ラタンの小物入れ

バリの人たちはとても器用だ。
そして物まねがすごくうまい。

今回、旅行会社のカタログ宅配便の仕事で、
バリ風の塩、胡椒入れを発売することになった。

塩、胡椒入れの本体は、デザインを試行錯誤の末、
プルメリアを配した清潔感のある白い容器に決定した。
ウブドにある直営の陶器工房に発注する。
サテ、塩胡椒セットを入れるものは何にしようかで、行き詰った。

コストの問題や、バリっぽく、しかも田舎くさくならずに・・・
いろいろ考えた末に、ラタンで作ってもらうことにした。

balli2011_04_02_01_02

balli2011_04_02_01_03

ラタンで小物を作るところはそれ程多くない。
一般的にはイスやソファーなどの大物を扱っている方が圧倒的だ。
昔からの知り合いの店の門戸をたたいた。

昔はラタンを縦横に規則正しく編んでいるものが多かったけど、
いまはこんがらがったスパゲティーみたいなデザインを使うのが流行のようだ。

塩、胡椒の入れ物を2個並べて、
テーブルに持って行きやすいように取っ手をつけて、
色は白が映えるこげ茶にしてくれないかな?

こんな注文を次から次へと出す。
いやな顔ひとつしないで出来上がってきたのがこの画像のものです。

balli2011_04_02_01_01

どうですか?
素敵に仕上がっていますか?

モダンが入ったバリっぽくてなおかつ清潔感があるテーブルウエアー。
そんなコンセプトがこの商品の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です