イースター

02 5月
2011年5月2日

今年のイースター(復活祭)は4月24日でした。復活祭はキリスト教の祝日で、キリストが十字架に架けられた後3日目に復活したとされる日です。春分の日の後の最初の満月の次の日曜日と設定されているので、毎年イースターの日は変わります。カトリックが主なベルギーでも24日がイースターの日曜日で、次の月曜日が振替休日となり連休です。ちょうど学校の春休みと重なり旅行に出かける人もいれば、家族で集まりイースターを祝う人もいます。

イースター・エッグは、本物の卵の殻にカラフルに色付けをして飾ります。庭に隠して子供達が探す、イースター・エッグ・ハンティングも楽しみのひとつです。

街ではイースターの飾り付けを見かけます。

BK_0501_0101

チョコレート屋さんでは、イースター・エッグが登場します。卵型のチョコレートが鶏の形の箱に入っていて、キュートなディスプレイで春満載です。

BK_0501_0102

チョコレート屋さんの箱の包み紙も、この時期だけ黄緑色に変わります。
カフェやレストランでもコーヒーと一緒についてきます。イースター・エッグ・ハンティングにチョコレートのエッグを使うことも!お天気が良いと溶けちゃいそうですが(笑)。

そしてこの時期から旬な物は「ホワイトアスパラ」!ムール貝の時期が終わり、春と共に白アスパラの時期がやってきます。レストランでも特別メニューとして白アスパラが色んな食べ方で登場し、この時期を待ちわびた人達が食べている姿もよく見かけます。

BK_0501_0103

生の白アスパラはスーパーで購入できるので、家庭で茹でて食べます。味の決め手はソースです。オランデーズソースと一緒に食べる人が多いかな?そしてベルギー産のものにはちゃんと国旗マークが入っています。

BK_0501_0104

これはフランダース風の白アスパラです。これは茹でた卵を潰した物とムッスリンソースがかかっています。白アスパラと言えばドイツ?とも思いますが、ベルギーではMechelen(メッヘレン)という地域が白アスパラの名産地です。

今年はとっても暖かくてお天気の良い4月のベルギーです。
外の窓際に花を飾る人も多いので、お散歩するのも楽しくなります。

BK_0501_0105

やっぱりイースターや春といえば黄色い花が多いですね。

 

春が訪れました!

24 4月
2011年4月24日

カーニバルが終わった後の4月のベルギーはお天気も良く暖かい日が続きます。年間を通して曇りと雨の日が多く、暑い夏もありますが、寒いくらいに涼しすぎる8月もあります。

4月は「ハルの森」にブルーベルが咲きます。「ハル」と言っても、「春」ではなく、フランス語でHalという町(ブリュッセルから約20km南に位置する)にある森です。普段からサイクリング・乗馬や散歩を楽しむ人が見られますが、この時期(4月中旬~下旬頃)は特に訪れる人が多い森です。

幻想的というか神秘的というか、おとぎ話に入り込んだような不思議な感じがします。

BK_0402_0101

この紫の絨毯のように咲いているのは、「ブルーベル」という花で、野生のヒヤシンスです。青い細長いベルが付いている様な花で、とってもかわいいですよ。

BK_0402_0102

車でないと行けない場所にあるので、観光ついでに行くのは難しいかもしれません。でもこの種類のブルーベル(レアな種類だそうです)が生息している森は、他の国ではあまり無いので、観光客の方にも一見の価値があると思います。

そしてこの季節はやはりバーベキュー!
ベルギー人もバーベキューは大好きで、スーパーにもバーベキュー用のお肉が並びます。

BK_0402_0103

スーパーでよく見かけるのは、竹串にささったマリネート済みのお肉。ブロシェットです。魚(サーモン)やエビも竹串に既に刺してあるものが売られていて便利です。買ってグリルに置くだけ(笑)。その他に一般的なのは、各種のソーセージやポークリブや手羽先など。アルミに包んであるのは、ポテトです。茹でたポテトをアルミに包んで焼きます。これらにサラダを付け合わせて。とっても美味しいですよ!これからはバーベキューの季節なので楽しみです。

BK_0402_0104

これは「ベルギーのガーベラ」という名前だと友達は言うのですが・・・。中心がもう少し黒っぽくなると、ベルギーの国旗の色になるそうです。(赤色・黄色・黒色)
うーん・・・見えなくもないですが。(笑)

5月になるとイチゴの季節!バーベキューを食べる前には、シャンパン(またはスパークリングワイン)にイチゴを入れて飲むのが好きです。アペリティフ(食前酒)にピッタリ。

BK_0402_0105

今年は何回お天気に恵まれてのバーベキューができるかな?

 

ベルギーの代表的な料理といえば?

05 4月
2011年4月5日

「ベルギーでは何を食べるの?」
これはよく訊かれる質問です。
いくつかご紹介したいと思います。

一番代表的と言われると・・・私はフリッツだと思います。
はい、フライドポテトです。(笑)料理ではないけど、ベルギー人は大好きです。

BK_0401_0101

フリッツはベルギーからアメリカへと伝わったと言われており、いわゆる発祥の地です。ベルギー人の友達は国外旅行から帰って来ると、「早くフリッツが食べたい!」と近くのフリッツ屋へと駆け込みます。実は私も日本へ一時帰国する前には「フリッツの食べ溜め」をします。やっぱり味が違うんです!

そしてベルギーではマヨネーズをつけて食べます!これがまた美味しいのです。フリッツ屋さんではその他に色んなソースが揃っていて、自分で選んだりもできます。皆たっぷり付けて食べます。家でフリッツを食べた時に、ベルギーのマヨネーズが無かったので日本のマヨネーズをつけて食べたのですが・・・合わなくてダメでした。

そして次はムール貝。レストランでは大きな黒い鍋にたくさん入って出てきます。

BK_0401_0102

この大量のムール貝をメインでパクパクっと食べてしまいます。私は途中で飽きてしまいますが、ベルギー人は大好物で旬になると食している姿はよく見かけます。
「今年のは大きい」とか「今年のは味が良い」とか、よく耳にします。
「ナチュラル」「白ワイン」「シェフの味」「ガーリック味」など、レストランでは選択できます。必ずフリッツ(コロッケが選べる場合もあり)が付いてきます。自宅でも1キロパックがスーパーで売られているので、時々買って白ワインで酒蒸しにし、出汁は雑炊やパスタに使います。美味しいですよ~。

これも代表的料理のひとつ。牛肉のビール煮込みです。
ベルギーはビール王国でもあります。濃厚なビールを使ってのビーフシチューの様な料理で、これもフリッツと一緒に食べます。
BK_0401_0103

もうひとつ上げるとすれば、北部の料理となりますが、ワーテルゾーイがあります。クリームシチューの様な料理です。

BK_0401_0104

ゲントのワーテルゾーイは鶏の胸肉が使われ、ブルージュのように海の傍では魚介類が使われます。地方料理とも言えますが、日本人には馴染みのある味です。

その他にもたくさんあるのですが、今日はここまでにしておきます。
ベルギーは実は美食の国で、美味しい物が満載です!

 

ベルギーのカーニバル

21 3月
2011年3月21日

ちょうど3月上旬にカーニバルが終わったところです。
今年は3月で例年より少し遅かったため、気温も高めで良いお天気でした。
その為かバンシュ(Binche)のカーニバルでは、マディ・グラ(またはマルディ・グラ)の日は7万人も集まったそうです!マディ・グラとはフランス語でMardi Grasと書き、直訳すると「肥った火曜日」と言う意味です。

Binche - carnaval 2009

これはジル。バンシュのカーニバルの主役です。

Binche - carnaval 2009

そしてこちらもジルです。こちらのジルの姿の方が有名だと思います。

マディ・グラは名前の通り火曜日で、その午前中は上の写真の様に、ジルはマスクをかぶっています。午後はダチョウの羽根でできた帽子をかぶり、バンシュの街をパレードしながら、オレンジを投げます。
ここで説明すると長くなるので省略しますが、このページに詳しく書いてあります。
http://www.bel2.jp/event/article/binche.html

このバンシュのカーニバルは世界でも有名で、数年前からユネスコ無形文化遺産に登録されています。そしてもうひとつ2010年に登録されたのは、アールストのカーニバルです。バンシュはワロン地方ですが、アールストはフランダース(フラマン)地方にあります。こちらは伝統的と言うよりも、お祭り騒ぎのカーニバルです。女性は男装し、男性は女装をします。楽しく盛り上がるカーニバルとしてベルギーでは有名です。(でも日本では放送禁止っぽい格好や山車があり、ちょっと目のやり場に困る事もあるとか。笑)

バンシュやアールストは謝肉祭の時に行われますが、その後の四旬節の時に行われるカーニバルもあります。マルメディのカーニバル、シネルのカーニバル、クマのカーニバルなどが、ベルギーでは主なものです。そしてブランムーシのカーニバルは、これまた変わっています。

Blancs Moussis

実は起源は1700年頃にさかのぼり、このお祭りの事が記されている書物があるそうです。この白い服を着ているのはブランムーシ。この白い格好は当時の修道士からきているそうで、お祭り騒ぎを禁止されていた修道士をからかう意味があったとか。

そして手に持っている風船のようなものは・・・実は風船ではありません!「水で膨らませた豚の膀胱」です!これでブランムーシ達は、人々の頭を叩きながらのパレード・・・臭くて痛いそうです(笑)。

カトリック圏ではどこでも行われるカーニバル。ブラジルやベネチアのカーニバルが有名ですが、ベルギーに興味深いカーニバルがたくさんあります。もちろんここであげていない小さめのカーニバルもたくさんあります。どこも年に一度のお祭り騒ぎに随分前から準備しているそうです。そしてこのカーニバルの週ですが、学校はお休みです。子供達もはりきって可愛らしい仮装を披露します。大人にとってはかなり飲んだくれの日です。笑

 

ベルギーの言語

11 3月
2011年3月11日

ベルギーはちょっと不思議な国です(笑)。
現在は無政府状態で250日を超え、記録を更新中です。

この国は主に、ブリュッセル、ワロン、フランダース3つの地域に分類されます。
国単位での公用語は、フランス語、オランダ語(フラマン語)、ドイツ語です。
地方単位ですと、ブリュッセルの公用語はフランス語とオランダ語、
ワロンはフランス語、フランダースはオランダ語(フラマン語)です。
そしてとても小さいエリアですが、ドイツ語が公用語の地域もあります。

それぞれ3つの地方行政が普段からしっかり機能しているので、
無政府状態でも、特に日常に支障は感じられません。
新しい政府が出来ても、すぐに解散してしまっています。実はワロンとフランダースは仲が良くない為に、この無政府状態が続いているのです。難しいですね。

さて言語についてですが、便利な事にオランダ語圏では英語がかなり通じます。
でもフランス語圏に行くと、英語もオランダ語も通じません。
これは「テレビ」の影響だと思われます。
フランス語圏ではテレビをフランス語の音声で見ます。オランダ語圏ではオランダの番組もありますが、ベルギーもオランダも小さい国ですので、限りがあります。
イギリスやアメリカの番組を音声は英語のまま、字幕だけオランダ語にして放送しています。子供の頃から英語の番組を耳で聞いている為、英語がペラペラな人が多いのだそうです。

「ベルギーは何語?」「ベルギー語ってあるの?」とよく友人から訊かれます。実は「ベルギーの習慣」と言っても、両地域で全く違ったりするので、実は「ベルギー」をひとまとめに紹介するのは難しいのです。

私はオランダ語圏に住んでいるので、今はオランダ語を勉強しており、これは期末試験の後の最後の授業の日の様子です。

BK_0301_0101

はい、皆でビールを飲んでいます。(笑)この学期の中で一番楽しい授業でした。
最後の日は勉強ではなく、皆でカフェ(バー)に行きました。
このクラスはもちろん「外国人」ばかりです。東欧、アフリカ、アジアからの生徒が主で、南米やイギリスからの生徒もいます。先生だけはベルギー人で、ビールはもちろん「ベルギービール」です!

BK_0301_0102

これはレッフ・ブロンド、その右はステラで、二つともポピュラーなビールです。

BK_0301_0103

こちらは私の好物のラ・ショフ。美味しくてグラスも可愛いです。
でもこの日にこれを飲んだのは覚えていませんが(笑)、カメラにはバッチリと残っていました。ベルギービールはアルコール度数が高いので、気をつけましょうね!

 

Copyright© 2017 ベルギー情報 All Rights Reserved.