カテゴリー: 買い物

アテネの新しいショッピングモール Athens Metro Mall

07 2月
2011年2月7日

アテネ周辺には幾つかのショッピングモールがありま
すが、大規模なものとしては、04年アテネ五輪スタジ
アム近くにあるザ・モール(最寄駅は、イサプ=メト
ロ路線図で緑のラインの「ネラズィオティサ」)やザ・
モールから送迎バスが出ているゴールデン・ホールで、
2つともアテネの都心から見ると、北側にあります。 続きを読む →

ギリシャの蜂蜜

18 5月
2009年5月18日

蜂蜜がギリシャの名産であるのをご存じですか?
日本にいた時は、それほど蜂蜜に関心はありませんでしたが、ギリシャに来てからは、ほとんど毎日のように食べています。おいしいから、病みつきになるんですよ。ホテルのビュッフェにも、必ず置いてあるので、是非試してみて下さいね。

1651

日本の蜂蜜は、れんげの物が多く、シロップなどの混ぜ物が多いですが、ギリシャの蜂蜜は、タイムなどの様々なハーブ、ワイルドフラワー、オレンジ、松などが有名で、天然蜂蜜100%。こってりとしていてコクがあり、野性味のある味です。これは、ギリシャの変化に富んだ地形、乾燥した気候、植物の種類の多さという自然の恵みによるものです。
ミツバチが蜜を集めるのは女王蜂のため、すなわち、子孫を残すためなので、栄養価が高いのは言うまでもありません。ミツバチは、花から取った蜜を自分の唾液と混ぜ合わせて、20種類以上の糖類、ビタミン、酵素などを含む「蜂蜜」を作り出して巣の中に溜め、自分の羽で風を送り、水分を蒸発させて濃厚な蜂蜜作るのです。数グラムの蜂蜜を作るのに、ミツバチは延べ何万キロも飛んで、花と巣を往復しなければならないという、まさに宝石のような液体なのです。ギリシャ神話では、神々の食べ物として描かれていたりするくらいです。

でも、ギリシャの蜂蜜が、なぜ特にお勧めなのでしょう?それは、ギリシャの蜂蜜が、より自然に近いためです。他の国では、蜂蜜を作る目的のために一種類の花を植えたところで集中生産することが多いのに対し、ギリシャの蜂蜜は、自然の環境の中で、化学肥料や薬を使っていない様々な種類の自然の花や木からミツバチが集めた蜜を、養蜂家が巣箱を移動しながら収穫して生産するということが多いからです。私は、蜂蜜を食べるたび、ミツバチへの感謝と、自然への畏敬の念さえ感じながら、毎日、焼きたてのパンにつけたり、お気に入りの山羊のヨーグルトに入れたりして、楽しんでいます。(蜂蜜をヨーグルトにかけるのがギリシャ風!)最近、義姉からもらったサモス島の蜂蜜は絶品。すぐエネルギーに変わる栄養補給としても優秀なので、朝、時間が無い時に子供に舐めさせたりすることもあります。

また、ギリシャには、蜂蜜を使ったお菓子も多いです。下の写真のような、ルクマデスと呼ばれるタコ焼きのような形状のドーナツは、砂糖ではなく、蜂蜜がたっぷりかけられていて、食べると手も口の周りもべとべと状態ですが美味。ディプレスと呼ばれる揚げ菓子、メロマカロナと呼ばれるクリスマス用のクッキー、バクラヴァスと呼ばれるパイ菓子にも、たくさん蜂蜜が使われます。

1650

スーパーで売っているものでお勧めなのは、Attikiというブランド。缶入りの物は、蜜がたれて使いにくいので、プラスティックのチューブ入りの物、お土産用には、小さいサイズも便利です。ギリシャ産品を扱うお土産物屋さんにも色々な産地、花の種類の物がおいてあります。

1960

また、蜂蜜を利用した化粧品・パーソナルケア商品もギリシャならでは。「APIVITA」「MACRO VITA」などのブランドが、薬屋さんで売っています。特に、栄養たっぷりの蜂蜜の成分を有効利用した「APIVITA」のクレンジング、シャンプー、咳止めシロップ、のど飴、ロイヤルゼリーと蜂蜜を高濃度 配合しているQueen Beeというリフティング・しわ伸ばしのラインなどはお勧めです。コロナキの専門店(26 SOLONOS ST.)も、とってもおしゃれ。他にも、試したくなる自然派化粧品がたくさん置いてあり、お土産にも最適です。

1956

フォリフォリのバレンタインデー限定商品

17 2月
2009年2月17日

日本で若い女性に人気のブランド、フォリフォリはギリシャ生まれのお店です。鮮やかなオレンジ色がトレードマーク。手頃でキュートなジュエリー、アクセサリー、時計、バッグなど、女心をくすぐる商品展開で、世界25ヶ国に進出しています。

folli

レートや商品にもよりますが、ギリシャでは、日本の価格の7割~半額位で買え、ネックレス、ピアス、指輪なども1万円位からあります。ペンダントヘッドは、1万円以下のリーズナブルなものもあるので、女性へのおみやげにも最適。革ひもはサービスでつけてくれます。その他にも、時計やバッグ、財布やポーチ、小物なども可愛い物がそろっています。あまり知られていませんが、男性用の時計もなかなか良いですよ。展示されていない商品の方が、小振りで日本人好みの物が多いので、引き出しの中にしまってある他の商品も、出して見せてもらいましょう。ちなみに、ギリシャ語で「他のデザインはありますか?」と聞く場合は「エヘテ・アロ・スケディオ?」です。

DSCF0492

さて、2/14は言わずと知れたバレンタイン・デー。日本では、女性から男性にチョコレートやプレゼントを渡すのが普通ですが、外国では、男性から女性に花やプレゼントを贈るのが習慣です。
この時期になると、宝石店ではハートのモチーフのアクセサリーが出回り、花屋が繁盛します。
フォリフォリの今年のバレンタイン限定商品は、ネックレスです。ハートの中のモチーフがクルクル回るしかけになっており、1面はキラキラのジルコニア、もう1面には「I love you」と書いてあります。価格も1万円台とお手頃。
女性は、「海外でしか購入できない」とか「限定商品」というのには弱いですよね。このネックレスを3/14のホワイトデーに彼女に贈るというのはどうでしょう?もちろん、自分用のおみやげにも。(限定商品のため、品物が売り切れ次第、終了となります。)
フォリフォリは、クリスマス前にも、クリスマス限定商品を出したりしますので、こちらも要チェックです!2月末までは、バッグ類のセールもやっています。(アクセサリー類は除外)

フォリフォリのアテネセンターの店舗は下記のとおりです。
1)ERMOU: 18, ERMOU STR.,
TEL. 210 3230729 – 210 3230739
2)ERMOU: 37, ERMOU STR.,
TEL. 210 3230601 – 210 3230481
3)KOLONAKI: 25, SOLONOS STR.,
TEL. 210 3632487
4)KOLONAKI: 6, TSAKALOF STR.,
TEL. 210 3613983
空港内、シンタグマのアッティカデパート内にも店舗があります。
HP: http://www.follifollie.com

アテネでも人気のH&Mとハローキティ

28 1月
2009年1月28日

最近、日本に一時帰国した時に驚いたのがスウェーデンのブランド、H&Mの人気度。
銀座の1号店では、いつも長蛇の列。友人も1時間待ちでやっと入場できたとか。
日本では、今後も新店舗が続々と出来る予定みたいですが、アテネのH&Mは、上陸して間もない人気店にもかかわらず、行列なしで普通に入れます!

DSCF0343

また、ギリシャでは1月中旬から2月末頃まではバーゲンシーズン。価格は通常の3割引~半額になるので、まとめ買いして日本のお友達に差をつけるチャンスです。日本には入っていないデザインも発掘できるかも?もう春物も入ってきています。

私がH&Mと初めて出会ったのは、友人から譲り受けたお古の子供服。頂く物で、可愛いなと思うのが、すべてH&Mだったので、どこのブランドだろうと思っていたのですが、日本でこんなに人気だとは思ってもいませんでした。バーゲンも始まったので、私も早速行ってみましたが、自分の服は、ちょっと趣味やサイズが合わなくて買わず、子供の服を購入しました。下記の品、どれも半額で、1000円台です。

DSCF0348

そして、特に、H&Mの中で私のお気に入りは、ハローキティ柄の服やグッズ。何を隠そう、私は数十年来のキティファン。ここアテネでも、最近はキティの人気が上昇中。本物、偽物問わず、あの親しみのある柄の商品を街中で見かけることが、本当に多くなりました。異国で旧友に再会したようで、私も嬉しいです!日本はどうか知りませんが、アテネのH&Mでは、サンリオとの提携で、本物のハローキティ柄の製品が多く置かれており、子供服ならず、大人用のパジャマ、ソックス、下着などもあって、思わず、年甲斐もなく惹かれてしまいます。
ちなみに、今回購入した物は、こんなものです。価格もリーズナブルですね。特に、バレエシューズ、キティ子供用ショーツの7枚セットはお気に入りです。

DSCF0352

アテネでは6店舗ありますが、旅行者の方が行きやすいアテネ中心部の店をご紹介します。
日曜日は定休日です。

H&M エオルー通り店 (婦人服、インナー、子供服、雑貨)
Aiolou (Eolou) 89 (エオルー通りは、オモニアとモナスティラキを結ぶ、歩行者天国の通り。店は、地下鉄オモニア駅より徒歩5分)
Tel: 210-3223052

混雑した店内では、スリがうようよしています。お気を付けて買い物をなさって下さいね!

ギリシャ土産に何を買う?

20 7月
2008年7月20日

旅の楽しみの一つに、ショッピングがありますね。自分用でも、おみやげ用でも、色んな店をそぞろ歩きしながら良い物を見つけた時は、本当にうれしくて、家に帰ってからでも楽しめる良い思い出になります。ギリシャは、他のヨーロッパ諸国のような有名ブランドはあまりないですが、ギリシャらしい品々がありますので、是非、自分に合った物を見つけて下さいね。私の独断と偏見ですが、ギリシャおみやげベスト10(順不同)を紹介します。

1)フォリフォリのアクセサリー、小物:ギリシャのブランドで、日本で一番有名なのはフォリフォリではないでしょうか。可愛いアクセサリーやカバンなど、日本の半額から3分の2位の値段で買えます。フォリフォリは、シンタグマのエルムー通りに2件、コロナキ、アッティカデパート、空港にも店舗があります。

folli

2)自然派化粧品、マスティハ製品:Korres,Apivita,Mastic Spa,Mastiha shop など。セレブも愛用する「Korres」は、空港や薬局、シンタグマのアッティカデパートの一階に大きなショップがあります。

01_02

3) オリーブ製品:オリーブ油、オリーブの実、パテ、オリーブ石けん 4) 蜂蜜 (特にAttikiのチューブ入り小さいサイズがおみやげにお薦め)
5)お酒類: ワイン、ウゾ、高級ブランデー メタクサ6)お菓子類: 乾燥イチジク、パステリーニ(ゴマのお菓子)、ルクミ(ゼリーのような菓子、板チョコ(アクロポリスの絵入ったブラックチョコ、アーモンドの花の絵が入ったチョコはおいしくて安価、スーパーで買え、おみやげに便利)、ベルギー製ですが、ギリシャ人が創始者である「レオニダス」のチョコ
7)装身具: 魔よけのマティ(目のモチーフ)のアクセサリー、キーホルダーなど、
コンボロイ(数珠)
8)装飾品:伝統刺繍のテーブルクロスや飾り、フロカティなどの絨毯、素焼きの飾り・壺、レプリカの置物など
9)ギリシャの島や猫などのカレンダー(小さいサイズはお土産に最適)
10)革製品: カバンや靴など 子供用皮靴(Mouger)のかわいらしさ、充実度は秀逸

食品、お菓子類は、是非、スーパーで買い物されることをお勧めします。おみやげ物屋さんにもありますが、観光地価格ですからね。シンタグマ近くで買い物をまとめてすませたい場合は、シンタグマ横のKarag.Servias通りの「マチューカ」で、色んなギリシャ産品を買うことができます。

ただ、最近、空港の警備が厳しくなり、液体類の機内持ち込みができなくなったりして没収されると困るので、液体製品は、セキュリティーチェック済みの製品を、空港で買った方が安心かもしれません。
また、ギリシャでの店の営業時間は変則的なので、ご注意下さい。但し、プラカなどの観光地では、1日中営業しています。

月水金 9時―14時半頃までと、17時から21時頃まで
火木土 9時―15時頃まで
日、祝日 休み

マスティックを使用した話題のギリシャ土産

27 3月
2008年3月27日

マスティック(ギリシャ語でマスティハ)は、ギリシャのヒオス島でのみ産出されるマスティハという木から取れる貴重な樹液で、殺菌、抗菌作用、様々な病気を治す作用があることから、古代ギリシャ時代から珍重されてきました。ギリシャでは、その卓越した効能のために金と同等に珍重され、その貴重さゆえに、無断で持ち出すと罰せられた時代もあったのです。ギリシャのお土産にも最適、自分用にも試してみてはいかがでしょうか。

氷砂糖の純粋な形で売られていたり、ガムやお菓子などの食品、シャンプー・リンス、歯磨き、石鹸などの日用品や化粧品にマスティックが添加されている商品が色々出回っています。

02_05

毎日新聞では、下記のように、ピロリ菌に効くという記事が取り上げられました。
★抗ピロリ菌作用持つマスティック★
ピロリ菌は、胃の中に生息する細菌で、胃潰瘍(かいよう)、十二指腸潰瘍、胃がんの発生に大きくかかわっています。今日、日本人の40歳以上の人では、約7割がピロリ菌に感染しているといわれています。
最近、「マスティック」という名のギリシャのハーブが、抗ピロリ菌作用をもつことが注目を集めています。マスティックは、ギリシャのヒオス島だけに生えているウルシ科の高木で、その樹液を言います。ヒノキの香りがします。
ギリシャでは5000年も前から、ハーブやスパイスとして日常的に利用されてきました。昔からミイラの保存にも使われ、その殺菌力はよく知られていたのです。
このマスティックを一躍有名にしたのは、98年12月24日号の「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」という医学雑誌に掲載された「マスティックがピロリ菌を殺す」という論文です。英国のバーネット総合病院のフウェズ医師らは、マスティックを薄めた溶液をピロリ菌に加えたところ、ピロリ菌が検出できないほど減少したと報告したのです。
日本でも、静岡県立大学食品栄養化学部微生物学教室の研究者たちが、胃や十二指腸の患部から採取したピロリ菌で同様の効果を確認しました。
さらに、英国のフウェズ医師らは、難治性の胃潰瘍の患者に、1日1グラムのマスティックを2回に分けて、4週間与えたところ、わずか7日間で全患者(6人)の自覚症状が消え、4週間後には、内視鏡検査で8割の人が治ったと報告しています。
このほか、マスティックは「消臭」「歯を白くする」「歯周病を予防する」効果もあります。
(九段クリニック理事長)
(毎日新聞2002年3月14日東京朝刊より抜粋)

アテネでは、このマスティック製品は下記の店で買うことができます(下記以外の店舗もあります)。
ガムなどは、普通のスーパーやキオスク(売店)でも買えます。安いので、大勢に配るのにいいかもしれませんね。ただし、味の方はちょっと癖があるかもしれませんけれど・・・・

「Mastiha shop」
純粋なマスティハの結晶粒、歯磨き、石鹸、ガム、マスティックウォーター(料理用)、オイル、マスティハ入りギリシャの伝統的菓子、ギフト商品、本、オリーブ、オリーブオイル、ジャム、パスタ、チョコレート、ワイン、リキュール、クッキー、ラスク、化粧品(クリーム、シャワージェル、ボディーミルク、シャンプー、コンディショナー、クレンジングなど)
サイト:www.mastihashop.com
住所:Panepistimiou & Kriezotou, 10671 Athens Tel: 210-3632750
アテネ国際空港内 Tel:210-3532969

02_01

02_02

「mastic spa」
マスティハ入りの化粧品、メイクアップ用品、ボディケア、ヘアケア、バス用品、男性用化粧品、子供用パーソナルケア用品、マスティックとオリーブオイルなどを組み合わせた商品、石鹸、歯磨きなど
サイト:www.masticspa.com
住所:Iraklitou 1 & Solonos, Kolonaki , Athens Tel: 210-3603413
アテネ国際空港内

02_03

ギリシャの自然派化粧品 コレス(Korres)

10 9月
2007年9月10日

サッカーの貴公子、ベッカム夫妻やカイリー・ミノーグなども愛用しているというギリシャ産まれの化粧品「コレス」。

まだ設立から10年ちょっとの新しいメーカーですが、ギリシャでは、薬局や主要デパート、空港でのみ販売されている自然派化粧品で、最近海外にも進出し、注目度も急上昇しています。日本にも最近ショップができたようですが、品数も少ないしとても値段が高いようですので、お土産にすると喜ばれるのではないでしょうか。

corres1

従来は、基礎化粧品だけでしたが、最近、メークアップ商品も新発売になり、充実してきています。個人的に愛用しているのは、FLEXIBLE COVERAGE FOUNDATION(のびの良いリキッドファンデーション) とWILD ROSE 24-HOUR MOISTURISER という保湿クリーム。SPF6なので、ちょっとした外出ならこれだけです。ちなみに主人はアフターシェーブバーム(乳液)が大のお気に入り。男性用化粧品も充実しています。

corres2

皆さんは、合成界面活性剤のプロピレン・グリコールってご存知でしょうか?プロピレン・グリコールは体に有害な物質なので避けたいと思っているのですが、容器に小さな字で沢山書いてある成分を目を皿のようにしてチェックすると、ほとんどの化粧品やヘアケア製品、洗剤にプロピレン・グリコールが使用されています。

この物質は、混ざらないはずの水と油をなじませることのできる材料で、保湿剤になるので重宝されているのですが、実は、これは石油の絞りカスからできており、工業用機械洗浄などに使用される体に有害な物質です。分子量が非常に小さいので肌から血管の中まで入り込み、体の中に蓄積されていきます。この物質は、たんぱく質も溶かすので、細胞にも悪影響を与え、アレルギーやガンの原因になると言われています。最近、食べ物の方の添加物には気をつける人も多いですが、肌につけるものも、毎日使うものですから、もっと関心を持っていいと思います。少量でも、毎日、プロピレン・グリコールの入った色んな製品を使い続けていれば、体内蓄積量は無視できないものになりますよね。

でも、コレスの商品にはこの体に有害なプロピレン・グリコールや鉱物油、シリコンが含まれていないのです!これは画期的なことで、私がコレスを使い始めた理由です。メーカー側も、この物質の有害性を認識しているのでしょう、パッケージには「PROPYLENE GLYCOL FREE」と誇らしげに書いてあります。また、箱に使用有効期限が書いてあるのも良心的で安心ですね。使用感も良いし、パッケージもおしゃれな感じで、ギリシャのホテルでもコレスを採用するところも増えています。
シンタグマにある大型デパート「attica」の一階一番奥にはコレスのコーナーがあり、品数が豊富で、薬局では置いていないミニサイズパッケージ商品などもあり、お勧めです。

ギリシャのお守りアイテムー目玉のモチーフ

10 6月
2007年6月10日

目玉模様のアクセサリーやキーホルダーは、ギリシャのお土産屋さんで、よく見かけるアイテムです。これはバスカニアと呼ばれ、他人の嫉妬ややっかみ、悪意のある邪視から身を守るためのお守り的なものです。

01_01

以下が邪視の説明です。(ウィキペディア百科事典より抜粋)
[邪視(じゃし)は、世界の広範囲に分布する民間伝承、迷信の一つ。 悪意を持って相手を睨みつけることによって、対象となった被害者に呪いを掛ける事が出来る。イビルアイ(evil eye)、邪眼(じゃがん)、魔眼(まがん)とも言われる。
様々な人種の間で邪視に対する信仰は形成されている。邪視は不吉なパワーを秘めていると信じられていて、邪視によって人が病気になり衰弱していき、ついには死に至る事さえあるという。
いくつかの文化では、邪視は人々が何気なく目を向けた物に不運を与えるジンクスとされる。 他方ではそれは、妬みの眼差しが不運をもたらすと信じられた。南ヨーロッパでは、 青い瞳を持つ人間には邪視によって故意に、あるいは故意ではなく呪いを人々にかける力があるとして恐れた。ヨーロッパ人の間では、地中海がもっとも邪視の信仰が強い。邪視を防ぐ伝統的な方法として地中海沿岸の船の舳先に大きな目が描かれているのをしばしば目にする。

ギリシャも、結構こういう迷信を気にするところがあって、特に、かわいい赤ちゃんなどが病気になったりすると、「マティアーゾ=邪視を投げる」という動詞を使い「他人の邪視の仕業だ」と言われたりします。うちも子供が生まれた時、複数の人からこの目玉モチーフのブローチをもらったりしました。

01_02

私は意味も知らずに、この目玉アクセサリーに出会った時から、なんとなく惹かれるものがあり、自分用には、この目玉のペンダントヘッドを2つ買い、ピアスの輪っかに通して、ユラユラ揺れるようにしてつけたりしていました。

この目玉アイテムは、ギリシャのお守りだということで、お土産にもいいと思います。貴金属店で買うジュエリーから、おみやげ物屋さんにあるカジュアルなものまで、品揃えも豊富です。

ギリシャの自然派化粧品 コレス(Korres)

10 4月
2007年4月10日

サッカーの貴公子、ベッカム夫妻やカイリー・ミノーグなども愛用しているというギリシャの化粧品「コレス」。まだ設立10年ほどの新しいメーカーですが、ギリシャでは、薬局や主要デパート、空港でのみ販売されている自然派化粧品で、最近海外にも進出し、注目度もアップしています。日本にも、最近進出したようです。従来は、基礎化粧品だけでしたが、最近、メークアップ商品も加わって、ラインナップも充実してきました。

01_01

私はアレルギー体質なので化粧品には気をつけないと、すぐかゆくなったりします。特にギリシャに来てからはジンマシンなども良くでるので、化粧品は要注意なのですが、コレスの製品は、自然派なので安心して使えます。たとえば、プロピレン・グリコールは体に有害な物質なのですが、現在ほとんどの化粧品やヘアケア製品、洗剤にプロピレン・グリコールが使用されています。この物質は、混ざらないはずの水と油をなじませることのできる材料で、保湿剤になるので重宝されているのですが、実は、これは石油の絞りカスからできており、工業用機械洗浄などに使用される体に有害な物質です。分子量が非常に小さいので肌から血管の中まで入り込み、体の中に蓄積されていきます。この物質は、たんぱく質も溶かすので、細胞にも悪影響を与え、アレルギーやガンの原因になると言われています。最近、食べ物の方の添加物には気をつける人も多いですが、肌につけるものも、毎日使うものですから、もっと関心を持っていいと思います。少量でも、毎日、プロピレン・グリコールの入った色んな製品を使い続けていれば、体内蓄積量は無視できないものになりますよね。

でも、コレスの商品にはこの有害なプロピレン・グリコールや鉱物油、シリコンが含まれていないのです!これは画期的なことで、私がコレスを使い始めた理由です。メーカー側も、この物質の有害性を認識しているのでしょう、パッケージには「PROPYLENE GLYCOL FREE」と誇らしげに書いてあります。また、箱に使用有効期限が書いてあるのも安心ですね。クリームは使用感も良いし、パッケージもおしゃれです。

01_02

アテネのセンターでコレスを買うなら、シンタグマ横にできたアッティカデパートの一階一番奥にあるコーナーがお勧めです。品揃えも豊富で、他では見られないセットもの、プレゼント付きのものもあります。

ヒオス島のマスティックを使用した話題のギリシャ土産

11 2月
2007年2月11日

マスティック(ギリシャ語でマスティハ)は、ギリシャのヒオス島でのみ産出されるマスティハという木から取れる貴重な樹液で、殺菌、抗菌作用、様々な病気を治す作用があることから、古代ギリシャ時代から珍重されてきました。ギリシャでは、その卓越した効能のために金と同等に珍重され、その貴重さゆえに、無断で持ち出すと罰せられた時代もあったのです。ギリシャのお土産にも最適、自分用にも試してみてはいかがでしょうか。

氷砂糖の純粋な形で売られていたり、ガムやお菓子などの食品、シャンプー・リンス、歯磨き、石鹸などの日用品や化粧品にマスティックが添加されている商品が色々出回っています。

02_05

毎日新聞では、下記のように、ピロリ菌に効くという記事が取り上げられました。

★抗ピロリ菌作用持つマスティック★

ピロリ菌は、胃の中に生息する細菌で、胃潰瘍(かいよう)、十二指腸潰瘍、胃がんの発生に大きくかかわっています。今日、日本人の40歳以上の人では、約7割がピロリ菌に感染しているといわれています。
最近、「マスティック」という名のギリシャのハーブが、抗ピロリ菌作用をもつことが注目を集めています。マスティックは、ギリシャのヒオス島だけに生えているウルシ科の高木で、その樹液を言います。ヒノキの香りがします。
ギリシャでは5000年も前から、ハーブやスパイスとして日常的に利用されてきました。昔からミイラの保存にも使われ、その殺菌力はよく知られていたのです。
このマスティックを一躍有名にしたのは、98年12月24日号の「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」という医学雑誌に掲載された「マスティックがピロリ菌を殺す」という論文です。英国のバーネット総合病院のフウェズ医師らは、マスティックを薄めた溶液をピロリ菌に加えたところ、ピロリ菌が検出できないほど減少したと報告したのです。
日本でも、静岡県立大学食品栄養化学部微生物学教室の研究者たちが、胃や十二指腸の患部から採取したピロリ菌で同様の効果を確認しました。
さらに、英国のフウェズ医師らは、難治性の胃潰瘍の患者に、1日1グラムのマスティックを2回に分けて、4週間与えたところ、わずか7日間で全患者(6人)の自覚症状が消え、4週間後には、内視鏡検査で8割の人が治ったと報告しています。
このほか、マスティックは「消臭」「歯を白くする」「歯周病を予防する」効果もあります。
(九段クリニック理事長)
(毎日新聞2002年3月14日東京朝刊より抜粋)

アテネでは、このマスティック製品は下記の店で買うことができます(下記以外の店舗もあります)。

ガムなどは、普通のスーパーやキオスク(売店)でも買えます。安いので、大勢に配るのにいいかもしれませんね。ただし、味の方はちょっと癖があるかもしれませんけれど・・・・

「Mastiha shop」
純粋なマスティハの結晶粒、歯磨き、石鹸、ガム、マスティックウォーター(料理用)、オイル、マスティハ入りギリシャの伝統的菓子、ギフト商品、本、オリーブ、オリーブオイル、ジャム、パスタ、チョコレート、ワイン、リキュール、クッキー、ラスク、化粧品(クリーム、シャワージェル、ボディーミルク、シャンプー、コンディショナー、クレンジングなど)
www.mastihashop.com/EN/home_en.htm

Panepistimiou & Kriezotou, 10671 Athens Tel: 210-3632750
アテネ国際空港内 Tel:210-3532969
02_01

02_02

「mastic spa」
マスティハ入りの化粧品、メイクアップ用品、ボディケア、ヘアケア、バス用品、男性用化粧品、子供用パーソナルケア用品、マスティックとオリーブオイル・チョコレート・ワインなどを組み合わせた商品、石鹸、歯磨きなど
www.masticspa.com/index.php?lang=en

Iraklitou 1 & Solonos, Kolonaki , Athens Tel: 210-3603413
オモニア ホンドス・センター内 Tel:210-5282800

02_03

02_04

 

Copyright© 2017 ギリシャ情報 All Rights Reserved.