月別アーカイブ: 2月, 2011

「恭喜発財!」本場で体感するチャイニーズニューイヤー

12 2月
2011年2月12日

2月3日は春節でした。
ここ中国では今でも旧暦のお正月を「新年」として盛大に祝います。
大連の街のあちらこちらでは爆竹が鳴り響き、昼夜を問わず打ち上げ花火が上がり賑やかなことと言ったらありません。
今回はそんな「爆竹と花火」が織りなす“いかにも中国らしいお正月風景”についてご紹介します。

CHI_0202_0101

そろそろ爆竹が鳴り始めたな…、最初に気付いたのは春節より10日以上も前のことでした。
それはまだどこか遠くで響く「雷」程度のものでしたし、打ち上げ花火は幾つものビルの向こう側で上がっていました。
「お正月気分はこんな風に盛り上がっていくんだね」などと話していた矢先のことです。
いつもより格段に大きな音で鳴り響く花火の音に「見えるかな」と期待してカーテンを開けてビックリ仰天!
見えるどころじゃありません。
花火は我が家のすぐ目の前で上がっていたのです。

CHI_0202_0102

窓に火花が当たらんばかりの至近距離で花火を見るのは生まれて初めての事なので、本当にビックリしました。
打ち上げ場所はその真下、我が家から100メートルも離れてはいません。
近年は花火や爆竹の使用を規制する都市もありますが、ここ大連にはそんなものは一切なし、どこでやろうと警察が飛んでくるわけでもありません。
皆やりたい放題、場所も時間も選ばずに派手な音を鳴らします。

そしてその盛り上がりは大晦日にピークとなります。
早朝から始まる大音響は時にテレビの音をかき消すほどです。
この日だけで一体どれだけの爆竹が消費されたことでしょう。
夕刻に外を歩いてみました。

CHI_0202_0103

道路と言う道路は見事なほどに“真っ赤”に染まっています。
すべて爆竹の残骸です。
爆竹から飛び散った紙きれがまるで“真っ赤な池”のごとく2,3メートル四方に降り積もっています。
中にはまだ煙を出して燻ぶっているものもありました。
道路を清掃する人が片付けてくれるので、皆“やりっぱなし”で立ち去るのです。
それにしても爆竹の残骸までもが春節飾りのごとく、街を赤く彩るとは流石です。

CHI_0202_0104

大晦日の夜は家族団欒の時です。
ご馳走を囲んで中国の紅白と呼ばれる「春節の夕べ」を観て過ごすのが習わしのため、陽が落ちる頃には外を歩く人の姿は殆んどなくなります。
それでも爆竹の音が鳴りやむことはありません。
どんな時でも“どこかで誰かが”ちゃんと鳴らしているのです。

そして大晦日の夜も佳境に差しかかると、大音響は激しさを増します。
幾重にも重なるように開く大輪の花火、地面を燃やすように弾ける爆竹の火花。
空気は既に真っ白で一寸先も見えにくい状態です。
至近距離で上がる花火は家の周り360度をグルリと囲み、まるで「別世界」にいる気分です。

CHI_0202_0105

いよいよ12時になる瞬間には激しい爆音と閃光に包まれ、まるで世界が揺らいだようです。
なんという迫力でしょう!!
これまで経験したどの年越しよりもボディーソニックで感動的な体験でした。

CHI_0202_0106

爆竹には厄除けの意味があると言われています。
また「この大きな音が賑やかでいい」という中国人らしい嗜好もあるのだとか。
「大音響の宴」は春節の風物詩、切っても切れない関係なのです。

CHI_0202_0107

ところで大音響の合間に響いていたこちらのサイレン。
この音も実に何度も耳にしました。
火の取り扱いには注意して、良い新年を迎えたいものですね。

「恭喜発財!」春節は1カ月遅れのお正月

08 2月
2011年2月8日

CHI_0201_0101

新年明けましておめでとうございます。
なんて言うと「今頃何を言っている」と叱られそうですが、ここ中国では春節(旧正月)
こそが本当の年明けなのです。

CHI_0201_0102

2011年度の春節(元日)は2月3日、まさに今はお正月気分の真っ最中です。
春節は旧暦に従って決まるため、太陽暦上(新暦)では毎年その日程が変わります。
例えば来年2012年の元日は1月23日、また昨年の2010年は2月14日でした。
春節とバレンタインデーが重なった昨年は、別の街に故郷を持つ若者たちが
「家族と過ごすか、恋人と過ごすか」を迷ったとか。
新・旧歴の両方を活用している中国ならではの悩みですね。

CHI_0201_0103

さて春節の準備は、私たちのお正月気分がすっかり抜けた頃から始まります。
家や店先には目も覚めるような真っ赤な春節飾り、街路にはイルミネーションが瞬き、
街は次第に活気づきます。
豪快なお正月音楽があちらこちらで流れ、店で買い物すると「ポチ袋」がオマケで
ついてくることもしばしば。

CHI_0201_0104

しかし、何と言っても春節の一大イベントと言えば「民族大移動」で有名な
「帰省ラッシュ」でしょう。
今年、帰省のために移動する人の総人数は28億人に上るとか。
これは鉄道、道路、水上、空路利用者すべてを見込んでの数字ですが、
鉄道利用者だけでも2億3000万人に上るというからまったくスケールが違います。
切符を確保するだけでも大変でしょうに、なぜお正月だからと言ってそうまでして
故郷に戻ろうとするのでしょうか。

CHI_0201_0105

「春節を家族で過ごす」ことは中国人にとってとても大切なことです。
それは昔から続く伝統、習慣であり、いまだにその意識は薄れていません。
また中国では大量の出稼ぎ労働者が都市部に出て仕事をしているため、彼らの帰省が
この大移動に大きな影響を与えていることも間違いなさそうです。
そして故郷で待つ者たちは、仕事で帰ることのできない家族の席は空けておくと
言われています。
家族の絆が強い中国の人々にとって春節はまさに「家族団欒」の時なのです。

CHI_0201_0106

大連では2月4日から末日まで毎年恒例の「迎春煙火爆竹節」が開催されます。
盛大な爆竹や花火の音の中、春節気分は大いに盛り上がることでしょう。
かく言うワタクシ、昨年までは華南で暮らしていたため、このイベントは初体験。
一体どれほどの賑わいなのか、とくと拝見させて頂くことにします。

また北方では春節前夜には、「年越し蕎麦」ならぬ「年越し餃子」を食べる習慣があります。
主流は水餃子、家族揃って餃子を食べて新しい年を迎えるというのも中国らしくて
良いですね。
皆さんも「年越し餃子」を食べて、春節気分を味わってみてはいかがですか。

Copyright© 2017 中国情報 All Rights Reserved.