月別アーカイブ: 3月, 2011

日曜日は何をする?

28 3月
2011年3月28日

フランスを旅すると日曜日に何もない!お店が閉まっている!
特に地方の町を歩くと誰も見かけないような静かな日曜日があるもの。
何も予定のない日曜日があれば、マルシェを歩いてみてはいかがでしょう。
マルシェは、地域の生産者が集まって小さなお店を構えます。大抵、週末の土曜日、日曜日に開催されます。フランスでは、マルシェで一週間分の家族の買い物をする人も多いようです。
フレッシュな野菜や魚などの食品、服やかごなどの日常品や花などが揃います。
RF03020201
フランス人は、
『1kgのにんじんをちょうだい』
などと、お店の人から購入します。
『今週末食べるチーズが欲しいんだけど』
とお客様に合わせてカスタマイズをしてくれるのもありがたいところ。
また、スーパー・マーケットなどに比べると、フレッシュな食品が手に入るよう。
そして、何といっても生産者とコミュニケーションしながらショッピングできるのがマルシェの良いところです。

RF03020202
地域の名産品や職人の作った食品も手に入るので、おみやげ探しにも重宝します。手作り石けんやハーブティー、編みかご、味付きオリーブ、ジャム、オイルなども見かけました。
RF03020203
量り売りなので、試し買いもOK。レストランに行くほどお腹がすいていないなんて時のホテルでの簡単なランチにも良さそうです。近くのブーランジュリーでバゲットとワインを買って、公園でピクニックも良いですね。
RF03020204
お惣菜は、小さなパックに入れてくれます。どれもおいしそうで迷ってしまいます。
マルシェでは基本的に袋をもらえませんので、お買い物バックを持参した方が無難です。
もしなければ、袋を下さいというともらえる所もありますよ。
フランス人のようにパニエ(編みかご)もかわいいですね。
RF03020205

ちいさなカモやウサギも売っています。 きゃー、かわいい!?いえいえ、これは『食べる』用の動物。フランスではウサギを煮込んでいただきます。繊細なブイヨンが出ます。
RF03020206
マルシェを見つけるにはどうすれば良いのでしょう。
●町のサイトにアクセスして“marche”で検索する。
●観光局「オフィス・ド・ツーリズム」で問い合わせる。
などの方法であらかじめ調べる。
町によってはレ・アル(中央市場)を併設するところもあるので、こちらを目指してみてください。
マルシェは大抵町の中心部、教会の前や市役所や町役場の前で開かれることが多いのでチェックしてみると良いでしょう。

RF03020207

フランス風串揚げ

20 3月
2011年3月20日

3月になったとはいっても、まだまだ寒い日が続くパリ。そんなときにフランスで暖かい料理といえば、サヴォア地方のチーズフォンデュが有名ですが、オイルフォンデュ(フォンデュ・ブルギニョン)というものもあります。

生の肉を串でさして油の中に入れて、いくつかのソースなどにつけて食べるいわゆる衣のない串揚げなのです。

たいていは家庭やパーティーなどでやるものなのですが、我が家にはフォンデュセットがない。そこでフォンデュ・ブルギニョンを出すレストランに行くことにしました。

RF_0302_0201

場所はサンミッシェルなので少し観光者向けエリアのレストランですが、味はおいしかったです。

RF_0302_0202

RF_0302_0203

ワインとサラダ、ポテトなどもついて一人24ユーロ(日本円で約3,000円)というわりとお得なセットでした。

 

 

Auberge Notre Dame

69 quai de la Tournelle

最寄駅:St.Michel

01.43.25.99.98

「OMNIVORE」オムニヴォー

12 3月
2011年3月12日

白い砂浜の海岸沿いは板張りにされ、海辺をゆっくりと散歩する人々が見られます。ノルマンディーのドーヴィルはパリからも近く、、パリジャンたちがバカンスを過ごす避暑地。また映画『男と女』の舞台のもなり、世界中のセレブリティが集まる映画祭も開かれます。
サヴィニャックの町『トルヴィル』が隣接して、建物の壁にサヴィニャックのイラストを町のあちらこちらで見ることができます。
RF03020101
今日は、フランスで一番大きいガストロのミックのイベント「OMNIVORE」オムニヴォー(雑食のという意味です)が開かれるドーヴィルへ行ってきました。
世界中の有名レストランのシェフ、特に若いシェフにスポットを当て、今ガストロノミーでは何が起こっているのかが分かるイベントです。
今回は、
『世界で一番おいしいレストラン』
に選ばれたコペンハーゲンのレストラン『noma』のキュイジニエ、パティシェが招待されています。他にもパリのトップ・ショコラティエ『パトリック・ロジェ氏』やシンガポールの詩的料理人『アンドレ・チャン』など、注目すべきシェフ揃い。
RF03020102
それぞれのシェフが特設ステージ上でパフォーマンスをし、司会が質問しながら進めていくのでわかりやすいです。
RF03020103
注目のコペンハーゲンのレストラン『noma』のパフォーマンスがありました。シェフ・パティシェはなんと26歳。若い女性シェフ、ロシオは、45分という制限時間で5種類のデセールを仕上げます。デンマークの伝統をふまえながら北欧の生産物を中心に新しい技術でデザートを仕上げます。
スカンポという酸味のある伝統野菜を取り入れたソース。深いオリーブ・グリーンがきれい。ミルクアイスには、野草のリキュールとりんご酢をスプレーして香り付けます。
司会者もついていけないほどのスピードで次々と5皿のデセールができました。
『デセールには、重いもの、甘すぎるものは作りません』
『新しい、どこにもないものを作ることに挑戦していきます』
とのこと。お見事!!でした。
RF03020104
40人のシェフたちが繰り広げたパフォーマンス。そこにある素材でどう組み立てるか、どのようにお客様にサービスするか、味の創造‥キュイジニエやパティシェってクリエーターでもあるのですね。その中でも頂点に立つシェフたちの集中力と、それぞれのフィロソフィー、一点へのこだわり。そこから一流と呼ばれる料理が産まれるのだなあ、と感動。
RF03020105
イベント情報
2011年20、21、22日開催
「OMNIVORE」オムニヴォー
http://www.omnivore.fr/(フランス語のみ)
開催地 ドーヴィル
RF03020106

マルセイユ

06 3月
2011年3月6日

南仏プロヴァンスといえば、碧い海、太陽の光をたっぷり受けたさまざまなハーブ、ローマ時代の遺跡。
『バカンスに南(フランス)に行ってくる』
とフランス人がよく口にします。プロヴァンスは、フランス人が憧れるバカンス地のひとつです。
今回は、プロヴァンスの中心地、港町として紀元前からの歴史がある『マルセイユ』の町を訪ねてみましょう。
RF0301_0201
フランス最大の港、地中海を挟んで、アフリカ大陸や中近東と繋がるマルセイユは、文化と人種の交流点。エメラルドグリーンの海が入りくんでカランクを作り、ビーチやクルーズを楽しめるのも魅力です。
高速電車でパリから3時間。赤い岩山を抜けるとマルセイユに到着。
マルセイユ駅は高台で海や町、教会が見渡せて、開放感たっぷり。駅からまっすぐに伸びるエキゾチックな店が軒を連ねるカヌビエール通りを抜けると、旧港に出ます。紺碧の海にヨットが停泊して、旧港のまわりには漁師の小さなマルシェが立つことも。
RF0301_0202
高台に見えるのは『ノートルダム・ド・ラ・ギャルド』です。
航海の無事を祈るマリアさまを祀る聖堂は、ローマ・ビザンチン様式の広大な建物。海抜162メートルの丘からは、海や『モンテクリスト伯』の舞台となったイフ島、旧港、町を見渡します。
RF0301_0203
ノートルダム・ド・ラ・ギャルド ・バジリカ聖堂から旧港を挟んだパニエ地区は、旧市街で散策にもオススメです。車がやっと通れる道にカモメが飛んでいます。
RF0301_0204
マルセイユのもうひとつの魅力は、アフリカや中近東の食材。マーケットやお店で購入できます。フランス全土で良く見かけるケバブ(アラブ風サンドイッチ)ですが、マルセイユのケバブは高レベル。
忘れてはいけないのが、マルセイユの地方料理『ブイヤベース』。漁師が様々な種類の魚で煮込んだのが始まりです。レストランで注文すると、スープが前菜として出て来ます。このスープに『ルイユ』というニンニクペーストを添えて食べるのがマルセイユ風。おろしたチーズを乗せたパンを浸していただきます。
主菜には、魚が出て来ますが、スープだけでもおなかいっぱいになりそうです。
RF0301_0205
おなかが一杯になったら、断崖に囲まれた入り江『カランク』へ散歩もいいですね。
アートの町を宣言したマルセイユのアート巡りも良さそうです。美術館や現代アートのイ
ベントが開催されます。
ラ・シテ デザール ド・ラ・リューLa Cite des Arts de la Rueは、町に突然現れるアートパフォーマンス。http://www.marseille.fr/sitevdm/culture/la-cite-des-arts-de-la-rue情報はこちらから。
町を歩いているとこんなものを見つけました。おみやげにも良さそうです。
RF0301_0206
マルセイユ石けん。本物のマルセイユ石けんは、プロヴァンス特産のオリーブオイルをたっぷり含みます。ラベンダーなどの香りのものも。
RF0301_0207
こちらは、ナベット。長細いバゲットのようなクッキーです。オレンジの花の香りがただよって、プロヴァンスらしいお菓子。200年の歴史があるFOUR DES NAVETTES (フール・デ・ナベット)は、大きな薪釜で焼き上げます。いつもたくさんの人でにぎわっています。

恋人の日

04 3月
2011年3月4日

フランスのバレンタインデーでには、同僚に義理チョコを買ったり恋人に手作りのチョコレートを贈る女性の姿は見られません。

この国のSt.Valentinは日本ほど大々的なイベントではなく、パティシエやショコラティエがハート形のスペシャルデザートを作ったり、レストランが特別ディナーを用意し、男性が女性にプレゼントを贈ったりディナーに誘ったりする日です。

つまり恋人のいない人や結婚していない人、子供たちなどにとっては全く縁のないイベントなのです。

 

ちなみに今年の我が家のバレンタインは、レストランでの食事と私の大好きなパティスリー「Stohrer」のケーキでした。

RF_0302_0101

マカロン生地にクリームやフルーツなどが入ったとっても美味しいケーキでした。

 

RF_0302_0102

ちなみにここはパリで一番古いパティスリーで、エリザベス女王も来たことがあるとか。

 

Stohrer

51, rue Montorqueil 75002

01.42.33.38.20

最寄駅:Les Halles

『フィナンシェ』

01 3月
2011年3月1日

19世紀に発明された焼き菓子が、パリでリバイバル!?

 きつね色に焼き上げた小さな長方形の焼き菓子をフィナンシェと呼びます。 まわりはさくっと、中はしっとり、口の中で焦がしバターがふんわりと広がります。

RF0301_0101

フィナンシェは19世紀にパリの証券取引所近くののブーランジェリーが発明したお菓子で、金融家がスーツを汚さずに食べることができるように小さく焼いたのだとか。

金融家にちなんで金の延べ棒の形に焼き上げて、パリで人気のお菓子になりました。

お菓子にフィナンシェ(金融資本家)と名付けるところ、フランス人の発想の豊かさを感じます。

100年以上も前に発明されたフィナンシェが今年パリで流行しています。

卵、砂糖、アーモンド、バターといったシンプルなレシピのフィナンシェは、パティシェのちょっとしたさじ加減で全く味の違うものに変わります。

フィガロ誌でも取り上げられ、フレッシュさ、外観、味、値段を吟味してパリの優れたフィナンシェのランキングを発表しました。

1位は、7区のラスパイユ通り、2010年にオープンしたばかりの

ユゴー・ヴィクトール Hugo & Victor

40, BD Raspail

まん中がほっこり割れておいしそう!

オーナーはギー・サヴォワのシェフを務めた腕前。

2位 ムーラン・ド・ラ・ヴィエルジュ Le Moulin de la Vierge

3位  ル・ブレ・シュクレ Le Blé sucré

3位 ジェラール・ミュロ Gérard Mulot

(フィガロ 2011年1月24日より)

タイユヴァンやトゥール・ダルジャン、シャンゼリゼ界隈の高級ホテル『プラザ・アテネ

』でもコーヒーといただくことができます。

RF0301_0102

ホテルプラザ・アテネでは宿泊客以外でもフィナンシェを楽しむことができます。

フランス人はお腹がすいた時、パティスリーでお菓子を買います。フィナンシェもそんな気取らないお菓子のひとつ。他にもこんなお菓子をつまむ姿が見られます。例えば‥

RF0301_0103

小さなタルトレット。さくらんぼやりんご、洋梨など季節のフルーツが乗っています。パティスリーで買うとお菓子を紙に包んでくれます。

 RF0301_0104

日本ではあまり馴染みのない『フラン』ですが、パティスリーに必ずある定番菓子がこちら。何も入っていないナチュラル、プルーン入りなどがあります。おなかにしっかりたまります。

フランス人は食後にデザートを食べる習慣があり、お腹がすいた時にはプチパンやタルトをいただきます。

みなさんもパリ散策でお腹がすいたら、焼きたてのフィナンシェやプチ・スイーツを試してみて下さいね。

Copyright© 2018 フランス情報 All Rights Reserved.