月別アーカイブ: 4月, 2011

スーパーでみるチャモロの人たちの暮らしぶり

23 4月
2011年4月23日
LINEで送る

私が海外旅行に行って必ずすることは、ローカルのスーパーなどを巡ること。ガイドブックでは紹介されないローカルの暮らしぶりが見られて、異国文化をたっぷり体験できます。グアムを訪れる皆さんもぜひローカルのスーパーやお店をのぞいてみてください。発見と驚きの連続ですよ!

まずはツーリストが足を運びやすい、ペイレススーパーマーケットマイクロネシアモール店へ。
野菜は日本のように小分けにパックされておらず量り売りです。カラフルで新鮮な野菜がズラリと並ぶ様は、日本のスーパーとはかなり違いますね。

GS_0402_0101

野菜はグアム産のものもたくさんありますが、多くはアメリカ本土からの輸入です。

グアムはアメリカ。アメリカ気分を味わいたいならお肉売場へ。こんな大きな肉の塊、どうやって料理するんでしょう?!

GS_0402_0102

大家族、そしてバーベキュー好きなグアムの人ならペロリと食べちゃいそうです。

ツーリストに人気のショッピングスポット、Kマート。ここは多くのローカルがさまざまな生活用品を買い求めるお店です。お土産コーナーばかりのぞいていないで、ぜひお店を一周してみてください。ユニークな商品や売場に出会えますよ。例えばほら。カラフルなタオルがひとつの棚を埋め尽くしています!こんな光景、日本ではなかなか見られませんよ。

GS_0402_0103

グアムプレミアアウトレットの隣、コストユーレスも負けてはいません。コストユーレスは食料品から日用品、電化製品、アウトドアグッズなどの大型ディスカウント店。倉庫のように広く高い天井の店内ではフォークリフトが大活躍。商品はとにかくビッグサイズだったり、商品一つひとつの単位が大きかったり。こちらに住んでいても買うのは腰がひけてしまうけど、見てるだけならとっても楽しいですよ。

GS_0402_0104

さて最後はザ・ホームデポ。アメリカに本社を持つ住宅リフォーム、建設資材などのお店ですが、電化製品、日用品なども販売しています。ローカルの人はトラックでやって来て、トイレの便器、窓のサッシ、キッチンカウンターなどを自分で持って帰ります。

GS_0402_0105

他にもグアムらしさを感じさせてくれるお店はありますよ。韓国産の食品を多く取り扱うグアムプレミアアウトレット敷地内のカリフォルニアマート、韓国・日本・国などのアジア食材が豊富に揃うデデド村にあるアメリカングロサリーなどは、グアムはアメリカでありながらアジアに近く、多民族が暮らす島であることを感じさせてくれます。

その土地の文化を見たり体験することは海外旅行の醍醐味。まずはショッピングがてらグアムの人々の生活をのぞいてみませんか。

<インフォメーション>
店名:Kマート
営業時間:24時間営業
定休日:なし
ロケーション:マリン・コア・ドライブ沿い
電話番号:671-646-8331
店名:ペイレススーパーマーケット マイクロネシアモール店
営業時間:24時間営業
定休日:なし
ロケーション:マイクロネシアモール1階
電話番号:671-637-7233
店名:コスト・ユー・レス タムニング店
営業時間:月曜日~土曜日 9:00AM~9:00PM / 日曜日 9:00AM~7:00PM
定休日: サンクスギビング、クリスマス
ロケーション:グアム・プレミア・アウトレット隣
電話番号:671-649-4744
店名:ホームデポ
営業時間:月曜日~土曜日 6:00AM~10:00PM / 日曜日 7:00AM~7:00PM
定休日:なし
ロケーション:グアム国際空港入口近く
電話番号:671-648-0440

頑張ろう日本! 頑張ろう日本!

04 4月
2011年4月4日
LINEで送る

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますと共に、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。日本で起きた未曾有の事態に際し、グアム在住の日本人をはじめローカルの方々も、被災された皆様、ご家族の皆様の心労を案じ、心を痛めています。これ以上被害が広がらないよう、1日でも早い街の復興と皆様の健康をグアムよりお祈りいたします。

グアムでは地震当日津波警報が出され多くの観光客が避難しましたが、幸い大事には至りませんでした。しかし地震発生以来、各イベントが自粛され、代わりにチャリティーイベントや義援金活動などが行われています。在住日本人や観光業に携わる方たちだけでなく、グアム政府や多くのローカル企業もさまざまな形で日本を応援していただいています。日本人の一人として、こんなに多くの国のたくさんの方々から支援をいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
また私のグアムのファミリーや友達からも私の家族を案ずる電話をいただき、グアムの方々の温かい思いやりにただただ胸がいっぱいになるばかりです。

グアムで行われている活動の一部を紹介させていただきます。これらの活動が少しでも被災された皆様のお役に立ちますように、そして復興、再建の足がかりとなりますように、グアムから見守っていきたいと思います。

GS_0401_0101

3月20日に行われたグアム政府観光局主催「ココキッズ ファン ラン」では
子供たちが被災した子供たちへメッセージを書いてくれました。
またグアム日本人会による募金箱も設けられました。

GS_0401_0102

同じく3月20日、ヒルトン・グアム・リゾート&スパでは
「JAPAN AID BENEFIT CONCERT」が開催されました。
これらの収益はすべてアメリカ赤十字を通し被災地へ寄付されます。

GS_0401_0103

マリンアクティビティを楽しめるアルパンビーチクラブでも募金箱を設置。
グアム政府観光局日本事務所を通し被災地へ寄付されます。

GS_0401_0104

地元の日刊紙「パシフィックデイリーニュース」では連日、各地で行われている募金活動、救済活動を紹介し、一人でも多くの参加を呼びかけています。

他にも、グアム政府ではブートドライブを開催し、暑い中街頭に立ち、日本への寄付、支援を呼びかけてくれました。25,000ドルの収益はアメリカ赤十字を通し被災地へ寄付されます。
ローカルテレビ局「KUAM」、ブロードバンド・携帯電話会社「GTAテレグアム」「MCVブロードバンド」「i CONNECT」「IT&E」、ガソリンスタンドの「シェル石油」、そして「チャイニーズアソシエーション」「フィリピーノコミュニティオブグアム」などグアムに事務所を構える海外の団体などなど、ここでは紹介しきれないほどの多くの企業、団体がそれぞれにできることで日本を支援してくれています。

遠くグアムからではありますが、私もテレビやインターネットを通し被災状況を見て、一人の人間として今すべきことを考えさせられました。そして昨今、日本でも世界でも明るいニュースを耳にする機会が少なく、このような自然災害のニュースも頻繁に聞こえてきますが、だからこそ、このように世界の人々と協力しあい助け合っていけることの素晴らしさを改めて実感しました。
被災された方たちが少しでも早く日常生活を取り戻し、元気な笑顔でグアムに遊びに来ていただけるようこれからも応援していきたいと思います。

Copyright© 2017 グアム情報 All Rights Reserved.