ご当地料理以外のサルヴァドール・グルメ

28 7月
2011年7月28日

せっかく遠くブラジルまで旅行するのだから、ブラジルらしい典型的な料理を楽しみたい!と多くの方が思うことでしょう。韓国なら焼肉、イタリアならパスタ、フランスなら正統派フレンチ…と言うように。旅の醍醐味の一つは、その土地の食事。特に食いしん坊ならなおさら、食事に旅のウェイトを置く人も多いですよね(はい、それは私です!)。

さて、サルヴァドールの料理と言えば、これまでこちらでもご紹介したようなムケッカだったりシーフードだったりするのですが、そればかりでは飽きてしまいますよね。特にバイーア料理は、似たような味付けのものが割りと多いので、飽きてしまいがち…

そんなときは、地元のグルメたちに愛される、ちょっと高級な絶品レストランを試してみてはいかがでしょう?毎年発売されるグルメ情報誌「Veja Salvador」のレストランガイドでは、各ジャンルのナンバーワンレストランが紹介されます。今回はそれらのお店を一挙ご紹介しましょう。

 

・イタリア料理:Alfredo di Roma(アウフレド・ディ・ホーマ) サンパウロのFasanoやGeroと言った有名高級イタリアンで修行したシェフが去年から腕を振るっています。夜は一人R$100程度の予算が必要ですが、ランチならデザートつきのコースがR$45とお得。

Rua Morro do Escravo Miguel, s/nº, Hotel Atlantic Towers, Ondina, telefone 3331-7775

・日本料理:Soho(ソーホー) 日本人にとっては、やはり「創作和食」のイメージが強い料理が多いですが、地元の人々には大人気の味。1999年から常にトップの座を飾る名店です。独創的なエビの天ぷら(10本入りR$58)や、寿司盛り合わせ(R$44)などはなかなかのお味。海に面したロケーションも最高。

Avenida Contorno, 1010, Bahia Marina, Comércio, telefone 3322-4554

・自然食:A Saúde na Panela(ア・サウージ・ナ・パネーラ) 毎日変わる18種のサラダと18種の料理は、R$32で食べ放題。好きなものを選ぶバイキング方式です。すべてオーガニック食材を使い、実に500種類ものオリジナルレシピを持っているそう。

Rua das Hortênsias, 752, Pituba, telefone 3353-8088/6788

・ピザ:Piola(ピオーラ) ナイトクラブ風のビルですが、ピザの味は一流。42種類のピザは薄めの生地が特徴。オススメのverona(ヴェローナ)は、モッツアレラ、生ハム、アスパラ、ソーセージのピザで、R$53。いつも若者で賑わっています。

Rua Conselheiro Pedro Luís, 113, Rio Vermelho, telefone 3311-3300

・ポルトガル料理:Casa Lisboa(カーザ・リスボア)

BR2011_0715_01

ポルトガル領アソーレス諸島出身のシェフが作る料理は確かに絶品。二人前R$99のBacalhau à lagareiro(バカリャウ・ア・ラガレイロ)は、オリーブやゆで卵と干しダラを煮た典型的ポルトガル料理で人気です。ワインも240種類とバリエーション豊富。

BR2011_0715_02

Rua Manuel Dias de Moraes, 35, Jardim Apipema, telefone 3331-3841

・創作料理:496 Grill & Bar(クワトロ・ノーヴィ・メイア グリル・エ・バール)

BR2011_0715_03

オープンからまだ1年ちょっとにも関わらず、海が見える好ロケーションと味の確かさで高評価を得ています。アルゼンチンやウルグアイの高級輸入ビーフを使った肉のグリルと、地中海を意識したシーフード料理が2本柱。予算は一人R$100程度。

BR2011_0715_04

BR2011_0715_05

Avenida Lafayete Coutinho, 496, Comércio, telefone 3018-0496

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 ブラジル情報 All Rights Reserved.