完璧なアクロポリスを見るには今がチャンス?!

01 10月
2010年10月1日

ギリシャといえば、イメージするのはやはりギリシャ神話、そして
パルテノン神殿にに代表されるような遺跡でしょう。今から遡ること
約2500年前に建てられたパルテノン神殿は、今日もアテネのランド
マークとして気高くそびえたっています。黄金比とも言われる完璧な
美しさのバランスを持つこの神殿は、現代の技術を持ってしても、
同じものを建築するのは不可能と言われるくらい、綿密な計算に基づ
いて建てられています。古代の人々は現代の機械化された技術より
もっと優れた技術を持っていたと考える学者も多くいるのです。

GRE1001_0101

アクロポリスには他にもアテナ・ニケの神殿、プロピレア(前門)、
エレクティオン、イロド・アティコス音楽堂などがあります。
これらの素晴らしい古代建築物が現代に遺されたのは一種の奇跡
ですが、やはりダメージは激しいので、四六時中、修復補強工事が
行われています。

ギリシャに限らず、ヨーロッパの歴史的建造物は修復作業のテント
や足場がかけられていることが多いですよね。せっかく壮麗なその
全形をカメラに収めようとしても、クレーンや工事の足場がかかっ
てしまって「うーん、残念」ということが多いと思います。

GRE1001_0102

しかし今年の5月、パルテノンからなんと30年ぶりに修復工事の
足場がとれたというニュースが発表されました。ギリシャ政府は
アクロポリスの修復プロジェクトを1975年に着手。しかし実際に
工事が始まったのは83年(さすがギリシャですね~!)しかしそれ
以来、神殿にはいつもどこかに建築足場がかかっているという状態
でした。最近では06年などはそれでもけっこうきれいに見えましたが、
03年などはパルテノン神殿と認識できないほど、鉄骨とテントだらけ!
それが完璧に取り払われたというのです。

GRE1001_0103

これは見に行かねば!と勢いこんで出かけましたが、すっきりして
それは見事でした。でも足場のある姿ばかり見ていたので、なんだか
違和感を覚えるくらいでしたが…^^;

でもその際、アテナ・ニケの神殿はテントと足場だらけ。この神殿は
小さいですが、イオニア式の柱があって、とても美しいのです。プロ
ピレアやパルテノンはすっきりしていたのですが、他の建造物は足場
だらけなので、ちょっとがっかりしたことも覚えています。そして9月
からはまた修復工事が再スタートするので、また少なくとも10年は
美しい外観を見ることはできないと聞いていました。

ところが!!!先日ラジオを聴いていた際、アテナ・ニケの神殿からも
足場がとれたというニュースが流れてきました。5月の時も、9月から
また工事が始まるかは???だと思ったので、やはりね~という思いと、
あのテントだらけだったニケ神殿、ホントに足場とれたの~?という
疑いが…(笑)。
参道からプロピレア(前門)に向かって、右側に見えるのがニケの神殿
ですが、5月の時点でも足場だらけでした。

GRE1001_0104

なので電話でアクロポリスに確認してみたところ、係りの人は
「現時点」ではここ30年の間でアクロポリスの全ての建造物が
最もすっきりした状態であることは確かだと言います。いま見逃し
たらまた30年後悔するかもしれませんので、早速行ってきました。
補強のために鉄骨は完全には取り去れないのでところどころ見られ
ましたが、ニケの神殿、パルテノン神殿、エレクティオン、プロピレア
(前門)もクレーンや足場がほぼない状態。本当に端整で美しかったです。
古代へと誘われるアテネの聖域を堪能しました。

GRE1001_0105

係りの人は「そろそろ再工事が始まるかもとも行っていましたが、
以前「9月から再工事なので、完璧なパルテノン神殿が見れるのは
8月まで」と宣言していました。でも未だに始まってないので、再
スタートがいつになるかははっきりわかりません。「今年いっぱいは
始まらないのでは」と言う人もいましたが、いろいろな関係者に尋
ねたところ、再工事がいつスタートするかは誰にもわからないとの
こと!(ギリシャですので…)
ギリシャは長い夏が終わり、遺跡巡りにはぴったりの爽やかな秋の
到来。アクロポリスを訪ねるとっておきのシーズンです。運がよけ
れば、この秋にアテネを旅行する方々はアクロポリス建造物群の
完璧な全形を見ることができるかもしれません!

GRE1001_0106

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 ギリシャ情報 All Rights Reserved.