月別アーカイブ: 6月, 2011

国立公園内にあるパエリア村

27 6月
2011年6月27日

エル・パルマールはバレンシア市の中心から南に20km弱離れたアルブフェラ湖畔にある
人口800人にも満たない小さな町。アルブフェラ国立公園の中に位置しています。
アルブフェラ湖は地中海に隣接するスペイン最大の湖で、野鳥が集まる湿地帯として有名です。
また、周辺はスペイン一の米どころ。今の時期は青々とした水田風景が広がり、日本を思い出します。
ちなみに、アルブフェラとはアラビア語で小さな海と意味だとか。 続きを読む →

セビージャっ子に人気のバル

19 6月
2011年6月19日

“タパス”というスペイン語は、日本でもすっかりお馴染になったようですね。“タパ”とは
もともとフタの意味。動詞の“タパール”だと、覆う、フタをするという意味になります。
タパスの語源には諸説があります。 続きを読む →

JAPON(日本)という姓のあるスペインの町

11 6月
2011年6月11日

今から14年前。まだスペインのことをよく知らなかった頃、セビージャで一緒に住んでいた
スペイン人の友達がコリア・デル・リオという近郊の町に連れて行ってくれました。
そこでグアダルキビール川沿いに立つサムライの銅像を見せられ、なぜこんなところに?
と驚いたことを覚えています。そこには支倉常長と書いてありました。 続きを読む →

二階建て観光バスに乗ってみよう

01 6月
2011年6月1日

スペインの観光都市で目にする二階がオープンエアになっている観光バス。
実は今まで乗ったことがなかったのですが、息子の強いリクエストで先日初めて
バレンシアの二階建て観光バスに乗ってみました。

SP_0601_0101

バレンシア・バス・トゥリスティック http://www.valenciabusturistic.com/
料金は大人15ユーロで、歴史ルート、海ルートのどちらにでも乗り降り自由。
それぞれの所要時間は約90分です。このバスに乗れば、市内のほとんどの観光地に
行くことができます。また24時間有効なので、お昼ご飯を食べてから乗り、
翌日の朝にもまた乗るという使い方も可能。ハイシーズンにはだいたい30分おき、
ローシーズンでも1時間おきに運行しています。時刻表をもらえるので、きっと効率よく
観光することができるでしょう。なお、バスの中では、ひとりひとりに配られるイヤホンで
オーディオガイドを聞きます。嬉しいことに、日本語もありました♪

SP_0601_0102
<「右に見えますは国立陶器美術館えございま~す^^」>

SP_0601_0103
<「正面に見えるバレンシア銀行の陶器タイルを使った建物にご注目くださ~い^^」>

また、このバスのチケットを持っていると、割引がきく施設やレストランも多数あるそうですよ。

SP_0601_0104
<水族館や科学博物館、IMAXシアターなどがある芸術科学都市>

普段見慣れた風景も、少し高いところから見るだけでずいぶん印象が変わるものですね。
長くバレンシアに住んでいる私も十分に楽しめました。今度日本から友達が来た時は、
ぜひこれに乗りたいと思います。

SP_0601_0105
<旧市街の細い道を抜けるのはなかなかスリリング>

SP_0601_0106
<昔バレンシアを囲んでいた城壁の門のひとつだったセラーノの塔>

このような二階建て観光バスは、スペインのほかの観光地でも走っており、
たいていどこもバレンシア・バス・トゥリスティックと同じシステムです。

世界中の観光地にこの二階建てバスを走らせているイギリスのシティ・サイトシーイング社では、
スペインの以下の9都市でシティ・サイトシーイング・バスを運行しています。
http://www.city-sightseeing.com/ (英語ONLY)
・バルセロナ
・ベナルマデナ
・カディス
・グラナダ
・ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
・マラガ
・パルマ・デ・マジョルカ
・サンタンデール
・セビージャ
SP_0601_0107

たとえばバルセロナの場合、所要時間約2時間の通常2ルート+同40分の季節限定の1ルート、
計44の停留所を自在に乗り降りすることができる上、48時間有効チケットも売っています。
人気観光地だけあって、ハイシーズンでは5分おきに運行することもあるとか。

また、セビージャでは、上記会社以外にTour por Sevillaというバスも走っています。
http://www.busturistico.com/
SP_0601_0108

マドリーでも、マドリー・ビシオンという二階建てバスが走っていたのですが、今年の1月から
運休しているそうです。早く再開してほしいですね。 http://www.madridvision.es/

最後に二階建てバスに乗る方へのアドバイスを。スペインの強い日差しの下では、
サングラスは必需品です。日焼けが気になる方は、日焼け止めや帽子も忘れずに。
真夏出ない限り、太陽が出ていても思ったよりも風が冷たいこともあるので、
あまり薄着で乗らない方がいいかもしれません。

SP_0601_0109
<バレンシア市内のマルバロサビーチに立つラス・アレーナスホテル前にも停まります>

皆さんもスペインのお越しの際には、ぜひ二階建て観光バスでの観光をお楽しみくださいね。

Copyright© 2017 スペイン情報 All Rights Reserved.