スペインのトマトいろいろ

04 7月
2011年7月4日

私が一番好きな野菜はトマト。日本に住んでいた時は特に意識していなかったものの、
今では毎日食べるほど好きな野菜になりました。日本のトマトはダメだけど、
スペインのトマトなら食べられるという日本人がいるくらいスペインのトマトはおいしいんですよ。

今の時期に市場に行くと、バラエティ豊かなトマトに出会います。ここに一部をご紹介。

昨夏日本でハマって以来、チェリートマトは我が家の冷蔵庫の定番。お腹が空いた時に、
そのままつまんでいます。赤くて丸いもの以外に細長いもの、色も黄色やオレンジといろんな
種類があります。

SP_0701_0101

サラダに使われる大ぶりなバレンシア産トマト。
緑色のトマトはシャキシャキした歯ごたえもあり、サラダに合います。

SP_0701_0102

最近よく見かける赤黒いトマト、“クマト”。
欧州で新種改良されたトマトだと聞きましたが、日本にもあるのでしょうか?

PhSP_0701_0103

私がイチオシするのは、ラフ・トマト(トマテ・ラフ)。主に南東部アルメリアで作られている

いびつな形をしたトマトで値が張りますが、とにかくジューシーでおいしい!!
一口大に切ったトマトに岩塩をパラパラふりかけ、バージンエキストラのオリーブオイルと
オレガノをかけてシンプルに頂くのがベスト。

SP_0701_0104

トマトソースなど、火を通して使うならトマテ・ペラ。

SP_0701_0105

さて、これらトマトの食べ方ですが、サラダに入れる以外に、ガスパチョやトーストしたバゲットにすりトマトをかけて食べるパン・コン・トマテも定番。ちなみにパン・コン・トマテの本場カタルーニャ州ではパンと一緒に完熟トマトが出てくるので、これを半分に切りトーストされたパンの表面にすりつけて頂きます。

SP_0701_0106
<夏はガスパチョの季節>

SP_0701_0107
<すりおろしトマトをのせたトーストに、さらにチーズをトッピング>

また、ほんのり甘いトマトジャムも簡単に手に入るので、お土産にもいかがでしょうか。
私はクセのある山羊チーズにトマトジャムをのせ、赤ワインのつまみにしています^^

SP_0701_0108

もともとトマトは、15世紀の初めに中米の征服者だったスペイン人エルナン・コルテスが
ヨーロッパに持ち帰ったと言われています。毎年8月にはバレンシア郊外のブニョルでトマトを投げ合うトマト祭り“トマティーナ”も開催され、トマトはスペインゆかりの野菜と言えるでしょう。
市場でも八百屋さんでもスーパーでも、たいていは量り売りなので、1つでも買うことができます。
トマトの季節にスペインにいらっしゃる方は、ぜひおいしいトマトをお試しください。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 スペイン情報 All Rights Reserved.