タナロット寺院

30 6月
2011年6月30日

バリヒンズーを垣間見るには寺院を訪問するのが手っ取り早い。
バリヒンズーの総本山のブサキ寺院を始め、
観光ガイドに載っている由緒正しい寺院の数々は、
寺院装飾のすばらしさをはじめ、
どれ程人々の心を捕まえているか、
目の当たりにすることが出来る。

観光客が比較的訪れやすい寺院のひとつが【タナロット】だ。
最適のタイミングは夕暮れ時。
沈む夕日の中に、離れ小島に鎮座するお寺が投影される。
波の砕ける音と、総てを覆いつくす夕陽が、
類まれなパワーを運んできてくれる。
そう、ここは有数なパワースポットのひとつなのだ。

Balli2011_06_02_02_01_01

Balli2011_06_02_02_03

広大な駐車場から参道の石畳をゆっくりと歩いてゆくと、
海に向かって開けたガプラ(割れ門)が現れる。
ここからが別世界への入り口。
気が異なることを発見できるだろう。

満潮の時は海に浮かぶ小島が、
ひとたび干潮になれば歩いて渡れるほど潮が引く。
一般の観光客でも島の寺院の入り口の手前までは入ることが出来、
浄化のための聖水をいただけるのもこのポイントである。

日の善い日に参拝できれば、ヒンズー経信者の数に圧倒されることだろう。
彼らに混じって異教徒は小さくなりながら驚きを連発できる。
心の広いヒンズー教徒は、観光客を邪魔にもせずに、
彼らの宗教に没頭している。

Balli2011_06_02_02_02

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 バリ島情報 All Rights Reserved.