焼きそば うえだ

09 3月
2007年3月9日

おいおい、こんなに無造作に看板かけて置いたら、持って行かれちゃうんじゃない? 直筆の看板がブノアのJLプラタマにひっそりと掛けてある。 ここは別称『まるこのやきそば屋』

さくらももこが『焼きそば うえだ』を執筆するにあたり、ここHome Stay Pension 【PONDOK AGUNG】の協力を得て、ワルンをオープンさせた所だ。 ロスメンの庭に4席ほどの簡単なテーブルがセットされている。 緑のふんだんに溢れかえる庭は、 どこか田舎に来た様な錯覚さえも覚える。

02_02

看板だけでなく、メニューも手描きのようだ。 焼きそば25000ルピア、お好み焼き25000ルピア。 同じメニューにミーゴレン10000ルピアも載っている。 おなじ焼きそばでもバリと日本じゃこんなにお値段の差がある。 思わず笑っちゃいながらも、この差がなんの差なのか、覗いてみたくなる。

突然の6人の団体の出現に、お料理がなかなか出てこない。 頼んだ事も忘れてしまう位時間が経過した頃、 やっと2人前のお好み焼きがやって来た。 暫くして更に2人前。 頼んだ焼きそばとお好み焼きが全部揃うのに、バリ時間を意識する。 そうか~、この店はコンロが2基しかないんだ~! だから二人前ずつしか出てこないんだ!(笑)

焼きそばはローカル麺をソースで炒めた物。 具材は豊富でキャベツ、肉、イカ、桜海老、紅しょうがが見え隠れする。 お好み焼きはもっちりで、マヨネーズ付。 焼きそばよりお好み焼の方がおいしいね、とは大阪人の意見。 今度ブンクスして家でご飯のおかずにしましょうよ。

『焼きそば うえだ』 より、『お好み うえだ』 だねって皆で相槌を打ちながら、 まるこの看板にお別れしました。 バリでまるこに出会う。 何ともアンバランスな感覚が楽しいんじゃない♪

02_01

ビーチおばさん出勤風景

05 3月
2007年3月5日

日本でスーパーにお買い物に行くのに、 殆どの皆さんがお車をお使いでしょ? 一週間に一回の買出しで冷蔵庫を満杯にすれば、 後は出かけなくても済むもんね。

それも近代国家日本だから出来ることで、 バリじゃ、毎朝お買い物は籠をぶら下げて、その日の食品を買うのが主流だね。 冷蔵庫なんて、普通の家庭にはないものね。 お買い物も車じゃなく、普通バイクか徒歩だよね。 バリでもお金持ちで車を持っている人は冷蔵庫もあるだろうから、 日本と同じにマクロあたりの大きなスーパーでまとめ買いをするようですけど。

クタビーチなどにいくと、マッサージおばちゃんとか、みちゅ編みおばちゃん軍団が、しつこい位に迫ってきますよ。 あなたが初バリなら慣れないその風景に、尻込みしちゃうかもしれない。 でも、ご心配なく。 あの人たち、本当は心優しい、家族思いの苦労人なんですよ。

ビーチにマッサージやミチュ編をするおばちゃんたちの商売道具を見たことありますか? 砂浜に敷くマットでしょ。それとバスタオル。マッサージオイル。お弁当。水。 最低でもそれくらい、外国人をマッサージするのに必要です。

それを日本みたいに車でぶ~んって持っていけたら楽チンですね♪ でも売り上げ見たら、ガソリン代に消えちゃいそうですよ! だからおばちゃんたちは、商売道具を抱えて抱えて、乗っけて、歩いて運ぶんです。 その頭に、肩に、腕に、足に、 家族からの期待を一心に集めて、重い想いをしながらも仕事場まで運んで行くんです。 砂浜を長く、長く歩いて・・・・

これを見てると、なんだか自分が楽をさせて頂いていて、 とっても申し訳ない気持ちが生まれてきます。 おばちゃんを手助けする気持ちじゃなくて、 『もっと人生一生懸命やらんかい!』 『楽して生きて行けるほど、甘くないよ!』 こんな言葉をバリの神様から頂いている気がします。

01_01

バリ味満載ドーナッツ

14 2月
2007年2月14日

デンパサールの中心にDUNKIN DONUTSがある。 バリには数え切れないくらい来ているけど、 今回初めて入りましたよ♪

02_01

普通、日本じゃミスドの方が有名になっちゃった感じがするんだけど、 あなたなら、何を注文するでしょうか?

実はビックリしたんです。 ほんの3時のアフタヌーンティー感覚で入ったのに、 これってバリだから?っていうドーナッツ満載なんですよ。

ドーナッツの前の札を見ると、 ライチ、スリカヤ、ココナツカスタード、ドリアンなどと、 トロピカル色満載ではありませんか! 片っ端から全部試して見たかったんだけど、おやつじゃね~。

ボクは勿論ドリアンを頂きました♪ カスタードクリームがドリアン味になっていて、とろ~りトレビヤン! 食べた後も、三時間くらいお腹からドリアン臭が戻ってきて、 ドリアンを食べた実感がありましたよ!

これはもう、行くっきゃないですね、ダンキンドーナッツ。 勿論ブンクス(テイクアウト)してもらって、夜食にもアリですね! バリに居る時くらい、ダイエットは忘れましょうね♪

02_02

バイク道

02 2月
2007年2月2日

ウブドの町からテガラランに抜けてゆく道も、最近やっと道路工事も終わり、走りやすいアスファルト道路に生まれかわりました。

この辺は道路よりも2段くらい高い所にお店があり、その奥が自宅になっている造りが多いんだけど、家に出入りする為に5段の石段を登り降りするのも楽じゃない。

ましてバリ人の足はバイクでしょ?
重たいバイクを抱えて石段を昇るんじゃ、いかに闘鶏で鍛えた?体があっても至難の技だよね!

そこで登場するのが階段の真ん中に設えられたバイク道。
ここを使えばエンジンをかけたまま、スイスイと走れちゃうわけだ♪
01_01

でも良く見てくださいよ!
目の前はすぐに車道。
車やバイクやトラックが、ビュンと走り抜けてゆく。
もし上から一気に滑り降りてきた時に、車が猛スピードで来たら、なんて考えてしまう程、ちょっとハラハラだよね。
この急勾配じゃ、ブレーキ利かないだろうから!

バリ人は神様にお供えしてお祭りやっているから大丈夫、みたいな変な安心感があるから、自分だけは事故に遭わないと思っているのかもしれませんね。

01_02

Copyright© 2017 バリ島情報 All Rights Reserved.