ナント。

09 5月
2011年5月9日

工業の町「ナント」というと、どこか暗くてあまり良いイメージは持たないかもしれません。ナントは、工業を背景にアートパワーに溢れる活気に満ちた町。タイム紙で「住んでみたい町」にも選ばれたナントの町を今回は、ご紹介したいと思います。
まず足を運んで欲しいのが、「Les machines de l’il」巨大な木製の象が古い造船所跡に佇んでいます。大道芸人だったアーテティストが、木製象や動物を表現したもの。木や皮を用いた動物は、架空のようでありながら実物のようにリアル。象に乗って町を散歩することもできます。
手作りの動物たちと、人間の想像力に圧倒されること間違いなしです。
RF 0501 0201
レ・マシン・ド・イルLes Machines de l’ile
Les Chantiers 
Bd Léon Bureau – 44 200 Nantes
アンヌ・ド・ブルターニュ橋pont Anne de Bretagneのすぐ近く
トラム (路面電車)1番線 : シャンティエナヴァル«Chantiers Navals»で下車
ホームページ http://www.lesmachines-nantes.fr
なんともかわいらしいビスケット「プチ・ブール」は、フランスで一番有名なビスケット。お菓子メーカー「LU」が発明したフランスの代表的なおやつ菓子。バターの香りと食べやすい甘み、かわいらしいデザインは、お菓子の楽しみを備えた名品。
RF 0501 0202
シャルルマーニュ風の工場は、ナント市民に愛されてきました。その旧工場跡をそのまま残し、アート・スペースに改造したのが「リユー・ユニック」カフェ空間、アート、シネマ、音楽、ブック・ショップ、サウナなどが楽しめるスポット。
RF 0501 0203
国鉄SNCFのナント駅のすぐ裏手。
リユー・ユニックLieu unique
住所 quai Ferdinand-Favre BP 2130444013 Nantes Cedex 1
ホームページ http://www.lelieuunique.com
町の中心サントル・ヴィルを訪ねてみましょう。
パリでよく見かけるパサージュと呼ばれるショッピング・アーケード。19世紀に流行し、今でも各地に残ります。当時の雰囲気が残り、なんだか誰も知らない裏通りを見つけたような嬉しさ。ナントのパサージュは、3層構造でフランスでもここでしか見ることができません。
パサージュ・ポムレ(passage Pommeraye)
旧市街とサンピエール大聖堂を結ぶクレビヨン通り(R Crébillon)の中間に位置します。
RF 0501 0204
朝霧のロワール河、ブルターニュ大公城、サンピエール大聖堂、フランスの人気小説家ジュルヴェルヌ博物館など他にも見どころがたくさん。古く、ブルターニュの政治の中心地から栄えた古い町、そして現代のアートや工業といつも活気に溢れるナントの町を訪ねてみてはいかがでしょうか。
RF 0501 0205

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 フランス情報 All Rights Reserved.