イブオカ健在

バリ料理の中で、バリヒンドゥー独自に発展した料理は『バビ・グリン』だろう。
豚の丸焼きの部位ごとに肉や内臓を分け、ご飯と一緒に提供する、
いわばバリ風豚丼である。

バリでバビグリンの一番の有名店というと、
やはり此処、ウブドのイブオカが挙げられると思います。
特に外国人に人気なのは、
外国からの要人や有名人が訪れた経緯があるからで、
ワルンという簡易食堂のつくりの店内で、
シークレットサービスが見守る中、食事をするなんて、
普通じゃ考えられないですよね。

balli2010_09_01_02_01

いつ行っても、お客で賑わっています。
ただ、インドネシア人は少ないかも。
ジャワ島から来る観光客は、ほとんどがイスラム教徒なので、
豚を食べることは宗教上タブーとされているからです。

balli2010_9_01_02_02

もっとも国内観光客が大勢押しかけたら、
とても外国人が食べる席などは空かないはず。
それでなくてもいつも混んでいるんだから、ちょうどバランスが取れているのかもしれません。

最近は食べていないんだけど、
噂で料金がものすごく上がったんですって?
バリの人気店がどんどん値上げすることや、
相手が外国人では当然のことかもしれません。

これだけお客様が入れ替わっていると、
焼きたての新鮮な豚が絶えず供給されて、
皮の部分なんか、ぱりぱりして美味しいんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です