月別アーカイブ: 12月, 2010

ブラジルで迎えるクリスマス

15 12月
2010年12月15日

クリスマスまであと10日となりましたね。カトリック教徒が多いここブラジルでは、ナタウ(クリスマスを意味するポルトガル語)はとても大切な日とされています。日本ではどちらかというと、クリスマスイブは恋人同士で過ごすロマンティックな夜…というイメージですが、ブラジルでは全く違い、家族みんなで教会に行き、家で賑やかにご馳走を食べてお祝いするという、完全なファミリーイベントとなっています。(年末年始を実家で家族とともに過ごすケースが多い日本ですが、ブラジルでは逆に年越しは友達や恋人と過ごすようです。こんなところも正反対とは、おもしろいですよね、地球の裏側の文化って!)

ナタウはもともと宗教的なお祝いですが、いわゆる「クリスマス商戦」として、各ショッピングモールでは熱心なプロモーションが展開されます。モール内に設置される巨大なクリスマスツリーも客引きの目玉となる重要なポイント。毎年趣向を凝らした見事なツリーと装飾が、買い物客を楽しませてくれます。

BR2010_1215_0101

どのモールにも必ず「真っ赤なマント・白いおひげのパパイノエル(サンタさん)」がいて、子どもたちと一緒に記念撮影をしてくれます。休日ともなれば、順番待ちの長い列が出来るほどの人気!写真を見ておわかりの通り、暑い南半球のサンタさんだからと言って、半袖半ズボンの薄着にはなりません。子どもはノースリーブなのに、サンタさんは伝統的なラップランドスタイルって、絵的にはなんだかミスマッチですよね。サンタさん、暑くて大変そう…という心配は御無用。モール内はとてもよく冷房が効いているので、マントでも蒸れてしまうことはありません。

BR2010_1215_0102

さて日本でのクリスマスディナーは骨付きチキンや七面鳥に、可愛い装飾がたくさん乗っかったケーキというのが定番ですが、さてブラジルはと言いますと… この時期だけスーパーに登場するのがこちら!

BR2010_1215_0103

レイタォンと呼ばれる「小ブタ」です。これを屋外のロースターで丸焼きにして家族みんなで囲むのが、こちらのクリスマスのご馳走のようです。ロースターなんて各家庭にあるの?とお思いでしょうが、さすがにマンション住まいでは無理です(笑) 多くのブラジル人家族は、クリスマス休暇を郊外の別荘や実家で過ごすわけですが、そこでは丸焼き可能なことが多いようですよ。

そして日本のようなクリームたっぷりのクリスマスケーキというのは、ブラジルには存在しません。クリスマスのお菓子として最もポピュラーなのが、イタリア由来の「パネトーネ」と呼ばれる焼き菓子です。お菓子と言うかパンと言うか…独特の酵母を使って焼かれたパネトーネの食感は、モチモチ、しっとりとした甘さが特徴。中にチョコチップやドライフルーツを入れ、バリエーションを広げています。私はこの時期、パネトーネとコーヒーを朝食代わりにいただくのが恒例となっています。

また、ホスカと言う、リング型のパンもクリスマス時期ならではの食べ物です。シュガーペーストで白くコーティングし、上にはカラフルなドライフルーツを飾って…テーブルに一つあるととても華やかですよね。

BR2010_1215_0104

ちなみにブラジルでは12月25日は国民の祝日となっています。この日から元旦まで連続休暇となる企業も多く、もちろん学校もお休みとなります。お正月3が日という概念がないので、企業によっては1月2日から仕事始めというところもありますから、年末の最終週でゆっくり骨休めをするということのようです。海沿いのリゾートホテルなどでのんびりするブラジル人家族も多いですから、この時期、宿が取りにくくなりますのでご注意下さい。

日本の皆さんも素敵なクリスマス&新年をお迎え下さい。ブラジルからのコラムを愛読下さり、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。

「海に一番近いレストランin サルヴァドール」

02 12月
2010年12月2日

12月になると、真夏と言う表現がぴったりくるサルヴァドール。一番寒い7月でも最低気温が20度を下回る日の少ない常夏のこの街ですが、やはり、夏は夏!観光のハイシーズンも12月~3月の真夏に設定されていて、この間、ホテル代は閑散期の数割増しになったりするのですが、それを考慮しても、夏のサルヴァドールはオススメです。

この時期、何と言っても、海の色がとても美しくなります。気温が低い時期は、同時に雨期でもあるので、雨水のせいで海の色が暗く濁ってしまうんです。もっとも、一時期しか滞在しない旅行者の方にしてみれば、その頃の海も「あぁ、素敵ねぇ」と思えるのかもしれませんが…1年中定点観測している立場から言わせていただきますと、真夏の海と雨期の海ではもう、全然ブルーのキレイさが違います!

そんな真夏のランチのおすすめは、サルヴァドール市内でたぶん一番海に近いレストラン「Mahi-Mahi(マヒマヒ)」。なんだかアジアンチックなネーミングですが、一応、少しばかりタイ料理のテイストも意識しているようで、メニューには「サテ(焼き鳥)」なども登場します。そしてここでいただくムケッカ(この地域の郷土料理)もなかなかレベルが高いのですが…

BR2010_1201_0101

料理はさておき、レストランのロケーションにまず驚いて下さい。昔からの高級住宅街であるVitoria(ヴィトリア)という地域に建つビル群の中の一つに「Sol Victoria Marina(ソウ・ヴィキトリア・マリーナ)」というホテルがあるのですが、レストランは、ホテルに付属する私設ケーブルカーに乗って海辺の桟橋まで下りたところにあるのです。

BR2010_1201_0102

サルヴァドールが誇る美景の一つ、Todos os Santos(トードス・オス・サントス)湾に浮かぶような形でレストランがあり、飛び込み台や滑り台(かなり高い位置にあるので大人向けですが)などのアトラクションまで併設されているあたりは、もう、飲食を楽しむと言うより、海をまるごと楽しもう!と言うにふさわしい施設です。

BR2010_1201_0103

海は砂浜ではなく岩場で深さもあるので、泳げない人や浮き輪を持たない人には向かないのですが、ちゃんとプール(子ども用の浅いものと、それなりに深いものの2つ)もありますので、暑い日には海を眺めながらプールにつかるのもいいですよね。

こちらは夕陽が非常に美しいスポットでもあるので、私のおすすめは、遅めのランチからそのまま夕暮れまでのんびりする過ごし方。食事を済ませた後に、冷たいビールとおつまみ(isca de peixe、イスカ・ジ・ペイシ…小魚のフリット)でまったり2次会なんていうのはいかがでしょう?夏は夕方になってもまだ気温がかなり高いので、海遊びも十分楽しめますよ。 BR2010_1201_0104

ホテル宿泊者以外のビジターは、ケーブルカー料金として一人約1300~1750円(曜日による)を支払いますが、同額の飲食チケットをもらえますのでだいたい元は取れます(笑)。 砂浜のビーチもいいですが、プライベートな空間でのんびりする時間はまた格別ですよ。詳しくはホテルのサイトでご確認ください。(英語あり) http://www.solexpress.com.br/SolVictoriaMarinaGastronomia.aspx

BR2010_1201_0105

 

Copyright© 2017 ブラジル情報 All Rights Reserved.