月別アーカイブ: 3月, 2009

うなぎの寝床

26 3月
2009年3月26日

アジアン雑貨の宝庫、バリ島。
世界各国から影響された想像力と、土着の文化、手先の器用さがコラボレーションされて、 これぞアジアン雑貨』と誇れる作品を生み出している。

photo2_01

バイヤーにとっては、おびただしい種類の雑貨の中から何を絞り込んで品揃えするかがキーポイントで、 絞り込んだ商品を買いつけ、発掘する為には本来、
バリ島中、もしくは近隣の島までも訪れなくてはならないほどの労力が必要となる。

photo2_02

滞在時間が極端に短く、隈なく雑貨を仕入れる事が出来ないバイヤーや、
バリ島でのレジャーが主目的で、ついでに雑貨を購入するバイヤーにとって、
お手軽なのがここ、『UNAGI』だろう。

消失されたクンバサリー・マーケットからクロボカンに移動してまだ日は浅いが、
世界中からのバイヤーが仕入れに訪れている。

photo2_03

大型倉庫を改装した店内に入ってビックリ、
どこかの自動車メーカーのスペアパーツの格納庫のように整理された環境で、
ものすごい数の商品が陳列されている。

photo2_04

一階と2階に通路を挟んで棚がうず高く設置され、
ひとマスごとに種類の異なった製品を在庫する念の入れよう。
イカットハンガーだけをとっても、30メートルほどの通路の両脇は、おびただしい数のハンガーで埋め尽くされ、サイズ、柄、大きさ、色と、どんなパターンにも対応されていて、
『これッ』って言うのに巡りあう可能性はとても高い。

photo2_05

商品には店員しか理解できないコードナンバーがついていて、いちいち聞かないと値段がわからない。
その値段もイチゲンさんや素人さんと大量買付けのバイヤーとでは割引率が異なっていて、 ここでも値切りの交渉力が必要となる。

photo2_06

実際に製造している工場から直接買い付けるのと、この『うなぎ』で買うのとは、値段に格差があるのは当然だ。
物によっては数倍のコストが違う事もあるかもしれない。
それでも楽をして仕入れをしたい方にとっては、便利な大型雑貨コンビニであるに違いない。

photo2_07

ブッレッド・トーク

17 3月
2009年3月17日

『パンのささやき』
『パンのお話』
ブレッド・トークって何ともロマンチックな素敵な店名ですね。
バリのみならず、アジアンにその名前を掲げたお店が広がっています。
人々の味覚、心をギュッと掴んだ結果なんでしょうね。

photo1_01

ちょっと急ぐ用事があって、車を運転しながら食事を済ましちゃおうと思い、
『mt FUJI』 と 『HOKKAIDO』 を買いました。
ついつい日本びいきになっちゃいます。
フジヤマの方はパイ生地の皮に溶岩のようなカスタードとホワイトクリームが詰っています。雪を思い浮かべるが如く、山頂にはパウダーシュガーがまぶしてあります。

photo1_02

photo1_03

北海道は、夕張メロンパンを彷彿するかのいでたちで、唯一国産と異なるのはその大きさ。
北海道の広大な台地を思い浮かべるように、二人で食べても充分な大きさです。

すぐそばのスタバでコーヒーを買い求め、
車内で食べながら南国の地バリに居て、富士山と北海道を思い浮かべました。

それにしてもデッカイ道、北海道!
独りで食べるのがた~いへん!

ランブータンの季節

15 3月
2009年3月15日

旬にいただく食べ物って、美味しさが集約していて本当に美味しいですよね。
そろそろランブータンの季節がやって来ました。
とげ棘が生えているような一種独自の様相は、
初めて見る人には奇異に映って、とても美味しい果物だなんて思えないでしょうけど、
おいしいのを一度でも食されたら、
あの瑞々しいジューシーな果肉と、爽やかな甘さに魅了されることでしょう。

写真のランブータンはひと房で50個くらいの実が付いていて100円でした。
スラバヤでは路上で農家が店開きしていて、ひと房20円くらいで売っているんですよ!

photo2_01

今のシーズン、こんなにお安いのだから食べるっきゃないですよね。
皮をむいたりするのが面倒くさい果物とちがって、
このランブータン、皮を両方の親指で開きながら剥くと、
丸々とジュースが浸たった透き通った白い果肉が顔を出し、
シュルッっと口に入れられるのが、とっても便利。

食べ始めると停まらない止まらない。
好きな方なら50個、ペロッと行っちゃうでしょうね。

日本では高い南国フルーツが、
産地でいただけるなんて、とても贅沢ですね。
せっかくのバリだから、安くて美味しい旬の果物を、たっぷりと味わってください。

ちょっと模様替え『UBUD PREMIUM』

06 3月
2009年3月6日

バリフリーク2月号のフリーク&フリークで『UBUD PREMIUM』を大きく取り上げていただきました。
忙しい観光客にとって、また面倒くさがりの方にとっても、ウブドプレミアムに行くと一箇所でおみやげがまとめ買いが出来るからとても便利とご好評をいただいています。

開店して3ヶ月経過し、今回少しながらリノベーションをいたしました。

外に割れ門を配し、
店内には等身大のバリニーズカップル、
2mもあるラクササ像(いずれも軽いFRPで出来ています)
を展示販売しています。

photo1_01

photo1_02

またウブドで有名な、アパレルの『チタチタ』さんが新しく参加していただけるようになりました。

photo1_03

photo1_04

ULUのケラミックも充実して、300円から買えるバリの匂いぷんぷんの陶器は、バリ旅行の想い出に、おみやげにいかがでしょうか?

photo1_05

特価品として
自家製『ノニカプセル』60錠入り10万ルピア。
925シルバー・ガムランボール携帯ストラップ10万ルピア。
も充実しています。

photo1_06

また、ダンボール一箱100ドルで日本何処でも送れる宅配サービス、
レディのライフカウンセリング(要予約)も大好評です。

photo1_07

これからますます目が離せないウブドプレミアム。
バリ島にお越しの節は、ぜひお立寄りください。

photo1_08

photo1_09

Copyright© 2017 バリ島情報 All Rights Reserved.