カテゴリー: グルメ

仮装のイベント、ファッシング!

20 2月
2011年2月20日

2月に入るとドイツのデパートでは仮装の衣装が売られ始めます。
定番なのはピエロや魔法使い、虎など動物の衣装です。
これは老若男女かまわず楽しめるイベント、ファッシング(Fasching)のため。
(ファッシングのことを「カーニバル」と言うこともあります。)

キリスト教の大事な儀式、イースター(キリストの復活記念祭)の前には
昔、厳しい断食期間がありました。中世では禁欲と辛い食事制限を乗り越えるために
断食の前にお祭りを開催するのが習慣でした。これがファッシングの起源です。
今日では国民の間では宗教的な意味は薄くなってきていますが、今でも
ヨーロッパの数か国で盛大に祝われています。

DE_0202_0201

私がオーストリアに住んでいた小学生時代では一日授業をお休みし、
ファッシングパーティーをしました。生徒と先生みんなで仮装をして
学校でお菓子を食べたり、ゲームをして遊びました。
ちなみに今年のファッシングは3月3日から9日、2012年は2月16日から22日
の間に行われます。

ファッシングの利点は大人でも参加できること!!ドイツ内でファッシングで
有名な町といえばケルンとマインツ。「バラの月曜日」(今年だと3月7日に
あたります。)には両方の町で大きなパレードが見られます。
観客ももちろん仮装します!

DE_0202_0202

旅行する際にこのイベントに参加したい方は衣装をそろえた方がいいですよ!
顔も塗れば本格的です!プラスチックのラッパなども用意したら盛り上がります。

そしてファッシングでよく食べる菓子パンもぜひ味見してみてください!
クラプフェン(Krapfen)といわれる丸いパンはクリスマスにも売られていますが、
もとはと言えばファッシング定番の食べ物です。
中にはマーマレード、チョコクリーム、バニラクリームなどがはいっています。
生地はもちっとしていておいしいですよ!

DE_0202_0203

ドイツに潜む日本の「味」

07 2月
2011年2月7日

仕事上いろんな雑誌と新聞に目を通します。
ファッション誌、旅行雑誌、芸能ニュースばかり載せる娯楽誌など
読むジャンルは様々です。
記事にはもちろんドイツ語の単語がずらりと並んでいます。
たまに出てくる日本語といえば”Sushi”、”Karate”、”Tsunami”ぐらいです。
でも近頃新しい日本語単語がドイツ語に浸透しています。
それは流行の食べ物やスポーツでもなく、日本にあってドイツには
今まで言葉としてなかった舌の感覚、うま味(”umami”)です。

30~40代女性向けのファッション誌 Madameでは新種な味として
うま味を紹介しています。マックス・プランク研究所のヴィルギス氏との
インタビューではこう解釈されています。

„Q: Es gibt süß, salzig, sauer und bitter – und umami. Wie schmeckt denn umami?
A: Träufeln Sie sich etwas Sojasauce auf die Zunge und halten Sie sich die Nase zu, dann können Sie es schmecken.“
(Madame2011年2月号から引用)

(訳:「Q:味には甘い、しょっぱい、酸っぱいと苦い、そしてうま味があります。
うま味はどんな味なのですか?
A:舌の上に醤油を少し垂らし、鼻を押さえてみて下さい。そうしたらうま味を
味わえますよ。」)

うま味が表す味は甘い、しょっぱいのように具体的には説明できませんが、
要は食材が本来持っている味を引き出せるとうま味を感じますよね。
大手スーパーで買ったトマトよりも田舎の無農薬のトマトの方が
おいしいと感じることが、うま味があるかないか区別できるということです。
この感覚は日本人なら誰でも知っていると思いますが、どうやらドイツには
今までそれを表す言葉がなかったようです。

ドイツ人がうま味を強く求める料理は何かな、と考えたら真っ先に
シュヴァイネブラーテン(Schweinebraten、ローストポークのこと。)が
思い浮かびました。

DE_0201_0101

シュヴァイネブラーテンは調理法が難しく、庶民的だけどドイツ人なら
誰でも作れるというわけではありません。
それでも特に南ドイツのバイエルン州で人気がある伝統料理です。
シュヴァイネブラーテンを作る際に問われるのは
・お肉の焼き加減と柔らかさ
・黒ビールを使ったソースの味
・お肉とソースのマッチ具合

この3点がそろえばおいしくて、うま味があるとドイツ人も納得するでしょう!
もちろん鮮度が落ちたお肉は使わない。
飲んでもおいしくないビールは用いらない。

ちなみにシュヴァイネブラーテンには大抵じゃがいものお団子(画像参照)
もしくは油炒めが付いてきます。必ず満腹になれる食事です(笑)

グルメ好きなドイツ人の友達は「ドイツ料理レストランのレベルは
シュヴァイネブラーテンの味で決まる!」と断言していました(笑)
そんな彼も認めるおすすめのレストランがミュンヘンにあります。
静かで古い建物が並ぶ通りにあるカイザーガーデン(Kaisergarten)では
本場のシュヴァイネブラーテンを楽しめます。アットホームな雰囲気で味は抜群。
Umamiをたっぷり感じられる料理に出会えます!
興味がある方はぜひhttp://www.kaisergarten.comでチェックしてみて下さい。
平日でも人気があるので予約をおすすめします!

クリスマス・マーケット散策

14 12月
2010年12月14日

ドイツでは11月中頃から初雪が降り出し、辺りが一段と冬らしくなります。

冬が来たことを伝えるのは雪や低気温だけではなく、いろんな広場で

開催されるクリスマス・マーケットです。

町によって多少の違いはありますが、大体11月25日からお祭り騒ぎが始まります。

続きを読む →

ドイツ風お酒の楽しみ方

28 10月
2010年10月28日

「ドイツ人はやっぱりビールとソーセージを好むの?」と日本に一時帰国すると

聞かれますが、はい、否定はしません。確かにオクトーバーフェストがあるぐらいだからビールもたくさん飲むし、ソーセージの屋台も街で見かけます。

でももちろんビールが苦手なドイツ人も存在します。幸いビール以外に

ドイツ特有のお酒もたくさんあります。

今回は大人の旅行の醍醐味、お酒についてご紹介します。

続きを読む →

Copyright© 2017 ドイツ情報 All Rights Reserved.