ギリシャの復活祭(パスハ)

20 4月
2008年4月20日

ギリシャでは、外国人は除き、ほとんどの人がギリシャ正教です。東方正教会とも呼ばれ、西方教会(カトリック)とは1054年に分離した教派です。ギリシャ正教では、復活祭はイースターではなく「パスハ」と呼ばれ、日付もカトリックとは異なることが多いです。ギリシャでは今年は4/27が復活祭に当たり、その週(4/21-26)は、毎日のように何かしらパスハ関連の行事があるメガリ・エブドマダ(聖なる週)と呼ばれます。

pasxa1

パスハは、決まった日付がない祝日で、毎年日付が異なる移動祝日です。カトリックなどの西方教会はグレゴリオ暦を使っているのに対し、ギリシャ正教ではユリウス暦というカレンダーを使っているため、復活祭の日付も異なってしまうのです。どちらにしても、復活祭は、キリストの復活(十字架にかけられた後3日後に蘇った)と、春の到来を祝うもので、キリスト教国では、クリスマスと並び大変重要な華やぎのあるお祭りです。

pasxa10

パスハ前には、店先でかわいいパスハ関連用品が多く見られ、楽しめます。ランパダと呼ばれるキャンドルは、リボンや縫いぐるみ、人形、春にちなんだ物(花、虫など)などで美しく装飾されたものがこの時期たくさん出回っており、気分もウキウキします。特に、多産・繁栄の象徴であるうさぎ、命の誕生の象徴である卵、パスハを象徴する春の虫であるテントウムシ(パスハリッツァと呼ばれる)などは、定番のパスハグッズ・装飾品です。また、パスハ用のパンとして、ツレーキという甘くておいしいパンがたくさん売られます。この時期は赤い卵が埋め込まれているツレーキも良く見かけます。ツレーキは、ふだんでもパン屋さんで売っていますので、是非食べてみてくださいね。

pasxa5

運良く、復活祭(パスハ)の時にギリシャにいらっしゃる方は、是非、前日4/26の夜中に教会に出掛けてみられてはいかがでしょうか?人々がキャンドルに火を灯して集い、復活祭の日曜日の到来を祝う儀式は特別なもので、とっても神秘的でギリシャ的な体験が得られると思います。

ただ、パスハ前後はお店も閉まってしまうことが多いので、買い物は計画を立てていった方が良いかもしれません。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 ギリシャ情報 All Rights Reserved.