月別アーカイブ: 4月, 2007

日本でも生活の中にバリを

25 4月
2007年4月25日

バリ中毒になると、 バリから帰る飛行機の中で次の渡バリの予定を決定したり、 バリから買って帰ってきた自分用のおみゃげをウットリ眺めて、 遠い南半球のバリに想いを馳せるなんて、全然特別な事じゃない。

皆さんは一日に何回バリを思い出しますか? 仕事に追われて休みの時だけっていう可哀想な人もいらっしゃるんでしょうね。 でもどうですか? バリのことを想う度に、心が軽くなりませんか? それだけで癒されませんか?

そんな仕事に目一杯の方に、 いっぱいいっぱいの時でもゆとりを感じられるスペシャルグッズをご紹介します。

まず携帯をご用意ください。 iモードのメニューリストから着信メロディーを選択して、 『超音メロッちゃ』(メロッちゃ取り放題)→検索『ヤマサリ』 天国に咲く花(ガムラン)

auやsoftbankの場合、メロッちゃのサイトからダウンロードできるようです。

これであなたの携帯の着メロはガムランに! 携帯が鳴る度に、バリからのメッセージが届けられたような、 そう、その度に癒しが、ああバリが、あなたの手の届く所に・・・・

02_01

ウブドの仙人

19 4月
2007年4月19日

味、存在感がある人って、身の回りに居ますか? なんとなく引き込まれちゃうというか、 目には見えないんだけどオーラを感じるというか、 なんだか一般の人との違いを六感で感じたりしますね。

いらしたんですよ、ウブドに。 パッと見た目はまるで仙人。 白髪に白いひげをたくわえて、修行から帰ってきたばかりの様相でした。

01_01

ここはウブドでは有名なボディーワークスというマッサージスタジオ。 アルサナ氏は20年もの間ヒーラーとして施術して来た人気のバリアンで、 三ヶ月先まで予約で一杯とのこと。

写真でも解るように、優しい目が何でも癒してくれる眼光を放っています。 彼専用の三階にあるヒ-リングルームで、 愛と光によって霊感を受けたというマッサージを、ぜひ受けてみたいものだ。

フルーツ石鹸

09 4月
2007年4月9日

何でバリの生活雑貨用品の香りは、あんなに強いんだろうか? ちょっと笑っちゃう石鹸があったので紹介しちゃいます。

石鹸なんだけど、石鹸と思わないで、匂い袋だと思ったほうが想像できると思います。

なんせ石鹸売り場に行くと、一個10円という超チープな値段にも拘らず、 一番匂いを主張しているんですよ。

写真にあるように沢山のフルーツの味、じゃなくて香りがあるんです。 それも袋の外からでもわかるくらい強烈な匂い付きで。 封を開けたらどの位強いんだろう。ちょっと怖い。

石鹸として使うと、一週間くらい匂いが体から取れないんじゃないかと心配で、 封を切ってないけど、トイレの芳香剤代わりとか、箪笥の中に程ほどに 入れておくのはありかもしれない。

一番上がイチゴ。 二段目がメロン。 三段目がグレープ。 四段目は何にも入れなくても、フルーツミックスになってたりして。(笑)

02_01

洋服を作る

05 4月
2007年4月5日

バリ島に行く前に、奥さんは通販のカタログチェックに余念がない。 特にOTTOに沢山付箋紙が貼ってある。 気に入ったデザインで、バリで洋服を作ろうと企てているのだ。 そればかりでなく、カーテンの縦と横をメジャーで計らせて、 カーテンも調達するつもりらしい。

まずは知り合いの縫い子さんの家にお邪魔して、 雑誌を見ながらの打ち合わせ。 何メーターの生地が必要か、指示をされる。 その間に採寸。 スタイルいいわね~のみんなの声に、奥さんたじたじ。 でも満更でもなさそうな満面の笑みに、 バリ人はおだて上手だなぁなんて、勝手に思い込むボクでした。

さてその後は、デンパサールのクンバサリーマーケットの周りに沢山ある インド人経営の生地屋さんに直行する。 一メーター12,000ルピアから27,000ルピアまでの生地を山ほど買い漁って、 奥さん大満足。それも殆どがノーアイロンで着られるタイプばっかり。

01_01

カタログで1万円するスカートやブラウスが生地と縫製代で 1,500円くらいで済んじゃうんですよ。 しかも生地や柄を選べて、完全オーダーメードで。 10着以上も作る気みたいです。あの生地の量からして。 ボクもついでにバティックのシャツをおこぼれで作ってもらいました。

しかし彼らは本当のプロ集団だと思います。 免税店から注文が来るのも頷けます。 もしバリで洋服を作られる方は、充分に時間を取ってくださいね。 中途半端な仕事はしてもらえないですから。

01_02

Copyright© 2017 バリ島情報 All Rights Reserved.