬいぐるみ、カメラ、宝石、インテリア、洋服、おもちゃ、昔の古いポスターなどなど、あらゆるアンティーク商品が所狭しと置かれています。

OZ_1002_0203

メルボルンの中でも最も古いアンティークショップと言われるこの店は、 1988年にオープンして以来、国内だけでなく世界中からたくさんのアンティーク収集家が足を運んで来るのだそう。 また時代ごとにアンティーク商品の流行があるようですが、 今は60~70年代の商品が人気があり、 また10代の若者達は80年代のファッションを求めて来るそうです。 とにかく、おもちゃから陶器までありとあらゆるアンティーク商品があるので、 大人から子供まで楽しめる、テーマパークのような場所でもあります。 店内の商品を全て見て周ったら、優に2時間はかかるでしょう。

OZ_1002_0204

思い出のぎっしりと詰まったアンティークの品々を眺めているだけで、 どこかノスタルジックな気持ちになります。 誰かに求められて、またいつの日か息を吹き返す日を待ち続ける商品達・・・。 この店で、ずっと忘れていた遠い昔の思い出達に出会えるかもしれません。

OZ_1002_0205

Chapel Street Bazaar 217 Chapel Street, Prahran Victoria 営業時間:毎日営業 10am-6pm

その他のおススメアンティークショップ Tyabb Packing House Antiques http://www.tyabbpackinghouseantiques.com.au/ 営業日:木~日と祭日の10am-5pm ※広い店内は家具からおもちゃまで何でもそろう。 場所がメルボルン郊外にあるので、早めに出かける事をおススメします。

Antique Toy World http://www.antiquetoyworld.com.au/ 営業日:火~金 10am-5pm  土&日10am-4pm ※1900年代のアンティークなおもちゃが店内にぎっしり! おもちゃコレクターにはたまらない店

Copyright© 2017 オーストラリア情報 All Rights Reserved.