イースターの主役

23 4月
2011年4月23日

ドイツを含むキリスト教圏の春のイベントといえばイースター♪
イエス・キリストが亡くなり3日後に復活したことを祝うため「復活祭」
とも言います。教会歴の移動祝日で、春分後の最初の満月のあとの日曜日
がイースター・サンデーにあたります。今年は4月24日、来年は
4月8日がイースター・サンデーです。ドイツでは前後の金曜日と月曜日も
休日になるのでまるで日本のゴールデン・ウィークを久しぶりに経験する
気分です(笑)

祝い方としては教会のミサに参加したり、家族で祝うのが習慣になっています。
イースターの象徴は卵(イースター・エッグ)とうさぎです。
イースター・エッグは色とりどりに塗り、もしくは染めてゆで卵として
イースター・サンデーに食べるのが伝統です。
イースターと卵の関連性は定かではありませんが、卵はキリスト教の美術史で
「復活」を表しています。例えば聖母マリアの肖像画の背後に卵が写っている
ことがあります。
うさぎは多産なことからイースターの主役になったといわれています。
だけどこの場合も確かな歴史的な説明はありません。
うさぎはカラフルな卵をお庭などに隠してイースター・サンデーの朝に子供たちが
卵を探す、というおとぎ話をドイツの子供たちは小さい頃から絵本で学びます。
お店では3月からイースター・エッグやうさぎの形をしたチョコレートが
売られるようになり、各お店にイースター・コーナーができてかわいいですよ♪

さて、カラフルなイースター・エッグはお店でも買えますが、自分で作るのも可能です。工作好きなドイツ人の友達から教わった自作の、しかも永久保存ができる(!)
イースター・エッグの作り方を紹介しましょう。
前回、大人同士でわいわい楽しく描いたり塗ったりしました(笑)

まず卵の上と下に小さな穴を開けます。(細いキリでゆっくり開けて下さい。)

DE_0402_0201

そして息を思いっきり吹き込んで、黄身と白身を全て出します。
肺活量をたくさん使うので少し疲れる作業です(苦笑)
友達の顔も赤くなっているのがわかります。

DE_0402_0202

空になった殻(ダジャレではありません!)はマーカーで塗ったり、
お店で簡単に手に入る染料で染めます。

DE_0402_0203

テーブルもいろんなものでごちゃごちゃ・・・

DE_0402_0204

噴出した卵の中身はスクランブルエッグなどにすることをおすすめします。
私はその日、10個分の卵を食べました(笑)

そして出来上がったイースター・エッグ!

DE_0402_0205

大人でも和気あいあい楽しめる工作の時間です。
その間のイースターぴったりな飲み物といえば卵のリキュール!
これもまたドイツで年中簡単に手に入ります。
牛乳と混ぜるとカルーア・ミルクに似た味がしておいしいですよ♪

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright© 2017 ドイツ情報 All Rights Reserved.