ドイツ人の「ペット文化」

19 3月
2011年3月19日

ドイツ人の特徴といえば真面目、きれい好きなどいくつかありますが、
動物好きも一つの特徴として挙げられると思います。
その証拠にペットを飼っている人が多い!
ペット連合会IVH(Industrieverband Heimtiere)の2009年の調査によると
ドイツでは半分の世帯がペットを飼っています。
人気動物ランキングは1位が猫(約17%)、2位が犬(約13%)、
次にハムスターなどの小動物が続きます。
比べてインターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEに
よると同年の日本人のペット保有率は35%。ドイツ人よりも15%少ない結果です。
ちなみに日本人に最も飼われているのは犬です(46%)。

ペットの所持率が高いことからドイツではいろんな場所で動物に遭遇します。
なんと大学の講義にペットを連れてくることが可能!
カフェや電車にペットを連れて入ることも可能!
街で犬が引き綱なしに飼い主と散歩していることもあり!
動物が人と同じ場所にいても平気なのがドイツです。
それが許されない場所といえばスーパーや映画館、一部のレストランくらいでしょうか。

もちろん私もドイツにいてたまに困ったこともありました。
大学のゼミ室に同級生がものすごい体臭の犬を連れてきて、悪臭の中で授業を
受けたこと。(幸い夏で窓を開けられたので助かりました。笑)
2階下に住んでいる人が留守の時に犬が吠えだし、4時間も犬の吠え声、唸り声に
悩まされたこと。(仕舞いには苦情の手紙を書いて隣人のドアに貼りました。
それ以来犬の吠え声は聞いたことがありません!)

ペットは時には問題を起こしますが、ドイツ人にとって家族のような存在ともいえます。
現に私の知り合いは少し郊外に住んでいてなんと夫婦で犬、猫、モルモットと
うさぎを飼っていた経験があります。

DE_0302_0201

DE_0302_0202

お庭が大きいとペットにとっても居心地が良いですよね。うさぎとモルモットはつい
最近亡くなってしまいましたが、生前は二匹ともお庭で野放し状態にして
飼っていたようです。まるで野生の動物みたい!

次は犬限定の話になりますが、ドイツでは公園に行くと大抵フン処理用の袋や
フン用のごみ箱が設置されています。

DE_0302_0203

(らくがきされているフン用のゴミ箱。)

そして犬の飼い主にとって少し痛いのはドッグ・タックス、いわゆる犬に
かかる税金を納めないといけないことです。税金を回収するのは地方自治体なので
地方によって税金額は異なります。盲導犬など、飼い主の生活補助役として
飼っている犬は税金が免除もしくは減額されます。
代わって増税が求められるのは「猛犬」とされている犬種を飼っている場合です。
どの種が猛犬なのかはまた州によって規定が違います。
例えばアメリカン・ピット・ブル・テリアはドイツのほぼ全ての州の「猛犬リスト」に
載っていて、輸入が禁止されています。「猛犬」の決め方は犬の遺伝的な性質や
過去に人間に噛みついた事件などを参考に決められます。

動物を飼うとお金はかかりますが、ドイツ人はそれでも惜しまずペットと仲良く
共存しています。自由に動ける動物を見ると人に人権があるように、ペットにも
「ペット権」があるように感じますね。

居心地が良いお城

05 3月
2011年3月5日

先日、天気がよかったのでミュンヘン市内にあるニンフェンブルグ城
(Schloss Nymphenburg)に行ってきました。このお城の設計は1664年に
バイエルン選帝侯フェルディナント・マリアの希望により始まりました。
今では横に長く伸びている建物ですが、それは年月を重ねて徐々に付け加えたようです。
最初に建てた中央の建物は1675年に完成したといわれています。

森のようなお庭があることから地元の人の間では安らぎの場所として人気があります。
「今日は晴れているから散歩しようか。」という話題があがると
「じゃあ、ニンフェンブルグ城に行こう!」と気軽に出入りできる公園のような
遊び場なのがこのお城の特徴です。

まずはお城の外観を紹介しましょう。手前にある大きな池には白鳥や鴨がたくさんいます。

DE_0301_0101

お城のお庭には無料で入れます。そこではジョギングや散歩をしている人が
ぽつぽつ。木に寄りかかり読書をしているおじいさんも発見。
とてものどかな光景です。

DE_0301_0102

お庭には運河が流れています。川沿いを歩いているとあっという間に
お城から遠ざかってしまいました。深緑の中では珍しい小鳥にも出会えます。

DE_0301_0103

お散歩後に小腹がすいたらお庭にあるカフェに行くことをおすすめします。
大きくて種類が豊富なケーキがたくさん!
天気次第では外でも食べることも可能です。
夏に行った時は結婚式が行われていました。ニンフェンブルグ城のお庭で
式を挙げるなんて素敵です。

城内の見学は有料(大人6ユーロ)になります。開放されているお部屋は少ないので
30分で見回れます。室内は金箔をふんだんに使った派手だけど、上品な
ロココ建築様式でまとめられています。

M?chen, Deutschland, Schloss Nymphenburg

他におすすめなのは昔の馬車やそりが展示されている「馬車博物館」
(Marstallmuseum)。お城の左側にあります。そこには豪華な金の馬車やそりが
飾られています。メルヘンチックな仕上がりでとても現実で使用したとは
考えられないものばかりです。昔では今でいうポルシェなどの高級車と
同等な乗り物だったのでしょうね(笑)

DE_0301_0105

ニンフェンブルグ城が誇るものといえば城内にある陶磁器の工場です。
1747年からPorzellan Manufaktur Nymphenburgというブランド兼工場名で
いろんな陶磁器が作られています。コレクションをまとめた博物館も
ニンフェンブルグ城にあります。陶磁器はミュンヘン中心部にある
Bayerischer Hofホテル内などで販売されています。動植物、人間像などの置物や
食器を創造するPorzellan Manufaktur Nymphenburgに興味がある方はホームページを
ご覧ください。http://www.nymphenburg.com/us/nymphenburg

歴史あるニンフェンブルグ城は散歩やジョギング、ピクニック、城内もしくは
博物館見学などの多目的で遊びに行けます。
都会の中にあるのに時間がゆっくりと流れ、心が癒される空間です。

Schloss Nymphenburg
80638 München
最寄駅:トラム12もしくは17番線 ”Schloss Nymphenburg” 駅
開館時間:4月1日~10月15日 9:00-18:00
10月16日~3月31日 10:00-16:00
休館日:元旦、12月24、12月25日、大晦日、ファッシングの火曜日
(今年は3月8日)

仮装のイベント、ファッシング!

20 2月
2011年2月20日

2月に入るとドイツのデパートでは仮装の衣装が売られ始めます。
定番なのはピエロや魔法使い、虎など動物の衣装です。
これは老若男女かまわず楽しめるイベント、ファッシング(Fasching)のため。
(ファッシングのことを「カーニバル」と言うこともあります。)

キリスト教の大事な儀式、イースター(キリストの復活記念祭)の前には
昔、厳しい断食期間がありました。中世では禁欲と辛い食事制限を乗り越えるために
断食の前にお祭りを開催するのが習慣でした。これがファッシングの起源です。
今日では国民の間では宗教的な意味は薄くなってきていますが、今でも
ヨーロッパの数か国で盛大に祝われています。

DE_0202_0201

私がオーストリアに住んでいた小学生時代では一日授業をお休みし、
ファッシングパーティーをしました。生徒と先生みんなで仮装をして
学校でお菓子を食べたり、ゲームをして遊びました。
ちなみに今年のファッシングは3月3日から9日、2012年は2月16日から22日
の間に行われます。

ファッシングの利点は大人でも参加できること!!ドイツ内でファッシングで
有名な町といえばケルンとマインツ。「バラの月曜日」(今年だと3月7日に
あたります。)には両方の町で大きなパレードが見られます。
観客ももちろん仮装します!

DE_0202_0202

旅行する際にこのイベントに参加したい方は衣装をそろえた方がいいですよ!
顔も塗れば本格的です!プラスチックのラッパなども用意したら盛り上がります。

そしてファッシングでよく食べる菓子パンもぜひ味見してみてください!
クラプフェン(Krapfen)といわれる丸いパンはクリスマスにも売られていますが、
もとはと言えばファッシング定番の食べ物です。
中にはマーマレード、チョコクリーム、バニラクリームなどがはいっています。
生地はもちっとしていておいしいですよ!

DE_0202_0203

ドイツに潜む日本の「味」

07 2月
2011年2月7日

仕事上いろんな雑誌と新聞に目を通します。
ファッション誌、旅行雑誌、芸能ニュースばかり載せる娯楽誌など
読むジャンルは様々です。
記事にはもちろんドイツ語の単語がずらりと並んでいます。
たまに出てくる日本語といえば”Sushi”、”Karate”、”Tsunami”ぐらいです。
でも近頃新しい日本語単語がドイツ語に浸透しています。
それは流行の食べ物やスポーツでもなく、日本にあってドイツには
今まで言葉としてなかった舌の感覚、うま味(”umami”)です。

30~40代女性向けのファッション誌 Madameでは新種な味として
うま味を紹介しています。マックス・プランク研究所のヴィルギス氏との
インタビューではこう解釈されています。

„Q: Es gibt süß, salzig, sauer und bitter – und umami. Wie schmeckt denn umami?
A: Träufeln Sie sich etwas Sojasauce auf die Zunge und halten Sie sich die Nase zu, dann können Sie es schmecken.“
(Madame2011年2月号から引用)

(訳:「Q:味には甘い、しょっぱい、酸っぱいと苦い、そしてうま味があります。
うま味はどんな味なのですか?
A:舌の上に醤油を少し垂らし、鼻を押さえてみて下さい。そうしたらうま味を
味わえますよ。」)

うま味が表す味は甘い、しょっぱいのように具体的には説明できませんが、
要は食材が本来持っている味を引き出せるとうま味を感じますよね。
大手スーパーで買ったトマトよりも田舎の無農薬のトマトの方が
おいしいと感じることが、うま味があるかないか区別できるということです。
この感覚は日本人なら誰でも知っていると思いますが、どうやらドイツには
今までそれを表す言葉がなかったようです。

ドイツ人がうま味を強く求める料理は何かな、と考えたら真っ先に
シュヴァイネブラーテン(Schweinebraten、ローストポークのこと。)が
思い浮かびました。

DE_0201_0101

シュヴァイネブラーテンは調理法が難しく、庶民的だけどドイツ人なら
誰でも作れるというわけではありません。
それでも特に南ドイツのバイエルン州で人気がある伝統料理です。
シュヴァイネブラーテンを作る際に問われるのは
・お肉の焼き加減と柔らかさ
・黒ビールを使ったソースの味
・お肉とソースのマッチ具合

この3点がそろえばおいしくて、うま味があるとドイツ人も納得するでしょう!
もちろん鮮度が落ちたお肉は使わない。
飲んでもおいしくないビールは用いらない。

ちなみにシュヴァイネブラーテンには大抵じゃがいものお団子(画像参照)
もしくは油炒めが付いてきます。必ず満腹になれる食事です(笑)

グルメ好きなドイツ人の友達は「ドイツ料理レストランのレベルは
シュヴァイネブラーテンの味で決まる!」と断言していました(笑)
そんな彼も認めるおすすめのレストランがミュンヘンにあります。
静かで古い建物が並ぶ通りにあるカイザーガーデン(Kaisergarten)では
本場のシュヴァイネブラーテンを楽しめます。アットホームな雰囲気で味は抜群。
Umamiをたっぷり感じられる料理に出会えます!
興味がある方はぜひhttp://www.kaisergarten.comでチェックしてみて下さい。
平日でも人気があるので予約をおすすめします!

通貨から学ぶドイツ

21 1月
2011年1月21日

欧州連合EUに属しているドイツの通貨は2002年から
ユーロに変わりました。例えば隣国ドイツからフランスへ行く時に
わざわざ両替をしなくていいのはユーロの利点です。

ユーロ導入とともに物価も上がったと言われています。
だからドイツでは未だに前通貨マルクで物価の高低を測る人がいます。
ある日カフェで友達とくつろいでいたら、隣に座っていたおじいちゃんが
ウェイターにビールの値段について激怒していました。
「昔はビール一杯3マルク(=1.5ユーロ)だったのに今は
3ユーロ払わせるのか!」と。
ウェイターもこのおじいちゃんの理不尽な文句に困っていましたが、
マルク時代を経験している人にとっては今の時代についていけない
こともあるのでしょう・・・。
ちなみに今は円高、ユーロ安なので日本人にとってはEU諸国に旅行
する絶好のチャンスです!1ユーロが109円ほどに下がっています。
(私が来独した5年前には1ユーロが165円でした。トホホ・・・。)
過去にドイツに来て、まだマルクを持っている方にも良いお知らせが
あります。マルクは今でもドイツ銀行(Deutsche Bank)でユーロに両替可能です!

さて、ユーロを手にしてまず見てもらいたいのは2ユーロのコインです。
ユーロ紙幣はユーロが使われている23ヶ国でデザインは同じですが、
2ユーロのコインの裏側は各国で違います。
連邦国家であるドイツは16州から成り立ちます。そこで2006年から
州特有の2ユーロコインの製造が始まりました。
裏側のデザインが違っていても2ユーロのコインはユーロ導入国すべてで
使用できるのでご安心を。

私のお財布の中から出てきた2ユーロコインの裏にはBremen(ブレーメン)と
表記されていました。グリム童話の「ブレーメンの音楽隊」や中世で商業が栄えた
ハンザ都市として知らせている町です。その町を代表する市庁舎(Rathaus)と
ブレーマー・ローランド(Bremer Roland、ローランドは男性名で「ブレーメンの
ローランド」という意味)が写っています。

DE_0102_01

(2ユーロコインの表。ヨーロッパの地図がうっすらと見えますね。)

DE_0102_02

(ブレーメン版2ユーロコインの裏側。)

ブレーマー・ローランドは市庁舎がある広場に建っている石像で、これは
町の裁判権や商業の自由の象徴として最初に1404年に造られました。
(ローランド像は他のヨーロッパの国にも存在します。)
ブレーメンの市庁舎は世界遺産として記録されていることでも有名です。
実物を紹介しましょう。

DE_0102_03

(ブレーマー・ローランド。)

DE_0102_04

(ブレーメンの市庁舎。)

ちなみに今までブレーメン以外には港町として有名なハンブルグや
デンマークと隣り合わせのシュレースヴィヒ・ホルシュタイン州などの
コインが製造されました。2011年はどこの州のコインをつくるのでしょうか?

私は何かを集めるという趣味はないのですが、コイン集めにはまっている人に
とっては2ユーロのコインも見逃せないはず!
ドイツでは例えばMDM(www.mdm.de)というコイン専用のオンラインショップが
ユーロコインを売っています。16枚の違った2ユーロのコインが150ユーロ
程度で購入できます。

でも案外いろんな所で買い物をすると知らぬ間に多種のコインが増えてきますね。
ドイツで買い物をされる際はぜひ2ユーロコインの裏側にも注目してみてください。
観光のアイディアが隠されているかも!

ドイツ風の年越しとお正月

10 1月
2011年1月10日

皆さん、新年明けましておめでとうございます!
私は2011年も皆さんのお役に立つドイツ情報を書き続けていきたいと
思います。今年もよろしくお願いいたします。

新年第一回目の記事はもちろんドイツで過ごす年越しとお正月について
お伝えしましょう!初めに言っておくと、日本の文化と比べてドイツでは
お正月はあまり重要視されません。1月2日からは仕事を始め、家族に
会うための里帰りは大抵クリスマスに済ませるので少し地味なのが
ドイツのお正月。でも中にはおもしろい風習もあります。

まずは大晦日。どんちゃん騒ぎを行う日です。大晦日ではよく友達と
集まりパーティーをするのが主流。レストランも予約でいっぱいに
なります。飲んで騒いでいざカウントダウン、新年の幕開け!そして
同時に外では打ち上げ花火が始まります。各自が花火を道路に持ち出して
火をつけます。12時30分ぐらいまではドイツの空には大量の打ち上げ花火が
あげられ、とても綺麗です。(もちろん、素人があげる市販の花火ですから
日本の夏祭りの打ち上げ花火には負けますが。笑)

日本では新年の挨拶として年賀状をもらいますよね。ドイツではクリスマス
カードに新年のお祝いを付け足すので、お正月になってカードが届くことは
ありません。お祝いの決まり文句は
Frohes neues Jahr!
(英語のA happy new year!にあたります。)
Einen guten Rutsch ins neue Jahr!
(直訳:新年に向かって良い滑りを!)
これは相手の幸運を祈る言い回しです。

新年を幸運に導くためにドイツでは大晦日にある「ゲーム」をする習慣があります。
それはろうそくで鉛を溶かし、水に流し、表面に現れた鉛の形で将来を
占うという子供騙しのゲームです。
例えば鉛がハート型になれば恋が訪れる、などと解釈します。
このゲームはBleigiessen(ブライギーセン。「鉛を流す」という意味。)といい、
インターネットで検索するとおもしろいことに鉛の解釈の仕方が載った占いサイトを
たくさん見かけました。

ブライギーセンのセットは簡単にスーパーやデパートで手に入ります。
中にはドイツで幸運をもたらすと言われている豚や毒きのこの形をした鉛と
溶かすために使うスプーンが入っています。それに小さなろうそくと水が
入ったボールを用意すれば簡単にブライギーセンができちゃいます!

DE_0101_01

その他のドイツ特有のラッキーアイテムは四葉のクローバー、コイン、
てんとう虫、煙突掃除人と馬の足につける蹄鉄です。
(ドイツの迷信や占いについては一度まとめて書きたいと考えています。)

ラッキーアイテムはお正月になると例えばケーキの飾りつけに使う
マジパンの形で登場したり、ポストカードに載せられたりします。

DE_0101_02

(豚とクローバーときのこのマジパン。ケーキ屋さんで売っています。)

幸運を祈ったところで新年は始まります。
皆さんにとって2011年が素敵な年になりますように!

ドイツ観光注意報

31 12月
2010年12月31日

ツアー旅行が苦手で、自分で調べて観光したい方へ。

今回はドイツ内を巡る際に気をつけてもらいたい注意事項を教えましょう。

 

まず、これは私の友達もドイツに来た際に勘違いしていたことですが

彼らは「ドイツでは電車のただ乗りができるんだね!」

と喜んでいました。それが本当なら私も毎月定期券を買わずに済むのですが、

残念ながらドイツでは切符を買って電車やバスに乗るのが常識。

勘違いの落とし穴は改札機にあります。

続きを読む →

クリスマス・マーケット散策

14 12月
2010年12月14日

ドイツでは11月中頃から初雪が降り出し、辺りが一段と冬らしくなります。

冬が来たことを伝えるのは雪や低気温だけではなく、いろんな広場で

開催されるクリスマス・マーケットです。

町によって多少の違いはありますが、大体11月25日からお祭り騒ぎが始まります。

続きを読む →

第二次世界大戦を振り返る<ベルリン編>

30 11月
2010年11月30日

この前ニュースで得た情報。

ベルリンにあるドイツ歴史博物館でドイツ史上初のヒトラーの展覧会が

開催されました。「え?ヒトラーについては映画も出ていて、資料もたくさん

あるのに今更初の展覧会?」とつい首を傾げてしまいました。

戦後60年経った今でもネオナチが存在するドイツではヒトラーについては公で簡単には

語れないようです。ヒトラーが国家社会主義のイデオロギーをまとめた「我が闘争」

(”Mein Kampf”)は今でもドイツ国内で出版が禁止されているくらいですから!

現にこの展覧会でもあらゆる問題を防ぐためにヒトラーの私物は公開されていません。

続きを読む →

現代に残るキリスト教の行事

16 11月
2010年11月16日

ドイツのカレンダーをめくると11月1日は赤くマークされています。

働く大人、学校に通う子供達共通の楽しみといえば週末以外にある祝日ですよね。

実はドイツの一部の州では11月1日の月曜日はお休みなのです!

なんとこの日はカトリック教会の「諸聖人の日」にあたります。

続きを読む →

Copyright© 2017 ドイツ情報 All Rights Reserved.