月別アーカイブ: 1月, 2011

ガレット・デ・ロワを食べる日

12 1月
2011年1月12日

ガレット・デ・ロワというお菓子をご存知ですか?
パイ生地の中にフランジパーヌ(カスタードクリームにアーモンドクリームが加えてあるもの)を包み焼いたパイ菓子です。とっても美味しいのです!普段でも食べたいくらいですが、1月中しかお店には並びません。

BK_0102_0101

このお菓子は1月6日に食べるもので、この日はカトリック教では公現祭(エピファニー)の日です。公現祭は聖書によると、イエスの誕生を祝うために東方三博士がお祝いのギフトをもって訪れた日とされています。宗教画ではこの3人が赤ちゃんのイエスにプレゼントを渡している様子がよく描かれているので、見た事がある方もいるかと思います。

ガレット・デ・ロワは「王様のお菓子」と言う意味で、元来フランスから伝わった習慣です。ベルギーでは6日だけでなく、その後も1月下旬まで食べる事もあり、その期間中はお店で売られています。

BK_0102_0102

ガレット・デ・ロワにはフェーブ(フランス語で「ソラマメ」という意味)という陶器の人形かキャラクターが入っています。このガレットは大きいので家族で切り分けて食べますが、その時に中にフェーブを見つけた人は、1年間幸せが続くと言われています。そしてガレットと一緒に付いてくる紙の王冠をかぶります。家庭では子供を喜ばせる為に、一番小さな子供から選ぶそうです。

フェーブはこの様にフランジパーヌの中に入れてあります。

BK_0102_0103

そして上からまたパイ生地をかぶせ、卵液を塗って焼くと出来上がりです。

BK_0102_0104

ではなぜ6日以降も1月中はこのガレットが売られているか?
ベルギーでは日曜日に家族が集まる習慣がある家庭もあります。おじいちゃん、おばあちゃんの家に大勢で集まることもあり、その時にこのガレットをデザートとして食べて、フェーブが当たった人が次の日曜日にまたガレットを持っていく習慣がある家庭もあるからだそうです。

家庭だけではなく会社でも社員の間でランチ時間に切り分けて食べ、フェーブが当たった社員はその日の午後は王冠をかぶって過ごしている人もいました。私も当たったことがありますが、さすがにずっとかぶる事はできず、仕事に戻る時には外しました(笑)。

日本でも売っているお店があるので、是非機会があれば食べてみてくださいね。
でもフェーブをのみ込まない様に気を付けて。

 

クリスマスマーケット

05 1月
2011年1月5日

12月はサンニコラが終わるとクリスマスの準備です。12月のイベントといえばクリスマスマーケット!各地で開催されます。ドイツの方が大規模で有名ですが、ベルギーでもブリュセルのグランプラスでは、マーケット以外にもイルミネーションのショーが行われます。

BK_0101_0101

クリスマスマーケットではクリスマス用品(オーナメント等)やクリスマスギフト用の商品、そしてチーズやスイーツなどを売っています。そして楽しみなのはグリューワイン(ホットワイン)やホットチョコレート、ソーセージやワッフルなど、その場で食べたり飲んだりして体も温めお腹も満足。

BK_0101_0102

今年の冬は雪が多くマーケットでもクリスマスムード満点です。(寒くて滑りますが・・・)もみの木が並べてあり、その前を歩くと良い香りがしていました。クリスマスツリー用に売り物もあるので、子供達に選ばせて買っていく家族の姿もありました。

BK_0101_0103

ブリュッセルやアントワープの大きめのマーケットではスケートリンクやメリーゴーランドが設置してあり、ショッピングだけでなく大人も子供も楽しめます。

BK_0101_0104

ルーベンのクリスマスマーケットではサンタクロースの家があり、寝室や書斎(子供達にカードを書く机もセッティングしてある)などもあってかなり、子供達は大はしゃぎしていました。ステージでクリスマスソングを演奏しているので、音楽を耳にすると更にクリスマス気分で盛り上がります。

BK_0101_0105

ベルギーではクリスマスは家族で集い、ディナーを楽しみます。牡蠣やフォアグラなどの前菜から始まり、様々な豪華料理とワインやシャンパンもテーブルに並びます。日本の様に恋人たちがロマンチックに・・・というのはあまりありません。お正月もクリスマス同様で家族が集います。子供達はお年玉をもらったりする事も。これは日本と同じですね。

12月31日(ニューイヤーズイブ)は各地で花火が上がり、年明け直前にはカウントダウンがはじまります。中心広場に集まり、若者たちのパーティータイムです。バーやクラブでは様々なカウントダウン・パーティーが企画されています。お正月の家族の集いには、二日酔いのまま参加する若者たちもいるとか。12月中旬以降はベルギーではとって楽しい時期です。

 

Copyright© 2017 ベルギー情報 All Rights Reserved.