月別アーカイブ: 10月, 2008

ウブド有名店の商品がクタで買える?

27 10月
2008年10月27日

世の中どんどん便利になってゆく。
バリもそうなのかもしれない。
不便な所に手が届く、より快適な旅行が楽しめるようになってきた。

最近のウブド。
昔の面影もすっかり失われてきて、人人人、車車車。
観光客が増えると、それにともなって地元の方の収入が増えてよい事なんだけど、王宮、パサール前も日常的に車や観光バスの駐車でごった返していて、
モンキーフォレスト通りも、下のほうから駐車スペースが埋まっている。
これだけ渋滞していると、ツアーの定時間通りに辿り着くのさえ難しくなり、
本来2時間位取ってある昼食とお買い物時間が半減されてしまう。
そんな中、日帰りの観光客は、短くなった自由時間内で、お目当てのお店に辿り着くのももどかしい。
なので、欲しかったのに買いそびれたという事態が多発している。
ウブドの有名店の商品は、ウブドでしか買う事ができなかった。
ウブドから離れてしまうと、もうそれっきり、次のバリ旅行までおあずけしなければならなかった。

そんな中、クタやレギャンからアクセスの良いジャラン・デウィスリが今熱い。
『Sisiバック』さんをはじめ、『ウブド・プレミアム』という、ウブドの有名店の商品を一箇所で購入できるスポットが生まれたからだ。
駐車スペースもあるので、タクシーでもチャーターカーでもアクセスが簡単。
混雑を気にしないで、ゆっくりとお買い物が楽しめる。

特に女性がお好きな、
パワーストーン系、石鹸、お香、アパレル、陶器、など、おみやげも此処で揃えられ、
バリ家具の販売や日本までのカーゴの取次ぎも完備している。

そしてもうひとつ、期日限定[毎週3日間]ではあるが、
スピリテュアルカウンセリングコーナーがあり、人生相談や前世、守護霊なども透視してもらえる。(これについては、次回のブログで詳しく書きますね)

こんな『ウブド・プレミウム』クタ地区の新しいスポットになりそうです。

photo2_01

ウブドの名店sisiさんクタ地区に出店

21 10月
2008年10月21日

また新しく地図が塗り替えられました。
ウブドと日本でしか買えなかったsisiバック。
それがクタ地区で買えるようになったんですよ!

photo1_01

photo1_04

クタギャレリア正面から北に延びているJl.Dewi Sri沿い、
タクシーに乗っても、チャーターカーでも、とても解り易い場所にあります。
しかも駐車OK。
駐車スペース確保が困難なクタ地区にあって、ここはとても便利なロケーションです。

店内は広々としていて、ゆったりと商品を選ぶ事が出来ます。
オリジナルバティック柄の可愛らしいバックや、
ベビースリングもクタ店だけに揃っています。
ベビー連れのママさんは、これからは かさ張るベビーカーは持ってゆかなくても良いですね。
バリに着いた翌朝にsisiさんで、まずはベビースリングとバックを購入しちゃえば、
軽くてお手軽で、しかもたくさん入るバックは観光地巡りでもとても便利。
ウブドでは販売されていないクタ限定商品もあるので、新しいバックに出会えますよ!

photo1_03

photo1_02

バリ在住の日本人の方が日本に帰国される時に、友人に頼まれる一番人気がsisiバックだそうです。
これからはウブドまで上って行かなくても、クタ地区で手に入るのでとても便利になりました。

しっかりと教育されている店員や、きれいにお掃除が行き届いている店内は、
清々しい気持ちでお買い物ができること請け合いです。

photo1_05

もし日程の都合でウブドまで行けなかったり、
ウブドに日帰り観光しても、時間がなくて買い損ねたり、
そんなお客様にとっても便利ですね。

テラゾのお風呂

14 10月
2008年10月14日

テラゾってご存知ですか?
白セメントに大理石の粒をいれた人造大理石です

photo2_01

最近のヴィラのお風呂などによく使われているので、
ああ、あれかって、ご存知の方も多いはずです。
特徴はものすごく豪華に見えること。
欠点としてはお風呂にした場合、お湯が冷めやすいこと。

BaliJapanVillageでヴィラを建て始める方のリクエストで、
お風呂は絶対このテラゾでなきゃだめ、ということで、
お店まわりをして来ました。

今はヴィラ建設で需要も多いとみえ、
至る所に販売しているお店があります。
どこもサンプルを展示して、ないものはカタログを用意して、
特注のオーダーメイドも受け付けてくれるなかなか商売熱心です。

バスタブから洗面台、水鉢や花瓶まで、
全部テラゾで作られています。

photo2_02

photo2_03

勿論石で出来ているのでとても重く、
洗面台ひとつとっても、大の男がひとりでやっと持ち上げられるほどの重量があります。
バスタブに至っては、現場で製作する事もあるんですよ。
でもこれを、ヴィラの広々としたバスルームの空間に置くと、これがまたとても素敵なんです。
日本ではちょっと叶えられないこんな贅沢を、バリだからこそ味わえるんですね。
洗面台位だったら日本でも使えるかも知れませんね。

BIMC

05 10月
2008年10月5日

バリ島在住者の間でも最も安心のできる病院、それはBIMCではないでしょうか。
BaliJapanVillageも業務提携させていただいておりますので、
世界水準の環境で治療が受けられます。

ングラライバイパスに面している、とても便利な立地です。
外見はとてもコンパクトな病院に見えますが、
院内に入ると機能的で、あまりの清潔さに驚きます。
其れもそのはず、国際的な基準規格に基づいて厳しく管理されているからです。
■殺菌・消毒された医療機器の使用
■使い捨て医療器具の使用、
■患者ごとに新品・清潔な使い捨て手袋を仕様
■国際基準に合わせた院内清掃
■清潔なリネン類の洗濯・取り扱い

エントランスを入ると受付があります。
外国人で言葉が話せなくても心配無用です。
日本人スタッフが24時間体制でサポートしてくれます。
(勤務時間は9時~19時ですが、それ以降は電話での対応)

photo1_03

院内には医師のリストが有り、日本人医師も在籍しています。
診察を受けるにあたっての身体の異状や微妙な表現を
日本人医師に直接理解していただけるのですから、とても心強いものです。

photo1_08

診察室は6室あり、
総て衛生的で心地よく診察が受けられるように配慮されています。

BIMCは日本で契約できる【海外旅行傷害保険】とタイアップされていて
保険証券とパスポートがあればキャッシュレスで治療が受けられます。

photo1_01

photo1_02

クレジットカード付帯の海外保険や国民健康保険、社会保険の場合は
現地で一旦支払い、日本に戻っての払い戻し請求になります。
還付請求のための必要書類は、総てBIMCで発行していただけます。

3台の救急車を所有されており、バリ島内ならどこにでも24時間体制で
出動可能です。
車内にはその場で治療しながら病院へ搬送する設備を備え
出動の際には常にBIMCの救急救命部門と無線で連絡を取り合い
到着してからもスムーズに治療が続行されます。

photo1_09

清潔な処置室では小さなキズから複雑な整形外科の施術まで
いろいろな治療が常時おこなわれています。

臨床検査は患者の病気を正しく判断するためになくてはならないものです。
特に日本と違ってデング熱や細菌に寄る感染が多いバリでは
早期発見、早期治療が欠かせません。
血液検査、電解質、ウイルス血清検査、尿検査、便検査等、
治療に必要な検査結果が短時間でわかるシステムです。

撮影されたレントゲンフィルムはその場で専門医によって解読されます。
そしてすぐに患者に結果を伝え、治療方などの検討に入ります。
またセカンドオピニオンを求める方のために、データーをEメールで送る
システムも導入されています。

photo1_04

photo1_05

photo1_06

photo1_07

集中治療室(ICU)は集中遠隔治療室を含む4床のベッドが設置され
心肺蘇生装置、除菌動器、人工呼吸器などの各モニター施設が配置され
専門のスタッフが24時間体制で
呼吸、循環、代謝等の全身管理をしています。

入院施設は入院中の患者の安全を確保し、身体機能が正常に戻るまでの間
快適に過ごせるように、個室、大部屋ともに、
パーソナルテレビ、冷蔵庫、シャワールーム、トイレ、セーフティーボックス
などが配置され、付き添い方のエキストラベッドも無料で用意されています。
また付き添いの為のエクストラベッドも無償で用意されています。

BaliJapanVillageのホームページから抜粋しました。
http://www.balijapanvillage.com/kenkou.html

Copyright© 2017 バリ島情報 All Rights Reserved.