ロイヤル・ウェディング!!

12 5月
2011年5月12日

ウィリアム皇太子とケイト・ミドルトンさんの「ロイヤル・ウェディング」。
これを書いている時点で、ついにあと数日まで迫ってきました!
(この原稿が掲載されるころには既に終わっているはずです。)

UK_0501_0101

言うまでもありませんが、英国ではここしばらく、この話題で盛り上がりまくっています。
女性誌はもちろんのこと、新聞やテレビ、ラジオなどでも、とにかくウェディング関連の話題ばかり。
ケイトさんのファッション・チェックにはじまり、ミドルトン家の家系図をたどるTV番組
(遠い親類にはフィッシュ&チップス店のオーナーもいるんだとか!)、
はたまた故ダイアナ妃とケイトさんを比較した記事などなど、
よくもまあこれだけ色々と出てくるものです。

UK_0501_0102

こちらはグリニッジにある、とあるお土産屋さんのショーウィンドウ。
ウェディングにあやかったディスプレイもあちこちで見られます。

UK_0501_0103

記念グッズに、王室関連の本やDVD、
そしてお祝いをするなら英国旗デザインの紙皿に紙コップと、もう何でもあり状態です!

UK_0501_0104

なんと、灰皿までありました。
王室メンバーの顔写真の上でタバコをもみ消せるなんて最高!と、
これぞ、イギリス流ブラックユーモア炸裂といったところでしょうか(苦笑)。

UK_0501_0105

私もすっかり誘惑に負けて、マクビティの結婚記念ビスケット缶を買ってしまいました!
マクビティは、日本でも買えるダイジェスティブ・ビスケットで有名な王室御用達ブランド。
色々な種類のビスケットが揃っていて、美味しかったです 🙂

UK_0501_0106

今はリージェント・ストリートも端から端までユニオン・ジャックで装飾されていて、
その見ごたえのある光景にはちょっと感動してしまいました。
イギリスは日本に比べて祝日が少ないのですが、
今年は4月後半から5月にかけて、イースター休暇とロイヤル・ウェディングの特別休暇、
5月頭のバンクホリデーが立て続けにあり、まるで日本のゴールデンウィークのよう。
我々一般庶民も思わぬ恩恵にあずかることができました。
残すところあと数日、めったに味わうことのできない国をあげた祝福ムードを楽しみたいと思います。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 イギリス情報 All Rights Reserved.