月別アーカイブ: 10月, 2010

こんなおみやげ

29 10月
2010年10月29日

職場や友人親戚に、バリ島旅行に行くのをナイショにするって、
とても困難だと思いませんか?
安近短で行けるアジアの隣国と異なり、
直行便の場合は機内泊が当たり前。
そんな何日もかかる日程を、忽然と蒸発したように姿を消すなんて難しいですよね。
でも、『バリ島に行ってきます』と聞いた途端に、
みんなの頭の中にはおみやげの四文字が駆け巡る。
そうしたらどうしても、何かのお土産を携えて帰国しなければなりませんよね。

JTBやトラベラーのおみやげ宅配カタログに、さまざまなバリ島土産が載っているけど、
中でも食品がダントツの人気があるそうです。

そこで、ちょっと簡単に買えて喜ばれるおみやげをセレクトしてみました。

バリ島といえば・・・・
●天然塩
●バリコーヒー
この辺は定番中の定番です。
コーヒーはスーパーでも100gパックを売っていますので、
これをどっさりと買うことをお勧めします。

そしてインドネシア料理といえば・・・・
●ナシゴレン
これもスーパーで『ナシゴレンの素』が各メーカーから発売されていますので、
これもどっさり買い求めましょう。
しかもかさ張らないので、とても便利です。

さらに余裕があれば●サンバルの小さなボトルも人気者です。
初めて食べた人は、必ずと言ってリピーターになる位です。

balli2010_10_02_02_01

この辺をバリ島に着いたらすぐに揃えておけば、
後から慌てておみやげ探しに貴重な時間を割かなくても大丈夫。
バリの最初の一歩はスーパーマーケットから、が基本です。

チャナンとバンタン

22 10月
2010年10月22日

初めてバリに行く人にとって、一番興味があって目をそそられるのは、
チャナンというお供えかもしれません。
日本には全く同じ習慣や宗教儀式がないので、
とても珍しく感じられると思います。

チャナン。
バナナの葉で出来た細長い繊維を編みこんでお皿を作り、
その中に神様に捧げるお供え物を入れて、
お線香と共にお供えする。

お寺や祭壇、道や玄関。
神様が係わると思われる総ての場所にお供えされています。

balli_2010_10_02_01_01

観光でバリを旅行すると、あらゆる場所で、このチャナンを見ることが出来ます。
一日2回もお供えするものだから、
バリ島のどこへ出かけても、チャナンを見ることが出来ます。
公共の橋の欄干などには、大勢のバリ人がお供えをするものだから、
無数のチャナンが色とりどりに存在を示していることがあります。
これらから、バリ人がいかに信心深いか思い知ることが出来ますね。

balli2010_10_02_01_02

バンタンという言葉は馴染みが薄いと思います。
寺院にお参りに向かう時に、神様の数の分だけ、このバンタンを携えるんです。
沢山の神様が祭られているお寺なんかは、
大人数でお参りに行かなければならないほど、バンタンが必要になります。
バンタンの大きな籠の中には、
沢山のチャナンや鶏肉、卵、果物、お餅など、
さまざまなお供え物が集結しています。

いわばチャナンはアラカルトで、
バンタンはフルコースという事になります。
毎日いろいろなお供えをされて、バリの神様はさぞ幸せなんでしょうね。

クワズ芋?

16 10月
2010年10月16日

食べられない芋だからクワズ芋?
観葉植物として100円ショップなどでも、観賞用に売られています。
鉢に植えて丹精こめて育てていても、
葉が何枚も増えてくるけど、それほど大きくは成長しません。

でもバリでは違うんです。

町から少し離れて、田んぼのあぜ道や用水の土手、
或いは山道の雑草の中などに、自生しています。
ホテルやヴィラなどの庭先にも、
このクワズ芋を見ることがあります。
それも大きな葉っぱで。

balli_2010_10_1_2_01

傘に出来るような大きな葉っぱにまで成長して、
どこまで大きくなるんだろうという心配をよそに、
バリのクワズ芋はグングン成長します。
まるで映画のワンシーンに出てくる、巨大生物の宝庫 ジャングルの中 のように。

カエルが傘代わりに葉っぱをさしている石の彫刻を見たことがありますか?
たぶん蓮の葉ではなく、この葉っぱだと思います。
人を包める位にまで成長した巨大な葉を見たことがあります。

バリでは植物がどんどん大きく育っています。
太陽と土と気のエネルギーが植物を大きく育てるのでしょう。
バリに旅行したり、束の間の滞在を楽しんだ時に、
自分の身体がバリのエネルギーの影響を受けて大きく成長するわけはないけれど、
せっかくだからバリの太陽と土と気に触れて、
うんと心の成長を期待しましょうよ。
芋の葉のように大きく大きく成長したら素敵ですよね。

地スイーツ

07 10月
2010年10月7日

ジャパンヴィッレジに泊まっていると、 朝ごはんはレストランで、ということになる。

ウエイトレスにコーヒーと5種類ある朝食メニューから、今日はこれだねってオーダーすると、 しばらくしてコック長がニコニコしながらお皿を持ってやってくる。

『これ、作ってきました。食べてみてください。』

お皿には3種類のスイーツが並んでいる。 どれも日本ではお目にかからない、バリ島ならではのスイーツ。

balli_2010_10_1_1_01

基本的には素材に米やココナツを使ったものが多く、 こちらの人も甘いものがかなり好きなようだ。

こんなスイーツ、買ってくるんじゃなくて自家製ってところがすごい。 家で作ったものを、わざわざ食べてもらおうと持ってくるのがうれしいじゃありませんか。

なので期待に応えておいしい、おいしいと言いながら全部食べてあげないと相手に悪い。

朝食をしっかり食べて、尚且つスイーツを朝からいただくと、 お昼になってもお腹がすかない。 でもお昼もちゃんと食べちゃうので、お腹の脂肪はどんどん付くばかり。

朝ごはんをオーダーしたあとに、コック長がニコニコお皿を持ってきたら、 ニコニコを返しながら、視線がどうしても下へ、お腹のたるみに行ってしまう。

 

Copyright© 2017 バリ島情報 All Rights Reserved.