カテゴリー: イベント

フェリア・デ・アブリル ~スペイン中に広がるアンダルシアの輪

21 5月
2011年5月21日

またまたお祭りネタになりますが、ちょうどタイムリーな話題なので。
ここはお祭り好きの多いスペイン。どうぞ、ご勘弁を^^

昨年ここでご紹介したセビージャの春祭り、フェリア・デ・アブリルはスペインで
最も知られているお祭りのひとつ。今年は5月3日から8日にかけて開催され、
例年通り世界中から多くの観光客も訪れました。
フラメンコ好きの日本人女性も姿もよく見かけるお祭りです^^

セビージャほど大掛かりでなくとも、アンダルシア州の各地で春から秋にかけて
似たようなお祭り(フェリア)が開かれます。私はこれまでにマラガとアンテケーラの
フェリアに行ったことがあります。闘牛が開催され、お祭り会場にはカセータ(祭り小屋)が
並び、女性はフラメンコ風の衣装で着飾り、セビジャーナス(フラメンコに似たアンダルシアの
民俗舞踊)を踊り、飲めや歌えや。まさにアンダルシアの風物詩。

この陽気なアンダルシアのお祭りは、実はマドリーやバルセロナ、バレンシアなど、
スペインの各地でも開催されているんですよ。

<今年度のバレンシアのポスター>
SP_0502_0201

<アンダルシア色よりもカタルーニャ色が強く出ているバルセロナのポスター>
cartel feria.indd

もともとアンダルシア州はスペインの中でも貧しい州のひとつで、
昔は特に仕事を求めての国内移民が盛んでした。
バルセロナのあるカタルーニャ州には特に多くのアンダルシア移民が住んでいます。
彼らが毎年なつかしい故郷のお祭りを再現しているのです。
そのせいか、年齢層が高いという印象があります。

また現代では、アンダルシア州から他州の都市に勉強や働きに出ている人も大勢いるので、
あるインタビューでは「今年は自分の故郷のフェリアの時期に帰省できないので、
代わりに来ました」と答えている学生を見かけました。郷土愛を感じますね。

私はバルセロナとバレンシアのフェリア・デ・アブリルに行ったことがあります。
バルセロナは特にアンダルシア移民が多いせいか、会場にはセビージャのような黄色い土も
敷いてあり、イルミネーションもまぶしく人出も多く、なかなかの盛況ぶりを見せていました。

<光輝くポルタダ(正門)>
SP_0502_0203

<カセータの外で踊りだす人達>
SP_0502_0204

<まばゆいイルミネーションの下には大勢の人>
SP_0502_0205

<着飾っていた姉妹。お父さんがアンダルシア出身でした>
SP_0502_0206

バレンシアは、規模は小さかったものの、カセータの中は本場同様華やかな空気と熱気に
包まれていました。来年は久しぶりに行ってみようと思っています。

SP_0502_0207

SP_0502_0208

この時期にスペインにいらっしゃる方は、セビージャに行かなくてもフェリア・デ・アブリルの
雰囲気が味わえるかも知れませんね。

スペイン各地で開かれる楽しい中世祭

19 5月
2011年5月19日

先日、中世祭りに行ってきました。スペイン各地で開かれる中世市場(中世風の衣装を身につけた
人達が、手作り工芸品や食べ物を売る屋台を出す市場)の規模をもっと大きくしたもので、
町の一角を中世に見立て、ショーや展示、中世風大道芸、寸劇、露店、子供用アトラクション
などがあり、大人も子供も楽しめるイベントです。私は行ったことはないのですが、
強いていえば“移動式日光江戸村”でしょうか(笑)。サーカスのような組織になっていて、
あちこちを巡回しているそうです。

SP_0502_0101

SP_0502_0102

SP_0502_0103

西洋史での中世は幅広く5世紀から15世紀を指します。イベリア半島はイスラム勢力に
支配されていた時代が長いので、各地がキリスト教徒の手に戻ってからスペインが新大陸を
発見する頃までかな、と個人的に解釈しています。日本だと江戸時代以前ですね。

さて、どんなものが展示されているかというと、当時の武具や馬具、生きた鷹や鷲、ふくろうなど。
鷹匠が登場する実演では、放たれた鷹の大きさにビックリ。翼を広げるとあんなに大きいんですね。
すぐ近くを飛ばれた時には、襲われないかとヒヤっとしました。

SP_0502_0104

当時の戦争の再現ショーは耳をつんざくような大砲や鉄砲の音で臨場感満点。
驚いた小さな子どもたちが何人も泣いていました(^^;)

SP_0502_0105

SP_0502_0106

子供向けには手作りろうそく教室や昔話の語り聞かせ、ロバやラクダに乗っての散歩、
木造の手動アトラクションなどが出ます。

SP_0502_0107

SP_0502_0108

<手でまわす木造ミニ観覧車。おもりを置いてバランスをとります>
SP_0502_0109

男の子達に人気なのは、木製の刀や盾、弓を売るお店。日本の子供がチャンバラごっこをするように
(今の子達もしていますか?)、こちらの子供は騎士になりきってチャンバラ遊びをするんですよ。
【余談】我が家では去年買った刀を息子に持たせ(同じものをねだられたら困るので^^;)、
今年は新たに盾だけ買ったのですが、同じように以前買ったものを子供に持たせている親に
何人も出会い、笑ってしまいました。いずこも同じことを考えるんですね。

SP_0502_0110

<わら細工等の実演販売も>
SP_0502_0111

なんと、道端には“春を売る女性”まで立っていました(^^;) 芸が細かい!!
子供に聞かれたらよその親は何と答えるのか、とても興味があります。

SP_0502_0112

香ばしい炭火焼きのにおいが漂ってくる露店も中世祭りには欠かせません。豚のアバラ肉や
腸詰類がこれでもか!とばかりに焼かれるシーンを見ると、空腹の人はよだれが出るでしょう。
日本と同様お祭り料金で高いものの、炭火でじっくり焼かれた肉類はおいしい!!
焼きピーマンと一緒にパンにはさんで食べるのがワタシ流です。

SP_0502_0113

町をあげてさらに大掛かりな中世祭りを開催するところもあります。たとえば、タラゴナ県の
内陸部にある中世の面影残る城下町のモンブラン。ここでは中世週間と名付けた大きなお祭りが
開かれます。約2週間に渡って様々なイベントもあり、とても楽しそう。
http://www.setmanamedieval.org/
http://www.montblancmedieval.cat/es/quefer/festesifires/setmanamedieval
(上記サイトはカタルーニャ語、スペイン語、英語、フランス語で見られます。
写真を見るだけでも様子がわかって楽しいですよ。)
我が家からは少々遠いものの、いつか絶対に行ってみたいお祭りです。

2011年バレンシアの火祭り報告

06 4月
2011年4月6日

バレンシアがもっとも盛り上がる火祭りが終わりました。

例年のごとく15日の朝には成人の部、子供の部すべてのオブジェが揃います。17日、18日には
386の火祭りグループによる恒例の献花パレードがありました。バレンシアの豪華な民族衣装を
まとったメンバー達は、楽隊を従え、老若男女問わず誇らしげに聖母広場に向かいます。

SP_0401_0101

広場は花で埋め尽くされ、体の部分を木枠で作ったバレンシアの守護聖母デサンパラードの
巨大なレプリカは花束で覆われていきます。

SP_0401_0102

後ろ姿をご覧下さい。花束でこんな風にマントを作り上げていきます。まさに職人技。
上部には聖母への祈祷である『アヴェ・マリア』のAとMを組み合わせたマークが見えますね。

SP_0401_0103

今年はバレンシアと隣接する4つの町だけで、400近い成人の部のオブジェが立ちました。
制作費を合計すると670万ユーロ(約7億7000万円)。子供の部のオブジェも入れると、
一晩で863万ユーロ(約9億9000万円)が灰になったわけです。 これでも大不況の影響で
ずいぶん金額が低くなったんですよ。

成人の部のオブジェは制作費によって17ものカテゴリーに分けられ、各カテゴリーの中で
順位が発表されます。もっとも制作費が高い特別部門の上位2オブジェをご紹介しましょう。

昨年に続き1位に輝いたグループのオブジェは高さ20mで制作費は19万ユーロ(約2200万円)。
今年から新しいデザイナーに変わったようで、今までの作風が好きだった私はあまり魅力を
感じませんでした。(昨年のオブジェの写真は2つ前の記事にあります。)

SP_0401_0104

2位はまさに私の好み。この写真ではわかりにくいのですが、バレンシア生まれの高級
ポーセリンブランド、リヤドロを彷彿させる優美なオブジェ。テーマは『禁断の果実』。
リンゴを持った裸の女性はエバですね。高さは21m、制作費は同じく19万ユーロ。
これが燃えるところを見たかったものの、消防車の関係で夜中の1時半になると聞き、諦めました。

SP_0401_0105

3位は場所が離れていて見に行けませんでした。一昨年まで数年に渡り巨額を投じて1位に
輝き続けた成金グループですが、不況で制作費がガクッと下がり(1、2位と同額)、今年は3位に。
景気のいい頃には、60万ユーロ(約6900万円)もの制作費を使ったこともあるんですけどね。

ちなみに4位はこちら。

SP_0401_0106

<今年もキラキラと美しかったルサファ地区のイルミネーション>
SP_0401_0107

火祭り最終日19日の24時は、成人の部のオブジェを燃やす時間です(その年の1位は24時半、
市役所広場は25時)。イギリスから来た友人家族と燃やすのに立ちあったのは、このやや小ぶりの
オブジェ。17ある制作費別カテゴリーでいうと上から3番目のセクションで7位でした。

SP_0401_0108

大きなオブジェが燃えるのは迫力がありますが、混みあう上、危険なのでかなり離れて見ないと
いけませんが、小さいものは見物人も少ないこともありすぐ目の前で見ることができるのです。
時間になるとブラスバンドが音楽を奏でた後に花火が上がり、爆竹が鳴り響き、グループの女王(ミス)が
オブジェに点火。一瞬爆発したかのように燃え上がると、やがて赤い炎がオブジェを包みます。
最前列にいた私たちはあまりの熱さに何歩も後ろに下がりました。炎ってあんなに暑いんですね。
ほぼすべてが焼け落ちて灰と化す前には、グループの人達が輪を作ってオブジェを囲んでいました。

SP_0401_0109

SP_0401_0110

SP_0401_0111

SP_0401_0112

こうして火祭りは幕を閉じましたが、どのグループも既に来年に向けて動き出しています。
これをお読みの皆さま、ぜひ来年の火祭りにはバレンシアにお越しくださいませ。

バレンシアの火祭りを楽しもう!

15 3月
2011年3月15日

バレンシアの町のあちこちで、火祭り最終日3月19日に燃やすオブジェの設置が始まりました。
世界的に有名なこのお祭りはスペインではラス・ファジャス(Las Fallas)と呼ばれており、
一般にオブジェや火祭りグループのことをファジャ(Falla)といいます。

<市役所広場に設置中のオブジェ。完成すると25mの高さになる予定>
SP_0302_0101

ところでお祭りの由来ですが、中世の昔に遡ります。カトリックでは3月19日は聖ヨセフの日。
イエスの父であり大工だった聖ヨセフは大工の守護聖人なので、大工達がこの日にいらなくなった
木片や木材を集めて火にくべたことが起源だと言われています。

現在バレンシア市内にある火祭りグループの数は400近く。各グループに成人の部、
子供の部があるので、ほとんどのグループが大小2つのオブジェを町角に作り上げます。
グループ内では、毎年成人、子供の部から1人ずつのミスが選ばれます。今年、各グループから
選ばれたミス達の頂点に立ったのが、ラウラさん(23歳)とカルメンちゃん(10歳)。
連日いろんな行事に参加し、TVや新聞で2人の顔を見ない日はないと言えるほど引っ張りだこに
なります。ラウラさんと人の12人の準ミスの写真はこちら:
http://www.fallas.com/index.php/module-positions/without-right-modules/corte-de-honor-mayor-2011

SP_0302_0102

SP_0302_0103

今年は2月27日にお祭りの開始を宣言する式典がありました。3月1日からは毎日午後2時に
市役所広場でマスクレターと呼ばれる轟音をとどろかせる爆竹ショーが開かれます。広場は毎日
大勢の人で埋め尽くされ、TVでは欠かさずにこれを生中継。

SP_0302_0104

しばらくすると闘牛の連続興業もスタートします。今年は3月12日から20日まで。
初日と火祭りメインの19日には、地元が生んだ一流闘牛士エンリケ・ポンセが登場します。

2週間に渡り徐々に盛り上がったお祭り気分が一気に高揚するのが15日以降で、
朝8時には完成した子供の部のオブジェが揃います。夜の12時には花火大会。
日本では考えられない遅い時間ですが、子供も見に来ています^^

16日の朝には成人の部のオブジェも完成した状態で町にお目見えするので、
この日から町はあちこちのオブジェを見物してまわる人でごった返します。民族衣装をまとった
人々やにぎやかな音楽を奏でる楽隊が練り歩き、子供たちが投げて遊ぶ爆竹音が響き渡ります。
夕方には市役所広場で子供の部のオブジェの表彰式、夜中の1時にはまた花火大会が。

<昨年の特別部門で1位を受賞したオブジェ>
SP_0302_0105

17日の朝には、同様に市役所広場で成人の部のオブジェ表彰式が開かれます。(2010年撮影)

SP_0302_0106

17日、18日両日の夕方の4時から日付が変わるまで、豪華な民族衣装で正装した火祭りグループの
メンバーたちが、聖母広場に作られたバレンシアの守護聖母デサンパラードに花を捧げる
パレードがあります。17日は夜中の1時、18日は夜中の1時半(!)から花火が打ち上がります。

最終日19日の夕方7時には火のパレードがあります。夜になると、まずは子供の部のオブジェの
点火からスタート。特別部門で1位に輝いたオブジェ(10時半)、市役所広場のオブジェ(11時)を除き、
10時には一斉に火がつけられます。12時になると大人の部のオブジェが燃え上がります。
そして12時半には特別部門1位、1時には最後に残った市役所広場のオブジェに点火。
何百ものオブジェが燃やされたバレンシアの空は煙で曇り、空からは灰が降って来ます。
こうして長く続いたお祭りは終了。火祭りグループはすぐに翌年のお祭りに向けて始動します。

<明かりの消えたイルミネーション設備の向こうで燃え上がるオブジェ。2010年撮影>
SP_0302_0107

さて、実際に行かれる方へのアドバイスです。
●観光案内所で地図と火祭りのパンフレットをもらいましょう。
詳しい有料ガイドブックは町中の新聞スタンドで売っています。
●スリが多いのでご注意を。
●火祭り期間中は至るところに揚げドーナツの屋台が出ます。人気があるのはかぼちゃの揚げ
ドーナツ。スペイン人はホットチョコレートに浸して食べるのが好き。ぜひ試してみて下さい。
●ルサファ地区は美しいイルミネーションで有名です。ぜひ夜に行きましょう。
ファジャ密集地区なので、いくつものオブジェを見物することもできます。
●通行止めの道路が多く中心部の交通はマヒし、バスのルートも変わるので要注意。
基本的に徒歩になるので、歩きやすい靴を履きましょう。
●最後に燃やされるオブジェがある市役所広場は通勤ラッシュの山手線並みに混み合うので、
オススメしません。
●小さいオブジェほど間近で見ることができます。
●この時期の天候はまだ不安定で夜は冷え込むこともあります。ご注意を。

<揚げたてが美味しいカボチャの揚げドーナツやチュロス>
SP_0302_0108

<まばゆいばかりのルサファ地区スエカ通りのイルミネーション>
SP_0302_0109

では、楽しい火祭りを! 私も楽しみます^^

火祭り公式サイト: http://www.fallas.com/
(スペイン時間午後2時には爆竹ショーの映像が見られます)

信仰と伝統を感じるスペインのクリスマス

03 1月
2011年1月3日

ジングルベル、ジングルベル、クリスマスです♪
SP_0101_0101

12月になると町のあちこちにイルミネーションがつき、装飾がほどこされ、
どこからともなくビジャンシーコ(スペイン版クリスマスキャロル)が聞こえてきて、
クリスマス気分が盛り上がります。カトリック国のスペインでは、
クリスマスは国中が1年でもっとも華やぐ季節です。

今では日本のイルミネーションや飾り付けの方が大掛かりで洗練されていることでしょうが、
日本の商業主義的なクリスマスとは違い、スペインのクリスマスには信仰と伝統があります。
ささやかなイルミネーションとベレンでも、そこにこもった心を感じることができます。
私はこの時期にイルミネーションやベレン(前々回の記事に書きました^^)、クリスマスモードに
装飾された商店のウィンドーを見て歩くのが大好きです。

<市役所広場のベレンとツリー>
SP_0101_0102

<思わず見入ってしまう個人商店のウィンドー>
SP_0101_0103

SP_0101_0104

<窓やベランダにサンタクロースを飾る家も>
SP_0101_0105

クリスマスは家族と過ごす1年で1番大切なイベント。
イブの24日は夕方になると商店やバル、レストランまでが店じまいを始めます。
この時期に観光にいらっしゃる方はご注意くださいね。私がスペインに越してきて初めての
クリスマス・イブの夜に、日本から来た友達とどこか開いているだろうとバレンシアの町中を
さまよったものの中華料理店くらいしか見つからず、タクシーを捕まえるのも困難だったという
苦い思い出が・・・。なお、25日になると開く飲食店もあります。

イブの夜9時になると、フアン・カルロス国王のクリスマスの挨拶がTVで流れます。
これを見ながらイブの夕食を始める家庭が多いとか。

さて、気になるクリスマスのご馳走。まず前菜として一般的なのが
スペインに世界に誇る生ハムやチーズ、腸詰類、そして各種シーフード、特にエビ類です。
高級品としてはウナギの稚魚があげられます。メインは地方や家庭によってもことなりますが、
子羊や七面鳥のオーブン焼きなどでしょうか。
バレンシアやアリカンテなど、25日の昼にはコシードという煮込み料理を食べる地方もあります。
カタルーニャ地方では26日もお休みで、この日はカネロニを食べるそうです。

<私はちょっと苦手な子羊のオーブン焼き>
SP_0101_0106

食後のデザートには、日本のような生クリームにイチゴののったクリスマスケーキも
ブッシュ・ド・ノエルも存在しません。もっともポピュラーなお菓子はトゥロンという
アーモンド菓子です。最近はチョコレートバージョンが幅をきかせていますが、
伝統的なものはアーモンドペーストと蜂蜜を練ったソフトタイプ(トゥロン・デ・ヒホナ)と
丸ごとのアーモンドと卵白、蜂蜜をカチカチにかためたハードタイプ(トゥロン・デ・アリカンテ)
の2種。ほかにもポルボロンとよばれるアーモンド粉を固めたお菓子やクッキー類、
マジパンとさまざま。この時期になるとスーパーにクリスマス菓子コーナーが設置されるので、
スペインのお土産に買って帰るのもいいですね。

<頂き物のクリスマス菓子>
SP_0101_0107

<お菓子屋さんのウィンドー。上段と下段にトゥロンが>
SP_0101_0108

クリスマスのミサに通う人はずいぶん減ったそうですが、
それでも普段は教会へ行かない人も足を運ぶのがクリスマス。私も一度のぞいてみたいものの、
好奇心で参列するのは敬虔な信者の方々に失礼な気がしてまだ実現できていません。

さて、25日が終わってもスペインのクリスマスは終わりません。
なんと、この国では1月6日までクリスマスが続くのです。この話はまた次回に。

Feliz Navidad!(スペイン語でメリークリスマスの意。バレンシア語ではBon Nadal!)
SP_0101_0109

カタルーニャの伝統芸『人間の塔』

17 9月
2010年9月17日

9月に入っても日中は相変わらず暑いものの、朝夕は涼しくなってきました。

さて、9月24日はバルセロナを厄災から守ったことで
守護聖人と崇められている聖女メルセーの日。
それに合わせ、バルセロナ最大の祭典であるメルセー祭が開催されます。
今年は23日から26日まで。期間中はコンサートや伝統芸能、花火、
巨人のパレード等、たくさんのイベントが目白押し。

SP_0902_0101

私も一度見に行ったことがありますが、18世紀末から続く伝統、
Castell(地元カタルーニャ語で“城”の意)がとても印象に残っています。
日本語では“人間の塔”と訳される通り、まさに人間でできた塔なのです。

意外にも、その起源はバレンシア郊外のアルヘメシーという
小さな町にあるそうですが、今はカタルーニャの伝統芸。
カタルーニャ各地の祭典で見ることができるほか、
タラゴナでは毎年人間の塔コンクールまで開かれています。
今年の5月には、上海万博のカタルーニャウィークの際にもお披露目されたようですね。
バルセロナのメルセー祭では、旧市街にあるカタルーニャ自治政府庁舎と
市庁舎に挟まれたサン・ジャウメ広場で行われます。

<人間の塔が始まる前の余興>

SP_0902_0102

SP_0902_0103

塔を構成するメンバーのユニフォームは、
所属するグループの色のブラウスに白いズボン、それに帯とスカーフ。
まずはがっしりと体格のよい男性が土台となり、
その上に一段一段人が重なり塔を築き上げていきます。
ごくたまに、塔が崩れて怪我人が出ることもあるとか。
十分に練習を積んだプロだとわかっていても、見ている方はハラハラ。
塔を作る側にも見る側にも緊張した空気が漂います。7、8段重なり、
最後に身軽な子供が塔の頂点に立つと、まわりから盛大な拍手と称賛の声があがります。

SP_0902_0104

練習を積み、仲間と強固な信頼関係を築き、知恵と勇気をもって
塔を作りあげるこの伝統芸には、頑ななまでに独自の文化や言語を
守り続けるカタルーニャ人の誇り高い民族意識を感じます。

SP_0902_0105

写真を撮るのも忘れ、手を叩き続けた私です。

(注)バルセロナはカタルーニャ自治州の州都。カタルーニャでは昔から
カタルーニャ語と呼ばれる現地語が話されており、州の公用語にもなっている。
自分たちはスペイン人ではなくカタルーニャ人だと胸を張る人が多い。

夏祭りシーズン真っ盛り

21 8月
2010年8月21日

日本の夏といえば、夏祭りが思い浮かびますね。
年がら年中どこかしらでお祭りをしているスペインでも、夏は一番のお祭りのシーズンです。

有名どころでいえば、7月上旬に開催されるパンプローナのサン・フェルミン祭。
ヘミングウェイの名作「日はまた昇る」で世界中に知られた牛追いで有名ですね。
牛を闘牛場まで追って走る牛追いは、サン・フェルミン祭だけで行われるものではありません。
もともと闘牛の前に広く行われており、なんと私の義母も若かりし頃は牛と走っていたそうです。
私はアビラ県アレバロの夏祭りの時に、ゴールの闘牛場で見たことがありますが、
どの町にも命知らずの若者たちが大勢いるものだと驚きました。

SP_0802_0201

8月の半ばには、これまた有名なマラガのお祭り(フェリア・デ・マラガ)が開催されます。
昼間は町の中心で、夜は町外れに設置された会場で、昼夜問わず“飲めや歌えや踊れや”の毎日。アンダルシアらしい、明るく陽気なお祭りでした。
私もまだまだ明るい夕方5時から12時間続けて、飲んで騒いで楽しんだ思い出があります。
このお祭りではカルトハルという甘いワインを飲む習慣があるのですが、
カルトハル用に首から小さなグラスをぶら下げた人がたくさんいたことが印象に残っています。

SP_0802_0202

SP_0802_0203

これはカルトハルで酔っ払って、マラガ市内の噴水で水浴びをする女の子達。

SP_0802_0204

マラガ郊外の白い町、アンテケラの夏祭りでも、
やはり昼間は町中で、夜はお祭り会場で盛り上がっていました。

SP_0802_0205

SP_0802_0206

またスペインでは、お祭りと言えば闘牛。町のお祭りに合わせて闘牛が開催されます。
どうやらお祭りの時は、闘牛前にその町の“祭りの女王”達が場内に姿を現すのがお約束のようです。

SP_0802_0207

SP_0802_0208

(※バルセロナのあるカタルーニャ州では、2012年から闘牛が禁止されることが最近決まりました)

私が住むバレンシア郊外の城下町ハティバでも、8月半ばにお祭りが開催されます。
メインストリートは露店と移動遊園地で埋め尽くされ、期間中は闘牛や民族舞踊ショー、
花火やパエージャ大会のほか、真夜中の野外ディスコ、馬の力を競うコンテストや
ファルトン(バレンシア地方の細長く柔らかな甘いパン)の大食いコンテストなど、
さまざまなイベントが目白押しです。
<ファルトン大食いコンテスト>

SP_0802_0209

同じくバレンシア郊外の町ブニョルでは、
毎年8月の最終水曜日にトマティーナ(トマト投げ祭り)があります。
最近は日本でも知られるようになり、日本人も大勢参加しているそうですね。

夏にスペインを旅する時は、どこかの町で夏祭り見物をしてみるのはいかがでしょう。
旅のいい思い出になること間違いなし!

Copyright© 2017 スペイン情報 All Rights Reserved.