シュトゥットガルトのお散歩

02 5月
2011年5月2日

先日、友人に会うために南西ドイツ最大の町シュトゥットガルトに
行ってきました。ミュンヘンからライドシェア(Ride Share)をして
到着。ライドシェアとは同じ目的地に車で向かう人がいる場合、
一緒に乗せてもらう移動手段です。距離によって運転手に払う金額は
変わります。例えばミュンヘン~シュトゥットガルト間だと片道
12~15ユーロで済みます。(電車だと約100ユーロ!)
ヒッチハイクを計画して運転手がお金を稼ぐライドシェアはドイツでは
とても人気があります。利用者にとってももちろんメリットはあります!
まず支払う金額が電車賃よりだいぶ安いこと。目的地によっては電車よりも
早く着けることです。ドイツ語のサイトですが、安く旅をしたい方には
おすすめします(http://www.mitfahrgelegenheit.de/)
たまに運転手が事前にドタキャンしたり、あまり親切ではなかったりしますが、
Ride Shareをする数名の方の連絡先を常に控えていれば、ドタキャンやトラブルが
あった時にすぐに運転手を変えることができます。

さて、2時間半後にはシュトゥットガルトに到達。この町のイメージといえば
「汚い工業都市」でしょうか・・・きれいという意見はドイツ人から聞いたことが
ありません。工業都市である理由はダイムラー、ポルシェやボッシュの本社が
集まっているから。
市内を歩いてみると本当のシュトゥットガルトが見えてきました・・・

DE_0501_0101
これが市役所。ドイツにとっては珍しく近代的な建物です。
以前の投稿「好き勝手な四月」で紹介したアウグスブルグの市役所とは
まったく違いますね。

お店が集まるケーニヒ通り(Königsstraße)を歩くと新宮殿の広場に着きます。
中心街だというのにピクニックが楽しめる快適な場所です。

DE_0501_0102

デモではありませんが、原子力反発イベントも開催されていました。
ドイツでは日本の地震後このようなイベントやデモが開催されるようになりました。
(このことについては次回詳しく書く予定です。)
太陽エネルギーを推奨するお日様のマーク、そして“Atomkraft? Nein danke!“
(直訳:原子力?いいえ、結構です!)というキャッチフレーズが
よく宣伝に使われています。

DE_0501_0103

シュトゥットガルトの街は低い山や丘に囲まれています。
郊外の丘には一軒家がたくさん。裕福層が暮らす場所のようです。
そこであるカフェを発見。外観はまるでヨーロッパのお城の庭園内に
よくある小さな溜り場のようです。Teehaus(テーハウス。「お茶の家」と
いう意味。)では室内で座ることも、外で自然のおいしい空気とともに
ケーキを味わうこともできます。

DE_0501_0104

Teehausの近くからは街を眺められます。これがシュトゥットガルトです!
DE_0501_0105

この小旅行で私は「シュトゥットガルトは汚くなんかない!」という印象を受けました。
木々が並ぶ丘や山に登れるという田舎らしさもあり(ご心配なく、地下鉄でも行けますよ!)
静かな時を過ごせる場所だと感じました。でも中心街に行けば人口60万人の
大都市だというのは実感します(笑)静寂とにぎわいの両面を持つ都市です。

Teehaus
Hohenheimer Strasse 119
70184 Stuttgart(シュトゥットガルト)
営業時間:3月~10月のみ営業、11時~23時
電話:+49 (0) 711 236 736 0

http://www.teehaus-stuttgart.de

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright© 2017 ドイツ情報 All Rights Reserved.