JAPON(日本)という姓のあるスペインの町

11 6月
2011年6月11日

今から14年前。まだスペインのことをよく知らなかった頃、セビージャで一緒に住んでいた
スペイン人の友達がコリア・デル・リオという近郊の町に連れて行ってくれました。
そこでグアダルキビール川沿いに立つサムライの銅像を見せられ、なぜこんなところに?
と驚いたことを覚えています。そこには支倉常長と書いてありました。

SP_0601_0201

少し前に支倉常長を描いた遠藤周作の『侍』という小説を読み、コリア・デル・リオ再訪を決めました。

コリア・デル・リオはセビージャの南約15kmに位置し、ローカルバスに乗れば30分ほどの距離にあります。人口は3万人弱。コルドバやセビージャも流れるグアダルキビール川に面しています。

SP_0601_0202

SP_0601_0203

SP_0601_0204

支倉常長の銅像には次のような説明文がついていました(原文の通りです)。

『この銅像は、ヨーロッパへの氏名を受け仙台藩から出帆し、偉業を果たした仙台藩士支倉常長率いる使節団を顕彰する為、1991年10月に宮城県で行われたコリア・デル・リオ市民と青年友好訪問団、“みやぎ創造の翼”の交流を記念し、後に日本の宮城県よりコリア・デル・リオ市へ贈呈された。

慶長遣欧使節団は、仙台藩主伊達政宗の命でフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを正使、支倉常長を副使として慶長18年(1913年)10月28日、月の浦港(宮城県石巻市)を出帆した。ガレオン船の名はサン・フアン・バウティスタ号だった。使節団はメキシコを経てサンルーカル・デ・バラメダに到着し、1614年10月12日コリア・デル・リオに入港、市民の温かい歓迎を受けた。同年10月21日、州都セビリアへ到着。常長は日本とスペインの通商交渉を目的とする政宗からスペイン国王フェリペ3世へ宛てた公式な書状を持参。マドリードでの滞在を経てフランスを通過し、1615年11月3日のローマ教皇パウルス5世との謁見場所となるローマへ向かう。その後滞在場所セビリアへ戻り、1617年7月4日日本へ帰国の途についた』

SP_0601_0205

支倉常長が再度メキシコを経由し1620年に仙台に戻った時には、7年前とは事情が変わり、 幕府からの禁教令が出ていました。遠藤周作の小説ではその2年後の死が処刑だったように 描かれていますが、実際どうだったのか知りたいところですね。常長の息子は、キリシタンの 使用人がいた責任を負って切腹させられ、お家は断絶になったとか。ただ藩のためだけに7年も旅を続けた支倉常長の家がこんな結末で消えるとは・・・。

実は、使節団一行は日本に帰る前にコリア・デル・リオにも滞在し、その時に乗船せず現地に 残った日本人達がいると言われています。スペイン側の古文書にも記録があるとか。
この町独特の苗字JAPON(スペイン語で日本の意)を持つ人々は、彼らの末裔だと考えられているのです。

東日本大震災でゆかりある仙台が大打撃を受けたと聞き、主にJAPON姓の人々が集まって支倉常長の銅像に献花し、黙とうを捧げたというニュースを知った時、とても胸が熱くなりました。
エル・ムンド紙のサイトで動画が見られるので、ぜひともご覧になって下さい。
http://www.elmundo.es/elmundo/2011/03/21/andalucia_sevilla/1300694235.html

私が4月末に訪れた時も、町角でチャリティーイベントや追悼イベントの貼り紙を見かけました。

SP_0601_0206

SP_0601_0207

町の人達が遠い日本に親近感を持ってくれていることが伝わり、嬉しくなりますね。

SP_0601_0208
<こんな看板も発見。“仙台”という名前の保険の代理店>

セビージャからコリア・デル・リオには何路線かバスが出ていますが、サン・テルモ宮殿前のバス停から出ている140番のバスが銅像のある川沿いに停まり、所要時間も短いので便利です。

最後にこの町出身の有名人を紹介したいと思います。1996年度ミス・スペインに輝き、
現在はモデルとして活躍するマリア・ホセ・スアレスです。町を歩いている時に、“マリア・ホセ・スアレス広場”を見つけました。町の自慢なんでしょうね。誰かが、彼女には日本人の血が流れているから少し目がつっている、と言われたことがあるのですが、さて、真相は???

SP_0601_0209

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 スペイン情報 All Rights Reserved.