月別アーカイブ: 8月, 2010

ナポレオンの眠る場所

24 8月
2010年8月24日

パリに住んでいながら、ずっと行ったことのない観光スポットが一つだけありました。
それがナポレオンの眠る、Invalides(アンヴァリッド)です。
アンヴァリッドは、日本語では「廃兵院」と言って、当初はルイ14世が負傷したり病にかかった兵士たちのための病院として建てたものなのだそうです。
ちなみに、今でもここには戦傷兵たちが暮らしているのだとか。
その黄金に光る目立つドーム型の建物は、エッフェル塔の上からもサクレクール寺院からもはっきりとその姿を見ることができます。あの黄金のドームの下にはナポレオンが眠っているのだな、といつも前を通り過ぎるものの、今まで一度も入ったことがありませんでした。

RF_0802_0201

この黄金のドームの真下は、たしかにナポレオンの柩があるのですが、それを囲むようにしてナポレオンの親族や有名な軍人さんたちも眠っています。天井にも素晴らしい絵が。

RF_0802_0202

RF_0802_0203
中に入ってみるとこれは予想以上に大きなナポレオンの柩が。
ナポレオン一人にしては、あまりにも大きすぎないかと思いきや、実はこの柩は6重にもなっているのだそうです。

RF_0802_0204

RF_0802_0205

そんなナポレオンの柩の周りには、このように凝った豪華な柩ばかり。

奥の何か秘密めいた地下への階段を降りると、ナポレオンの柩のすぐ横に降りてきました。
ナポレオンの柩は、なんと二階建て。かなり豪華ですね。

アンヴァリッドにはナポレオンの墓ばかりではなく、軍事博物館もあります。
だからあちこちに大砲や戦車まで置いてあります。

RF_0802_0206

この分野ではかなり大規模なものだそうで、とても充実した博物館になっているので、ナポレオンに拝んだら、是非訪れてみて下さい。

Invalides
129 rue de Grenelle 75007
大人:9ユーロ(オーディオ込み)

バカンス その2

16 8月
2010年8月16日

この日は、カンヌから30分ほど電車に乗りニースへ出かけました。
ニースは言わずと知れた、フランスではパリに次いで2番目に大きな都市で、世界中の人がバカンスに訪れる観光地です。
有名な「プロムナード・デ・ザングレ」は、ニースのシャンゼリゼ(?)ともいえる大きな遊歩道で、このビーチにもこんなに人が溢れています。

RF_0802_0101

人がもっと少なければ泳ごうと思っていましたが、これではビーチの場所取りのほうに時間がかかってしまいそうで、この日は遊歩道を歩くだけにしておきました。
遊歩道には、「ペタンク」をしている人がいっぱい。

RF_0802_0102

ペタンクは、フランス版ゲートボールといったところでしょうか。
木製のボールに金属製の重いボールをそれぞれが投げ合って、相手より近づけることで得点を競うもので、フランス人が大好きなスポーツです。

さて、そろそろお腹もすいたのでお昼を食べにle vieux Nice(旧市街)へ。
ニースの街は、最初に駅を降りると周辺の建物もそれほど美しいとは言えないですし、特に目を引くところもありませんが、旧市街まで歩くと細く入り組んだ道にたくさんの店やレストランが並び、とても魅力的です。
私たちがお昼に選んだレストランは、ここ。

RF_0802_0103

ニースには美味しい名物料理がたくさんありますが、そのなかでもヒヨコ豆のクレープ「ソッカ」というものがあるのですが、このお店が「NISSA SOCCA」という名前なので、ソッカだけを出すレストランなのかなと思いましたが、入ってみるとソッカだけではなくニースの名物料理全般を出しているレストランでした。

RF_0802_0104
ニース名物盛り合わせです。左上から、野菜のフライに玉ねぎとアンチョビのピザ、その横がソッカ、パプリカのマリネとサラダ、ラタトゥーユです。

RF_0802_0105
ちなみに、ソッカはこんなふうに作るんですね。

RF_0802_0106
とにかく魚や野菜のフライが多いです。

RF_0802_0107
デザートには、このお店でビスケットを大量に買いました。

故障した船に乗っている家族にも忘れずにお土産を買って、日帰りのニースの旅を終え船に戻りました。

バカンス その1

09 8月
2010年8月9日

フランスの一年のなかでも大きなお祭りであるキャトーズ・ジュイエ(7月14日の革命記念日)が終わると、パリでもたくさんのお店やレストランが本格的なバカンスに入り、パリに住む人々は南仏や海外に一斉に出てしまい、パリはパリジャンのいない旅行客だけのパリになります。夏に日本からフランスに旅行に来られる方は、お目当てのお店やレストランがあらかじめ開いているかどうかは、あらかじめチェックしておいたほうがいいかもしれませんね。
ただ、ニースやカンヌなど南仏の大きな都市は、この時期はパリなどに比べても世界中からバカンスで訪れる人が多いからか、たくさんのお店やレストランが開いています。
だいたい夏のバカンスは南仏に出かける我が家ですが、そう思うとこの時期に南仏にいる人たちの多くは、パリと同じで南仏に住んでいる人ではなく旅行者ばかりなんですよね。
バカンス真っ只中の7月にカンヌやニースを訪れると、たしかに気候も海の気温も最高ですが、やっぱり人が多いのが残念なところです。
美しい南仏の村や青い海をより楽しむには、7月、8月のこのバカンスをずらして訪れるのがオススメです。

今年はバカンスの真っ只中にバカンスをとってしまった私たち。
今年訪れたのは、カンヌの近くのMandelieu-la-Napoule(マンデリュー・ラ・ナプール)という港。義父母の船がこの港に泊まっています。

RF_0801_0201

毎年、義父母の船に私たち夫婦二人で4~5日泊まりに行くのが恒例なのですが、船が常にあちこちの港や島を回っているので直前まで私たちの行き先が決まりません。(笑)
マンデリュー・ラ・ナプールは、カンヌのすぐ近くの港町ですが、今回はこの時期人が多いのでカンヌの街は歩かずに、すぐ近くのビーチで泳ぎました。

RF_0801_0202

次の日は、船は置き去りにして、小さな連絡船に乗ってカンヌ近くのIles-de Lerins(レラン諸島)に泳ぎに行きました。

RF_0801_0203

RF_0801_0204

RF_0801_0205

その夜私たちの船は故障し(笑)、船をまた置き去りにして、次の日は電車で30分ほどのニースへ出かけます。
ニースの街は、また次回のお楽しみです。

夏祭り

04 8月
2010年8月4日

日本の夏といえば、子供たちが大好きな夏祭り。パリには日本のお祭こそありませんが、大きな公園には毎年夏のあいだだけ移動遊園地がやって来ます。
近所のチュイルリー公園にも20年以上続く毎年恒例の移動遊園地がやって来ました。毎年、知らない間に遊園地の観覧車が聳え立っていますが、今年はたまたま朝ランニングをしているときに観覧車が組み立てられていく場面に出会えました。その組み立て作業のスピードの速いこと!
観覧車だけではありません。本物の遊園地並みに、ウォータースライダーやお化け屋敷、メリーゴーラウンド、空中ブランコなどもあります。こんなに簡単に遊園地の乗り物ができてしまうなんて、逆に大丈夫なのかといつも心配になってしまうのは私だけなのでしょうか(笑)

RF_0801_0101

こちらの堂々と聳える観覧車、写真ではわかりませんが、回転するスピードが日本のものに比べるとビックリするぐらい速いのです。
心臓の弱い方はやめておいたほうがいいかもしれませんね。

RF_0801_0102
小さいお子さん用のこんな乗り物から…

RF_0801_0103
こんなウォータースライダーまで、一つずつ乗り物に乗る度にお金を払います。

RF_0801_0104
逆バンジー(?)は大迫力です。

乗り物にお金がかかるだけで、入場して歩き回るのはもちろん無料。
写真を撮っている観光客の方もたくさんいらっしゃいます。
散歩がてらにふらっと行って、雰囲気を味わうだけでも楽しいですよね。
日本の夏祭りなら、たこ焼きやフランクフルトなどを食べながら歩き回りますね。
ここではどんなものを食べるのかというと….

 

RF_0801_0106

串焼きやハンバーグステーキ、ケバブやサンドウィッチ、甘いものではクレープやチュロス、ベルギーワッフル、アイスクリーム、りんごあめ、それからこちらでも綿あめが人気なんです。
ちなみに綿あめはフランス語で「バーバパパ」と呼ぶんですが、私はずっとあのキャラクターの「バーバ・パパ」の形に似ているからなのかと思っていたのですが、実は「バーブ・ア・パパ」(お父さんのヒゲ)なのだということを最近知りました。

夏が来るとともにやって来て、夏が終わると去っていくそんな楽しく切ない夏だけの遊園地は8月末までです。

Copyright© 2018 フランス情報 All Rights Reserved.