月別アーカイブ: 5月, 2011

高所恐怖症克服するならここ!Tahune Forest Airwalk

17 5月
2011年5月17日

タスマニアには、数多くの国立公園があり、 充実したハイキングコースから、 何日もかけて歩く本格的なトレッキングコースまであります。

タスマニア旅行中には、私も色々なハイキングコースを体験しましたが、 中でもとてもユニークだったのは、 タスマニアの街ホバートから車で約1時間半の所にある、Tahune Forest Airwalk。 タスマニアでは人気の観光スポットの一つでもあります。

ユーカリ林のTahune Forest Reserve(タフーン保護林)内に作られた このアトラクションは、 Airwalk(エアウォーク)という名前通り、 森の中に作られた鉄橋を散策する事が出来ます。

OZ_0502_0201

地上から高さ30メートルほどの所に作られた橋の上は想像以上に高く、 やや高所恐怖症の私にとっては、 この橋の上を歩く事はかなりチャレンジングでした。

長さ597メートルほどの鉄橋が森の中で延々と続く景色は、 少し異様な感じもしましたが、実際に橋を歩いてみると、 今まで見た事もない景観が目の前に広がり感動! まるで、鳥になった気分でした。

ただ、高所恐怖症の人は、なるべく足元を見ないように歩きましょう。 怖いもの見たさで、ついつい下を見てしまうと、 私の様にその場から動けなくなってしまうかも(笑) あえてスリリングにするためか、鉄橋の歩く所はほとんどが網目状。 しっかりと30メートル下の地面が遠くに見えるのが良いんだか悪いんだか。

OZ_0502_0202

ここではユーカリ林、ササフラス、ブナ、 そして樹年1,000年以上のHuon Pineと呼ばれる松の大木等、 タスマニアならではの大自然を満喫できます。 また、誰が始めたのか、 途中で、たくさんのコインが落とされているブナの木の切り株を発見。 30メートル近いブナの切り株なので、もちろん地上からは見る事ができません。

この木の上に無事コインを落とす事が出来たら、願い事が叶うかも?

OZ_0502_0203

実はこの橋のスリルはこれだけでは終わらないんです。 20分ほどこの橋を歩き続けると、 最終地点には片持ち梁になったプラットホームがあります。 この部分は完全に空中に浮かんでいる状態で、 しかも地上からの高さは48メートル! 人が歩く度にグラグラと揺れるので、余計に恐怖心をあおってくれます。 この時点で、すでに私の腰は完全に引けていました。

OZ_0502_0204

さんざん迷ったあげく、深呼吸をしながら一歩一歩進む事に。 でも最終地点のプラットホームまで、行った甲斐がありました! パノラマに広がる景色と澄みきった空気を胸一杯に吸い込んだら、 恐怖心もすっかり忘れ、大満足。 また、ここからはタスマニアで4番目に長いと言われている Huon Riverという川も遠方に眺める事ができます。

OZ_0502_0205

エアウォークを体験した後は、 今度は地上から森林の中を散歩するのもオススメです。 往復20分コースのThe Huon Pine Trackや、 1時間コースのThe Swinging Bridges at McKay’s Trackがあるので、 その日の体力に併せてコースを選びましょう。

また夏季は山火事が起こる可能性があります。 出かける前にインターネットや観光局等で、 確認してから出かける事をおすすめします。

Tahune Forest Airwalkを体験すれば、 高所恐怖症が克服出来るかも?!

OZ_0502_0206

Tahune Forest Airwalk Arve Road via Geeveston, Tasmania TEL. 03 6295 7177 http://adventureforests.com.au/tahune/tahune-airwalk-home

入場料:大人$24.00 小人(5-16才)$12.00 営業時間:10月~3月 9:00am-5:00pm           4月~9月 10:00am-4:00pm 休業日:クリスマスおよび山火事等の災害をもたらす天候の日 (上記の情報は2011年5月末現在のものです)

 

ビーチワ―スで古き良き時代のオーストラリアを体験

09 5月
2011年5月9日

メルボルンから車で約3時間所にある町、 ビーチワ―ス(Beechworth)は、19世紀半ばにゴールドラッシュで栄えた街です。 また、オーストラリアでは知る人ぞ知る、 アンチヒーローのネッド・ケリーがメルボルン監獄で絞首刑になった話は有名ですが、 ビーチワ―スには彼が警察を殺害したという容疑で、 3年間入所していた元刑務所がある事でも有名な町です。

現在は人口3,200人(2006年現在)足らずの小さな田舎町になってしまいましたが、かつては金鉱の噂を聞きつけた人達が国内外から集まり、 人口が3万人もいたのだとか。 街の中心地は30分程度で見て回れる程度の本当に小さな町ですが、 当時の面影が町のあちらこちらで見られます。

OZ_0501_0101

町の中心から徒歩5分の所にあるSambell湖から出発し、 Spring Creekに沿って歩くこと10分、 地面の至る所にボコボコとかなり深い穴が空いている場所があります。 何と昔の金鉱の採掘場所だった所なんだそう。 ここでもゴールドラッシュ時の歴史を垣間見られます。 2年間で10万オンスの金(約28トン)が採掘されたってすごいですよね!

OZ_0501_0102

アンティークな建物を眺めながら、中心地でウィンドウショッピングをするのも楽しいですが、 車の数が少ない田舎町だからこそ、レンタルサイクリングもおススメです! レンタルサイクリングの店では、 サイクリング用の「Ride Guide」という地図を含め、 マウンテンバイク、ヘルメットなど一式を貸し出しています。 息を飲むような数々の美しい景色に出会える事間違いなし! カメラはお忘れなく。

OZ_0501_0103

ビーチワ―スは地産の宝庫でもあります。 地元の食材を利用したジャムや蜂蜜の専門店、 そして昔ながらの手作りのキャンディーが所狭しと並んだ The Beechworth Sweet Coなど、お土産にぜひ!

OZ_0501_0104

美しい自然と古き良きオーストラリアが残されたこの町は、 田舎ならではの人の温かさにも触れられる、どこかほっとする場所です。

毎年季節ごとにミュージックフェスティバルや 収穫祭などのイベントが開催されているようですが、 個人的には初秋の紅葉の季節(5~6月頃)が特におススメです。

都会の喧騒から離れコテージタイプの宿で、 夜は地元産のワインを飲みながら、 ゆらめく暖炉の火を眺めて過ごすひととき・・・・。 そんな贅沢な時間をビーチワ―スで過ごしてみませんか?

OZ_0501_0105

Beechworth Visitor Information Centre website www.beechworthonline.com.au

 

 

Copyright© 2017 オーストラリア情報 All Rights Reserved.