13 8月

イギリス基本情報

国名
英国 
OFFICIALNAME
グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国 
国名現地語
United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
国旗
uk
首都
ロンドン
面積
約24万3305k㎡
言語
英語
国概要
新しいカルチャーが次々と誕生している大都市ロンドン。独自の文化が息づくウェールズ、古き良きイギリスをそのまま残しているような郊外のたたずまいには豊かな感性とゆとりを感じる。それぞれに味わい深い地域を訪ねよう。
気候と服装
ロンドンは緯度でいうと札幌より北に位置するため冬は厳寒のイメージがあるが、暖流と偏西風の影響で気候は比較的穏やか。1年中霧のような雨が降るため日本より肌寒く感じることが多い。
エディンバラはロンドンより少し寒い程度で季節による気温差はあまりないが、夏は短く、寒い時期が長い。英国は1日の中に四季があるといわれるほど天気が変わる。予報があてにならないので、上着と雨具は常に持参しよう。
気候
〔春・秋〕春は日中暖かい日でも朝晩は冷え込む。1年の中でも天気が目まぐるしく変わり、晴天と思えば、突然スコールのような雨が降り出したりする。秋は曇りの日が多く、9月中旬以降、朝晩はかなり冷え込む。
〔夏〕ロンドン:30℃近くになる日もあるが、湿度が低いためカラッとしている。日没後は急に寒くなることもある。
エディンバラ:平均気温19℃前後と日中は涼しく過ごしやすいが、朝晩は肌寒い。
 〔冬〕日本の冬服よりも万全の防寒対策をしよう。厚手のコート、帽子、手袋などは必需品。使い捨てのカイロが重宝する。
服装
〔春・秋〕肌寒い日が比較的多いので、薄手のセーターとコートを用意しよう。秋は9月中旬以降、日本の冬服が必要になる。ストーブを使用するほど寒い日もある。
〔夏〕ロンドン:日中は日差しが強いので、Tシャツ1枚で十分。ただし、朝晩や日没後は肌寒いくらいなので、薄手の上着も用意しよう。エディンバラ:涼しい日が多いので、半袖ではなく吸収性のよい長袖で。朝晩はさらに冷え込むので、温度調節のできる上着も持参しよう。
〔冬〕日本の冬服よりも万全の防寒対策をしよう。厚手のコート、帽子、手袋などは必需品。使い捨てのカイロが重宝する。
TPO
〔寺院・教会〕ノースリーブや短パン、ミニスカートなど露出の多い服は避けること。神聖な場所だということを忘れないようにしよう。
〔ディナー・観劇〕ジーンズやスニーカーでなければ、さしつかえないが、最低限の身だしなみに注意し、場の雰囲気を壊さないように心がけたい。
プラグ
電圧は240ボルト、50ヘルツ。日本製は変圧器内蔵の電気製品のみ使用可。プラグは先が四角い三股のBFタイプを準備しよう。
プラグ写真
101_plug_240_50
お札
101eng_pond
コイン
101eng_pond_coin
通貨
通貨単位はポンド、補助単位はペンス。紙幣は5、10、20、50ポンド。硬貨は1、2、5、10、20、50ペンスと1、2ポンド。1ポンド=100ペンス。スコットランド、北アイルランドでは独自デザインの通貨を発行。英国全域で使用することができるが店舗などによっては使用を断られることもあるようだ。
休日・祝祭日
〔2013年の祝祭日〕
1月1日 元日
1月第3月曜 キング牧師の誕生日(※)
2月第3月曜 プレジデント・デー(※)
3月26日 クヒオ・デー
3月下旬~4月下旬 聖金曜日(※)
5月最終月曜 戦没将兵記念日(※)
6月11日 カメハメハ・デー
7月4日 アメリカ独立記念日
8月第3金曜 州立記念日(※)
9月第1月曜 労働祭(※)
10月第2月曜 コロンブス・デー
11月11日 復員軍人の日
11月第4木曜 感謝祭(※)
12月25日 クリスマス
(※の祝祭日は年によって変動あり)
トイレ
街中に公衆トイレは多いが有料で20ペンス。「vacant」のランプがついていたら空いているサイン。公園にもあるが、夜間は危険なので使わないこと。
水事情
水道水も飲めるが敏感な人はミネラル・ウォーターの購入を。non-gus(ノンガス)の記載がないものは炭酸入りなので間違えないように。
チップ
サービス料込みの場合はポーター以外、基本的にチップは不要。劇場や映画館の案内係には必要ない。サービス料が含まれていない場合は次の通り。〔チップの目安〕●タクシー:料金の10~15% ●レストランやパブ:料金の10~15% ●ポーター:荷物1個50ペンス~1ポンド ●クローク:20ペンス~1ポンド ●トイレ:10~20ペンス
治安
ヨーロッパの中では治安はよいほうで、常識的な行動をしていれば問題はない。しかし、ロンドンでは地下鉄やストリート・マーケットで、またエディンバラでは、夏に開催されるフェスティバルなどの人込みでスリに対する注意が必要。
時差
英国は日本より-9時間。日本が正午の時、英国は午前3時。3月の最終日曜から10月の最終土曜まではサマータイムとなり、時差は8時間となる。
Copyright© 2018 イギリス情報 All Rights Reserved.