海辺のアート、砂の彫刻イベント

01 11月
2013年11月1日

1月に入り、メルボルンはいよいよ本格的な夏を迎えました。
夏と言えば、海!
この時期に満喫したいのは、
やはり白砂と真っ青な海が広がるビーチですよね。
メルボルン市内近郊には、観光ガイドブックなどにもよく紹介されている、
セントキルダ・ビーチなどへも気軽に足を運べますが、
せっかくなら海水の透明度も高く、
観光客も少ないフランクストン・ビーチ(Frankston Beach)がオススメです。

メルボルン市内からは、電車で1時間ほどの所にあるこの海岸。
フランクストンの街に近づくにつれ、電車からも遠方に美しい海が見えてきます。
また、レンタカーで海岸沿いのビーチロード(Beach Road)を
ドライブしながら行くのも、景観を楽しめます。

OZ_0102_0201

さて、中でも今回ご紹介したいのは、このビーチで毎年開催される、
砂の彫刻イベント、Sand Sculpting Australia。
今年で4回目になるこのイベントでは、
毎年国内外から有名なアーティスト達が集まり、
夏の4か月間、砂で作った彫刻が展示されます。
今年は21人のアーティスト達が、“Creepy Crawlies(はい回る虫達)”をテーマに
ユニークな作品を紹介しています。

OZ_0102_0202

全ての作品に使われる砂の量は、3,500トンにもなるのだとか。
約3週間かけて制作される、砂の芸術達。
水と砂だけで、これだけのアートが作りだされるなんて、驚きですよね。

OZ_0102_0203

ちなみに砂の彫刻の由来は、あまり明確な情報がないそうですが、
古代のエジプト人達が、ピラミッドを制作する為に、
そのモデルを砂で作っていたと言われているんだそう。
世界中人種は違っても、人間考える事は皆似ているんですね。

OZ_0102_0204

会場内には、子供達が砂の彫刻を体験できるワークショップや、
有料で砂絵や小瓶にカラフルな砂を入れて飾りを作れるコーナーなどもあり、
大人も子供も楽しめます。
また、各作品と共に、虫にまつわるトリビアな話が紹介されているのも、
面白いですよ。

OZ_0102_0205

会場は、フランクストンの海岸に隣接されているので、
砂の芸術を楽しんだ後は、ビーチで海水浴をしたり、
海風に当たりながら、長い海岸沿いにある遊歩道を散歩するのも気持ちが良いです。

また、近くにはフィッシュ&チップスのお店があるので、
お持ち帰りにして(注文の際には、“Take Away”と言いましょう)、
ビーチでアツアツのチップスを頬張るのも、夏のオージースタイルです。

OZ_0102_0206

【フランクストン・ビーチへの行き方】
電車で行く場合:Flinders Street駅からFrankston線に乗り、
最終駅のFrankston Railway 駅で下車。駅から徒歩5分ほど。

車で行く場合:海岸沿いのBeach RoadからNepean Highwayへ、
ひたすらフランクストンに向かって走る。(Melway Map: 100A B8)

【Sand Sculpting Australia】
場所:Frankston Waterfront
開催期間:2010年12月26日(日)~2011年4月26日(火)
開園時間:1月 10am-9pm / 2~4月 10am-4pm(月―木)10am-6pm(金―日)
入場料 :大人$10/子供(4-12歳)$7 /4歳以下は無料
ウェブサイト:www.sandstormevents.com.au

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 オーストラリア情報 All Rights Reserved.