月別アーカイブ: 2月, 2011

ルーベン(Leuven)

04 2月
2011年2月4日

ベルギーと言えば、ブリュッセル、アントワープ、ブリュージュと、必ず観光に訪れたい街があります。でも少しマイナーな町の方が、ベルギーという国を味わうことが出来る気がします。この小さい国でも、それぞれの町が違う雰囲気を持っています。

例えばルーベン(Leuven)、ガイドブックを見ても載っていないか、1ページだけの載っていたりとか。フラマン語圏の古い町で、ルーベンカトリック大学(ベルギーで最も古い大学)があり、学生が多くアカデミックで賑いのある町です。今では世界一のビールの会社(ABInBev)の元々の本拠地でもあり、ステラ・アルトワの工場もあります。

ルーベンの町は環状線で囲まれており、町の中心には教会と市庁舎があります。これはベルギーでは一般的な町の造りです。その中心から「ブリュッセルへの道」「ナミュールへの道」等と名付けられた道が外へと伸びています。

BK_0201_0101

この市庁舎の建物は1469年に完成し、その後第一次と第二次世界大戦でダメージを受けましたが、原形を留めたまま修復されました。この建物は世界遺産に登録されており、236人分の彫刻が施されています。

BK_0201_0102

その市庁舎の前には教会があり、時刻を告げる鐘が鳴るのですが、この金色の銅像は動いて鐘を鳴らしている様にみえます。(でも直接は鐘を叩いていませんが。)

市庁舎のあるマルクト広場は行きかう人で賑わっています。ここから駅までがショッピングの通り、市庁舎の裏はレストランの通りと、コンパクトにまとまっていて、歩いて回るのに便利です。そして歩く道は昔ながらの石畳。よく靴のヒールが挟まります(笑)。

BK_0201_0103

すぐそばのオーデマルクト広場はカフェやレストランで囲まれていて、夏はテーブルがずらりと並び、夕方や週末はすごい人の数で夜も賑わいます。ベルギーの「カフェ」は「お茶する場」でもありますが、「お酒を飲む場」でもあります。昼間からベルギービールを飲む人がたくさんいるのは・・・とても普通です(笑)。平日のビジネスランチもビールやワインを飲むのも一般的なので、初めて見る人は「昼間から飲んでる!」と驚かれるかも。

BK_0201_0104

そしてFonske。市庁舎の近くにあるこの銅像。ルーベンの学生を象徴するかの様。
ルーベン大学はヨーロッパでも有名な大学ですが、生徒はよくビールを飲みます。外国からの生徒たちは、それに驚きます。私の勝手な解釈では・・・「Fonskeは本を読みながら頭からビールを飲んでいる」、つまり「よく飲みよく学べ」って事?(笑)

ベルギーに訪れる際は、ぜひルーベンにも1日立ち寄ってみてください。
そして誰にでも英語が通じるので便利です。

 

Copyright© 2017 ベルギー情報 All Rights Reserved.