月別アーカイブ: 4月, 2011

スリル満点!クロコダイルファーム

26 4月
2011年4月26日

オーストラリアと言ったらワイルドな赤土のアウトバックや 沼地を這い回るクロコダイル(ワニ)を想像する人が多いかと思います。 映画「クロコダイルダンディー」や今は亡き、 クロコダイルハンターのスティーブ・アーウィン氏のイメージが強烈なせいか、 オーストラリアへ行けばどこでもクロコダイルに遭遇しそうですが、 実は広いオーストラリアでの生息地域は北部の熱帯地区のみ。 川等の淡水に住むフレッシュウォータークロコダイルと 海水に住むソルトウォータークロコダイル(イリエワニ)の2種類が オーストラリアには生息するそうですが、 そんなワニ達に出会えるのが、 今回ご紹介するクロコダイルファーム“Hartley’s Crocodile Adventures”です。

OZ_0402_0401

ケアンズから車で約40分、ポートダグラスから約20分の所にある このクロコダイルファームは、ワニの養殖場ですが、 オーストラリアのワイルドライフを体験できるテーマパークになっています。 広い敷地にはクロコダイルがどうやって養殖されているのか、 クロコダイルの世界的な皮や肉の需要の高さ等、 実際に説明を受けながらワニの養殖場を見学できます。

OZ_0402_0402

またボートに乗って敷地内のラグーンに住むワニを真近で見るクルーズツアーに参加できたり、 スタッフがワニと戦うパフォーマンスが見られるショーがあったりと、 大人でもここで一日十分に楽しめます。

グルーズツアーでは沼地に潜むワニがどこから現れるか分からないので、 ボートに乗っている間もドキドキ。 (ボートには強化ガラスがついているので安全ですが、やはりコワイ!)

OZ_0402_0403

ここに住むワニ達は主にイリエワニですが、 このワニ、世界で一番大きく育ち凶暴なワニなんだとか。 ガイドさんがワニを餌でおびき寄せると、 その大きな肉の塊を捕らえようと、信じられないほどのジャンプ力! その時に歯がガチンと当たる音が何と恐ろしい事! あんな歯で噛まれたら、人間なんて簡単に食いちぎられてしまうんでしょうね。

OZ_0402_0404

園内で見たクロコダイルは、大きくて全長が3メートルほどでしたが、 イリエワニは7メートルほどまで成長するのだとか。 スタッフがクロコダイルと戦うパフォーマンスショーでは、 足元でさまようワニがいるにも関わらず、 淡々とワニについて説明をするスタッフ達。 オージー男子のたくましさを感じながらも、 「いつかガブッと食われるんじゃないか」とついつい彼らの説明も上の空に。

ちなみに、オーストラリアで人間がワニに襲われる確率というのは 実はとても低いそうです。 そうは言っても一番襲われる可能性が高いのが、 酔っ払った20代~30代の男性なんだとか。 まぁ、夜の川に飛び込むおっちょこちょい層がちょうどその年頃なんでしょう。

OZ_0402_0405

園内には、他にコアラやヒクイドリという絶滅の危機にある野鳥や ヘビ等の野生動物を見学する事ができ、 時間によってはコアラやクロコダイルに餌を与える事もできます。 散々クロコダイルでスリルを味わった後には、 コアラの寝ぼけた姿にやけに癒されたりします。

OZ_0402_0406

これだけ恐ろしいクロコダイルを観た後にはあまり食欲が湧かないかもしれませんが、 パイで有名なポートダグラス市内のお店”Mocka’s Pies”で、 クロコダイルのパイを試食してみては? クロコダイル肉は初体験でしたが、 鶏肉の様にわりとあっさりとしていて美味しかったです。

OZ_0402_0407

[Hartley’s Crocodile Adventures] Captain Cook Highway, Wangetti Beach, Queensland www.crocodileadventures.com 入場料:大人$33.00 小人(4-15才)$16.50 開園時間:8:30am-5:00pm

[Mocka’s Pies] Shop34, 9 Grant Street, Port Douglas, Queensland Tel: (07)4099 5295

田舎町の隠れた名所を訪れる

10 4月
2011年4月10日

今年に入り次々と世界中で大きな天災が起きている中、
日本の大震災のニュースを耳にした時は、信じられない思いでした。
この場をお借りして、東北地方太平洋沖地震により被害を受けた皆様、
またそのご親族の方々に心よりお見舞いを申し上げます。
そして1日も早い復旧を祈るばかりです。

さて、今日ご紹介するのは、タスマニアのROSSという町です。
タスマニアに旅行をした人には既に「知っている」と言われるかもしれませんが、
実はこの町、日本と縁があるんです。
タスマニアの東の内陸部に位置するRossは、
北部の街Launcestonから車で1時間ほどの所にある小さな田舎町です。
1836年に作られた、オーストラリアでは3番目に古いRoss橋を始め、
国家遺産として登録されている建築物が多いこの土地は、
毎年国内外からたくさんの旅行者達が訪ねて来るほどの魅力を持っています。

人口が300人程度の本当に小さな町にも関わらず、
わざわざ皆が訪ねたくなるその魅力は何なのか。
一つには、1800年代前半の古い街並みがそのまま残された場所である事でしょう。
ノスタルジックなその町を歩いているだけでも、
趣があって良いものです。

そしてもう一つ、日本人がここへ足を運ぶ理由には、
この町のパン屋さんにあります。
ロス・ビレッジ・ベーカリー(Ross Village Bakery)は、
宮崎駿夫氏のアニメーション、
「魔女の宅急便」の舞台となるパン屋さんのモデルになったと噂される店。

OZ_0401_0401

確かに店の外観と言い、裏庭から見た建物と言い、
あの魔女の宅急便のパン屋を彷彿させるものがあります。
一帯誰がこの店を探しだしたのか・・・。
またこの店に隣接する建物は、宿泊施設にもなっていますが、
驚くなかれ、屋根裏部屋の一室は、主人公キキの部屋が存在するんです!

OZ_0401_0402

この日はお店が忙しそうだったので、
部屋の中を見せてもらう事は遠慮しましたが、
オーナーのクリスさんの話では、
あまりにたくさんの日本人がキキの部屋を見たさに次々と訪ねて来るので、
この1室を「Kiki’s Room(キキの部屋)」と名付けてしまったとか。
これで先ほど「日本と縁がある」と言った理由がお分かりいただけたと思います。

OZ_0401_0403

アニメに興味がない方でも、
1832年に建設された国家遺産にも登録されているこの宿に滞在し、
また、100年以上も美味しいパンを焼き続けているこの店で、
出来たてのパンを朝食に味わう・・・・。
オーストラリアの開拓時代の陰影を存分に楽しみながら、
ゆっくりと流れる時間をこの町で過ごすのも良いかもしれません。
ちなみにここで食べたマッシュルームパイはとても美味しかったです。

OZ_0401_0404

また、LauncestonからRossへ向かう途中にあるEvandaleという町(村)では、
毎週日曜日にサンデーマーケットが開かれています。
アンティークや地産の野菜や手作りジャム、ソース等が販売され、
観光客以外に多くの地元の人達の台所にもなっているようです。
Rossの町へ行くついでに、ぜひ立ち寄って見ては如何ですか?

OZ_0401_0405

Ross Village Bakery & Inn
15 Church St. Ross Tasmania
www.rossbakery.com.au

Evandale Sunday Markets
Falls Park, Logan Road Tasmania
毎週日曜日 8:00am-1:30pm

Copyright© 2017 オーストラリア情報 All Rights Reserved.