月別アーカイブ: 5月, 2007

薬局で買う

28 5月
2007年5月28日

外国に旅に出て、心配性の人なら特に、現地で病気になったらどうしようって悩むよね。
医者に行くほどでもないけど、薬は欲しい。
日本と比べて海外の薬は強いと聞いているけど、大丈夫かな?などなど。
それがひとり旅では余計に健康管理に目が行ってしまうし、
常に何かがあった時の事を考えてしまう。

スミニャックのビンタンスーパーマーケットの隣に
在住の日本人にも人気のある、
『タイガ薬局』がある。
02_02
どこか調子が悪かったりしても、薬剤師が常駐しているので、
詳しく不調の症状を説明すると、その場で薬を処方してくれる。
お腹の調子が悪かったり、風邪気味だったり、喉が痛かったり、頭が重かったり、
ちょっとしたことでも、とても気楽に利用できる薬局だ。

置き薬も日本人には解りやすく親切だ。
日本語の説明や、解説が詳しく商品に書かれていて、
雑誌やフリーペーパーに紹介された商品も積極的にアピールされている。
雑誌で見つけたコスメや置き薬を買いに行くにはとても便利なお店だ。

薬だけでなく、ジャムゥやコスメなども充実しているので、一見の価値があるだろう。
その効能を見ながら、
よっしゃこれで色白になってやろうとか、
バストを大きくしてやろうとか、
乾燥肌を直そうとか、
虫下しの必要性に驚かされたり、

とにかく面白解説が溢れているので、
土産話に事欠かない場所でもあるのです。

02_01

貴石を選ぶ

18 5月
2007年5月18日

皆さんパワーストーンに興味がありますか?

バリ島にもバリのパワーを沢山秘めたパワーストーンがあります。

今回は日本に連れて帰る石を探しにやってきました。
装飾品の綺麗な石ではなく、あくまでもパワー重視。
今日はそれがテーマです。

インドネシアの多くの島々より集められた石が、ここに集結しています。
中に傷がなければ、曇りがなければ、
宝石としてものすごい価値があるであろう石でも、
それに秘めたパワーは絶大です。

バリ島という環境が、石の力を強く変えていくのか
名ばかりのパワーストーンと異なり
このバリの栄養がいっぱい詰った石が、
日本の皆さんの、心に安らぎを与えてくれるのでしょう。

変わった石を扱っていたお店がありました。
平べったい卵くらいの大きさの綺麗な石です。
いつも一緒にいたら幸せを呼んでくれそうな
暖かい感じが響いてきます。
この店で結構な点数を買いました。

ふと頭をよぎった事があり、店主に『隕石ないの?』と何気に言うと、
ガラスケースから黒く光る溶けたガラスのような小さな塊を一個出してきました。
特別なエネルギーを感じます。
宇宙から飛んできて地球に衝突して、
人類が誕生する前から地上にあったかもしれないこの一粒に、
底知れない長い年月が刻まれていて、
今、初めて出会ったわけです。
でも何だか他人のような気がしない、そんな身近に感じる逸品です。
結局この隕石はおまけで頂き、
そのほかバリのパワーがたっぷりと詰った石を日本に持って帰りました。

いつも感じているんですが、バリは特別な場所だと思います。
映画でもあるように、ある島に辿り着いたら総ての物が巨大だったとか、
それから見ると、バリは目に見えない力が巨大なのではないでしょうか?

01_01

ウブド 超オトク情報!

07 5月
2007年5月7日

昨年5月のバリ旅行では、ウブドのヴィラに3泊させて頂いたんだけど、 ウブド好きが多い理由が、なんとなくわかる気がします。 皆さんも南部に泊まったとしても、日帰りでウブド観光にお出かけになる機会も 多いことでしょう。

今日はウブドで買い物するぞ~ うまい物食うぞ~ と言う方のために、 とってもお得な情報です。

ウブド王宮の横のバビグリン屋さんBUOKAは有名ですね。 その道を更に進むと左側に Cafe & Bar 【ANGKASA】があります。 ここはひとつのウブド情報の発信地。 表に掲示板があり、最新情報を伝えています。

そして特筆すべきは【アンカサ・メンバーカード】です。 これはその場で無料でメンバーになれ、 ウブド内の加盟店でのお買い物の際、 カードを提示すると割引が受けられたり、 プレゼントがもらえると言う、優れものなんです。

例えばあなたがSISIバックを買おうとしたときに、 このカードを見せれば5%も割り引いて貰えるんですよ。 他にもレストラン系は10%の割引が多く、とても便利なカードです。

まずはアンカサに行って聖水で入れたアイスコーヒー(氷もコーヒーを固めた物) を飲んで、レジのところでカードを発行してもらってください。 その時の飲食代は20%もオフになるのでお得です。

そのカードと加盟店マップを持って、さあ、ウブド・ジャランジャランにいざ出陣!

アンカサのWEBサイトです。加盟店もわかりますよ。

http://www.angkasa-bali.com/jp/

02_01

秘伝!重量オーバー

02 5月
2007年5月2日

毎月バリに出張に行っていて、主に新規の買い付けや、 お客様からのオーダーを注文する事がメインになるんだけど、 よく、お客様の開店がすぐなので、ハンディキャリィで持って帰って、との依頼がある。 殆どが石で出来た看板や表札で、15キロもあるのがざらだ。

スーツケースにこれを入れたら、それだけで制限いっぱい、 洋服を入れるのも儘ならない。

エコノミークラスでは預ける荷物は、一般的に20kgとされていますが、 30kgを超えなければ、めったに文句を言われません。 たまに35kgなんて時があるけど、カウンターで粘るか、 マネージャーにお願いして、『いつも利用してるんだからいいじゃん!』と、 ニコニコ顔で言うと、『まっ、いいか』って認めてくれる。

ボクは三つの旅行バックを毎回使用しています。

1、スーツケース・プラスティック製軽いタイプ。(預ける専用)

2、ころころのスーツケース・布製で軽く、ファスナーで大きく出来るタイプ  (機内持ち込み用)

3、アタッシュケース(パソコン、書類がぎっしり入っていて10kg位ある)

バリに行く時は荷物が少ないので、スーツケースの中に ころころを格納して預けます。 この時の目方はだいたい15kg。 手荷物はアタッシュケースだけです。

さていよいよ帰り便です。 預けるスーツケースには、かさばって軽いものをギッシリ詰め込みます。 これで大体25kgくらい。事前に自分で25kgはどの位か、 感覚で覚えておくといいと思います。

そして重要なのが、機内持ち込みのころころスーツケース。 これには重たいもの、割れやすいものを中心に詰め込みます。 30kgくらいすぐですよ。 大きなスーツケースより見た目は小さいんですけど、実はとっても重いんです。

そして更にボクの場合はアタッシュケース。 皆さんなら、ショルダーバックのようなものでもいいと思います。 それに10kgは入れる積りでいてください。

さあこれで合計65kgになりました。 結構運べるものでしょう?

ただ航空会社によっては手荷物のサイズや重さを計ったり、 荷物の総個数にウルサイ場合があるし、 空港によってもチェックが厳しい所があるので、ご注意を・・・・

それと30kgの手荷物は、機内で格納する時は重量挙げ状態になりますので、 事前にフィットネスクラブに通って、筋力を付けておく事も必要です。

PS:ジェンガラなどの陶器を買う予定の方は、 プチプチを山ほど持って行った方がいいですよ!

01_01

Copyright© 2017 バリ島情報 All Rights Reserved.