BIMC

05 10月
2008年10月5日

バリ島在住者の間でも最も安心のできる病院、それはBIMCではないでしょうか。
BaliJapanVillageも業務提携させていただいておりますので、
世界水準の環境で治療が受けられます。

ングラライバイパスに面している、とても便利な立地です。
外見はとてもコンパクトな病院に見えますが、
院内に入ると機能的で、あまりの清潔さに驚きます。
其れもそのはず、国際的な基準規格に基づいて厳しく管理されているからです。
■殺菌・消毒された医療機器の使用
■使い捨て医療器具の使用、
■患者ごとに新品・清潔な使い捨て手袋を仕様
■国際基準に合わせた院内清掃
■清潔なリネン類の洗濯・取り扱い

エントランスを入ると受付があります。
外国人で言葉が話せなくても心配無用です。
日本人スタッフが24時間体制でサポートしてくれます。
(勤務時間は9時~19時ですが、それ以降は電話での対応)

photo1_03

院内には医師のリストが有り、日本人医師も在籍しています。
診察を受けるにあたっての身体の異状や微妙な表現を
日本人医師に直接理解していただけるのですから、とても心強いものです。

photo1_08

診察室は6室あり、
総て衛生的で心地よく診察が受けられるように配慮されています。

BIMCは日本で契約できる【海外旅行傷害保険】とタイアップされていて
保険証券とパスポートがあればキャッシュレスで治療が受けられます。

photo1_01

photo1_02

クレジットカード付帯の海外保険や国民健康保険、社会保険の場合は
現地で一旦支払い、日本に戻っての払い戻し請求になります。
還付請求のための必要書類は、総てBIMCで発行していただけます。

3台の救急車を所有されており、バリ島内ならどこにでも24時間体制で
出動可能です。
車内にはその場で治療しながら病院へ搬送する設備を備え
出動の際には常にBIMCの救急救命部門と無線で連絡を取り合い
到着してからもスムーズに治療が続行されます。

photo1_09

清潔な処置室では小さなキズから複雑な整形外科の施術まで
いろいろな治療が常時おこなわれています。

臨床検査は患者の病気を正しく判断するためになくてはならないものです。
特に日本と違ってデング熱や細菌に寄る感染が多いバリでは
早期発見、早期治療が欠かせません。
血液検査、電解質、ウイルス血清検査、尿検査、便検査等、
治療に必要な検査結果が短時間でわかるシステムです。

撮影されたレントゲンフィルムはその場で専門医によって解読されます。
そしてすぐに患者に結果を伝え、治療方などの検討に入ります。
またセカンドオピニオンを求める方のために、データーをEメールで送る
システムも導入されています。

photo1_04

photo1_05

photo1_06

photo1_07

集中治療室(ICU)は集中遠隔治療室を含む4床のベッドが設置され
心肺蘇生装置、除菌動器、人工呼吸器などの各モニター施設が配置され
専門のスタッフが24時間体制で
呼吸、循環、代謝等の全身管理をしています。

入院施設は入院中の患者の安全を確保し、身体機能が正常に戻るまでの間
快適に過ごせるように、個室、大部屋ともに、
パーソナルテレビ、冷蔵庫、シャワールーム、トイレ、セーフティーボックス
などが配置され、付き添い方のエキストラベッドも無料で用意されています。
また付き添いの為のエクストラベッドも無償で用意されています。

BaliJapanVillageのホームページから抜粋しました。
http://www.balijapanvillage.com/kenkou.html

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 バリ島情報 All Rights Reserved.