月別アーカイブ: 5月, 2011

ドイツの反原子力運動

20 5月
2011年5月20日

3月11日に東日本大震災が起きて以来、ドイツではいろんな団体、企業が
日本のための募金活動を始め、誰もが原子力に抵抗するようになりました。
2か月経った今では多少ほとぼりは冷めましたが、当時は
友人から電話にメール、上司や同僚には毎日のように家族の安否と
放射能の影響を聞かれ、心配してくれる周りの人の優しさに感動したものです。
(出張中の社長はわざわざ電話をくれて「家族と話したい時は
いつでも会社の電話で日本にかけていいからね!」とまで言って
くださいました・・・泣)

原子力発電所はドイツにも複数あり、中には古くて安全性が保障できない
発電所は日本の地震後すぐに運転停止になりました。
3月26日には早速ベルリン、ハンブルグ、ケルンとミュンヘンで
大規模な反原子力デモを実行。地震が起きてまだ間もないのに即座に
エネルギー政策に取り組むドイツ人の行動力に感心しました。
4大都市で集まった参加者は約210万人。反原子力デモは過去にもありましたが、
これだけの人数が集まったのは初めてだそうです。
(若者の参加が特に目立ちました。)

DE_0502_0201

(前回の記事でも紹介した反原子力運動のお日様マークです。)

DE_0502_0202

(手持ちの旗には「運転停止!すぐに&世界中で!」と書かれています。)

一般人を除いて参加したのは反原子力団体や自然保護団体の他に
自然エネルギーを推進するSPD党(=ドイツ社会民主党)や緑の党員達です。
逆に反原子力運動の「敵」とされたのはメルケル首相を含むCDU党
(=キリスト教民主同盟)やFDP党(=自由民主党)です。

DE_0502_0203

(メルケル首相などを皮肉に描いた看板。原発内の炉心溶融に掛けて
「脳内溶融は止められるのか?」と書かれています。)

これは列車に乗ってドイツの田舎を見てみると気が付くことなのですが、
光電装置が付けられている屋根をよく見かけます。ドイツが日本よりも
積極的にエネルギー政策に取り組んでいるのは確かなのですが、
福島の事件があってからその傾向が更に強まったといえるでしょう。

DE_0502_0204

その結果、今月の初めには北ドイツのバルト海岸付近にウィンドファームが
設立されました。「Baltic 1」と呼ばれるこのウィンドファームは21台の
風力発電機から成っていて、5万世帯に電気を供給できるといわれています。
2年後には新たなウィンドファーム「Baltic 2」が完成する予定です。

自然エネルギー政策は順調に進んでいるように思われますが、懸念もあります。
まず早まった反原子力運動は国内の電気代を高めてしまう可能性があります。
新たな自然エネルギー発電所の設立、古い原発の解体などは数十億ユーロ
かかると予想されています。

そして果たして自然エネルギーは人々の生活に足りるのか。
例えば屋根などに設置されている光電装置は日が照っている時にしか
働かないため、夜や曇りの日のために十分なエネルギーを蓄えられるかが
問題です。
その心配がいらない天然ガス発電所や石炭発電所の設立も考案されましたが、
これらの発電所は二酸化炭素を発生し、温暖化を急速化されることに
なってしまうという欠点があります。

ドイツでは少しずつ変化が起きていますが、これからのエネルギー政策の
方針は半年以内に固められるそうです。今後どうなるか楽しみですね。

余談:ドイツメディアの報道に興味がある方に英語の参考記事のリンクを
載せます。Spiegelオンラインは英語の記事も公表するのでおすすめです。

http://www.spiegel.de/international/germany/0,1518,751295,00.html

http://www.spiegel.de/international/germany/0,1518,759228,00.html

シュトゥットガルトのお散歩

02 5月
2011年5月2日

先日、友人に会うために南西ドイツ最大の町シュトゥットガルトに
行ってきました。ミュンヘンからライドシェア(Ride Share)をして
到着。ライドシェアとは同じ目的地に車で向かう人がいる場合、
一緒に乗せてもらう移動手段です。距離によって運転手に払う金額は
変わります。例えばミュンヘン~シュトゥットガルト間だと片道
12~15ユーロで済みます。(電車だと約100ユーロ!)
ヒッチハイクを計画して運転手がお金を稼ぐライドシェアはドイツでは
とても人気があります。利用者にとってももちろんメリットはあります!
まず支払う金額が電車賃よりだいぶ安いこと。目的地によっては電車よりも
早く着けることです。ドイツ語のサイトですが、安く旅をしたい方には
おすすめします(http://www.mitfahrgelegenheit.de/)
たまに運転手が事前にドタキャンしたり、あまり親切ではなかったりしますが、
Ride Shareをする数名の方の連絡先を常に控えていれば、ドタキャンやトラブルが
あった時にすぐに運転手を変えることができます。

さて、2時間半後にはシュトゥットガルトに到達。この町のイメージといえば
「汚い工業都市」でしょうか・・・きれいという意見はドイツ人から聞いたことが
ありません。工業都市である理由はダイムラー、ポルシェやボッシュの本社が
集まっているから。
市内を歩いてみると本当のシュトゥットガルトが見えてきました・・・

DE_0501_0101
これが市役所。ドイツにとっては珍しく近代的な建物です。
以前の投稿「好き勝手な四月」で紹介したアウグスブルグの市役所とは
まったく違いますね。

お店が集まるケーニヒ通り(Königsstraße)を歩くと新宮殿の広場に着きます。
中心街だというのにピクニックが楽しめる快適な場所です。

DE_0501_0102

デモではありませんが、原子力反発イベントも開催されていました。
ドイツでは日本の地震後このようなイベントやデモが開催されるようになりました。
(このことについては次回詳しく書く予定です。)
太陽エネルギーを推奨するお日様のマーク、そして“Atomkraft? Nein danke!“
(直訳:原子力?いいえ、結構です!)というキャッチフレーズが
よく宣伝に使われています。

DE_0501_0103

シュトゥットガルトの街は低い山や丘に囲まれています。
郊外の丘には一軒家がたくさん。裕福層が暮らす場所のようです。
そこであるカフェを発見。外観はまるでヨーロッパのお城の庭園内に
よくある小さな溜り場のようです。Teehaus(テーハウス。「お茶の家」と
いう意味。)では室内で座ることも、外で自然のおいしい空気とともに
ケーキを味わうこともできます。

DE_0501_0104

Teehausの近くからは街を眺められます。これがシュトゥットガルトです!
DE_0501_0105

この小旅行で私は「シュトゥットガルトは汚くなんかない!」という印象を受けました。
木々が並ぶ丘や山に登れるという田舎らしさもあり(ご心配なく、地下鉄でも行けますよ!)
静かな時を過ごせる場所だと感じました。でも中心街に行けば人口60万人の
大都市だというのは実感します(笑)静寂とにぎわいの両面を持つ都市です。

Teehaus
Hohenheimer Strasse 119
70184 Stuttgart(シュトゥットガルト)
営業時間:3月~10月のみ営業、11時~23時
電話:+49 (0) 711 236 736 0

http://www.teehaus-stuttgart.de

Copyright© 2017 ドイツ情報 All Rights Reserved.