月別アーカイブ: 9月, 2007

サヌール遊歩道

16 9月
2007年9月16日

海からの風がかすかに空気を動かしている。
肌に微妙に感じる潮風が、上昇しようとしていく気温をたしなめている。
同じルックに身をまとったカップルが、ジョギングで横をすり抜けて行く。
反対の方向からの風がまとわりつく。

ここはサヌール、海岸沿いの遊歩道。
ブロックレンガを敷き詰めてある舗道は、片側のホテル群を壁にしながら長く海岸線を伸びている。

 photo2_01

photo2_02

photo2_03

早朝に起きて日の出を見ながらお散歩しようと言ういつもの思いが、
結局朝食後まで引き伸ばされて、
しっかり70°の位置にある太陽を眩しく見上げながら、
暑くなリ過ぎないのを祈りながらのジャランジャランになる。

様々な風景。
様々な人間模様。
遊歩道のお散歩は飽きずに続く。

早々と店を開けたおみやげ売りが、声を掛けてくる。
欧米人が既にデッキチェアーでくつろいでいる。
マッサージのおばちゃんたちがスタンバっている。

photo2_04

海に向かったお寺には、チャナンが供えられた。

photo2_05

サヌールは、空が高い。

トゥランブラン

15 9月
2007年9月15日

デザートは別腹っていうけど本当だね。
お腹一杯にご飯を食べて表に出ると、何だかとても良い匂いが漂ってくる。
甘~い香りとバターを溶かした、なんとも美味しそうな・・・・
見ると、マルタバ、トゥラン・ブランのお店ではありませんか!
何人もお客さんが出来上がるのを待っているのを見ると、この店は只者ではない気配が伝わってくる。

さすがにマルタバ(お好み焼)は重過ぎるので、
トゥラン・ブラン(ホットケーキ)を頼んじゃいました。
これでも重いって!(笑)

トゥランは明るい。
ブランは月。

待つこと数分。
トゥラン・ブランが出来上がります。
その間にメニューを見ながらインドネシア語のお勉強です。

このメニュー、面白い事に値段の高い順に書いてあるんですよ。
これじゃ、みんな高いのを頼むよね。
BIASAが普通と言う意味です。
一番お値段が高いスペシャルでも500円位。
30センチはあろうかと言う、中身たっぷりの分厚い巨大ホットケーキです。

お持ち帰りの箱に入れてくれて、さあどうしましょう。
ずっしりと来る重さに、買ってしまったのを反省しています。(笑)
また太っちゃう・・・・

photo02_01

photo02_02

photo02_03

photo02_04

photo02_05

 

 

ケンタッキー@バリ

07 9月
2007年9月7日

ケンタッキーの味付けって、その国の食文化を研究してアレンジしていると思わない?
バリのはあっさり味。フィリピンはブラウンのソースが付いてくる。タイのはスパイス多少強め?日本のは胡椒が効いてない?
同じチェーン店なのに、その国に合わせて微調整するなんて、カーネル君もやるじゃんね♪

香港でも台湾でも、あの看板を見かけるとついついお店に引き込まれてしまうのは何でだろう?
何か、カーネルマジックが掛けられているのかも知れないね。

ここはサヌールバイパスに面したケンタッキー。
フライドチキンだけじゃなくて、オリジナルメニューもアピールしてますよ!
オーソドックスな2ピースチキンにご飯の組み合わせと、
もうひとつは『焼肉弁当』。
え~唐揚げ弁当じゃん!って、硬い事は言わないで、
これがカーネル流yakinikuなんだそうだから、我慢してね♪
しかも肉はチキンだし!(笑)
200円しないんだから許しちゃいましょうね!

バリに滞在していると、なぜか一度は食べたくなってくるフライドチキン。
しかも2ピースはお決まりのコースです。

皆さんは如何ですか?
バリのケンタッキーはお口に合いますか?

photo1_01

photo1_02

photo1_03

photo1_04

 

DIJUAL

02 9月
2007年9月2日

バリって日本と比べたら、まだまだ情報のやり取りが上手く行っていない。

例えば不動産。
近年でやっと不動産専門店が出来てきて、
そこ独自の物件をガラスに貼って、客に情報を提供し始めたけど、
それでもまだまだ最初の一歩。
不動産を売りたい人は、バリポストという新聞に物件を広告として出して、買主からの電話を待つことになる。
あとは殆ど口コミによる販売しか残されていない。

車も同様。
街には中古車店はほぼない状況なので、
売りたい人間は新聞に車種を明記して、あとは欲しい人と対で話をつける。

もうひとつ残された方法は、不動産の物件や車に直接『売り物』という看板を貼り付けちゃうこと。

良く見ませんか?『DIJUAL』と書かれた車を。
これはまさしく『売ります』という看板に他ならない。
こうして欲しい人と直接話し合って値段を決めて、売買の商談が成立するんです。

街を歩いていると意外とこの看板をしょった車が走っています。
持ち主が直接欲しい人に売るんだから、中間マージンカット、
一番理想的に売買が成立する。
でもね、バリで中古車はめちゃめちゃ高いんですよ!

8月のお盆明け、安倍総理大臣がインドネシアを訪問して、
自由貿易協定(FTA)と二国間経済連携協定(EPA)に調印したので、
今後、少しは変化があるかもしれないけれどね。

photo01_01

Copyright© 2017 バリ島情報 All Rights Reserved.