グアム カルチャー&エコパーク待望のオープン!!

27 7月
2011年7月27日
LINEで送る

数千年の長い歴史とチャモロという独自の文化を持ち、そして今なお雄大な自然に恵まれた、太平洋に浮かぶ小さな島グアム。多くのツーリストは一流ブランドや美しい海を目当てにグアムを訪れますが、グアムが誇る素晴らしい歴史や文化にもぜひ触れていただきたいものです。
今月1日にオープンした「グアム カルチャー&エコパーク」は、まさにグアムのカルチャー、自然、歴史を五感で体験できる、グアム初のチャモロ文化のテーマパーク。ネイチャーウォーク、ビジターセンター、古代チャモロビレッジ、アニマルゾーン、カルチャー体験エリア、ビーチバー&パビリオン、ビーチアクティビティの7つのエリアで構成され、その中でも見どころは500年前のグアムの暮らしを再現した古代チャモロビレッジ。グアムが近代化の道を歩むきっかけとなった探検家マゼラン一行によるグアム島の発見以前の、グアムの人々の自然と共存したスピリチュアルな暮らしが再現されています。

GS_0702_0101

チャモロ文化を代表する遺跡ラッテストーンは
家屋の土台として使用されていたという説が多く、
実際にこのように使用されていたと思われます。

GS_0702_0102

古代チャモロ社会は村長の家、民家、学校、
スルハナまたはスルハヌと呼ばれる薬草薬剤師の家で
ひとつの村が構成されていました。
人々はココナッツの葉で物を作ったりして過ごしていました。

古代チャモロビレッジのゾーンでは、古代チャモロの暮らしが忠実に再現されており、住民はチャモロ語しか話してくれません。英語で質問してもチャモロ語で返事が返ってきます。もちろんガイドの方が訳して説明してくれますが、なんだか本当にチャモロ社会に迷い込んだような、不思議な感覚に陥ります。

GS_0702_0103

こちらは海で獲ってきた魚を焼いたり、
ココナッツやタロイモなどを調理するキッチン。
グアム島は自然に恵まれ、食料も豊富でした。

GS_0702_0104

アニマルゾーンでは、豚、鹿、ヤギ、ココナッツクラブ、カラバオ(水牛)など
さまざまな動物に出会えます。

新しい観光スポットであると同時に、本来のグアムを見て、触って、感じられる唯一のスポットでもあります。旅の魅力のひとつはその土地の歴史や文化に触れ、そこでしか体験できないことをすること。グアムへお越しの際はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

GS_0702_0105

ネイチャーウォークゾーンには、
ここで発掘された本物のラッテストーンを見ることもできますよ。

さて「グアム カルチャー&エコパーク」の中で、個人的にもうひとつおすすめしたいゾーンがあります。ビーチバー&パビリオンです。ウッドデッキ風の建物からトロピカルドリンクを片手に眺める美しい海はムード満点!!ここでのんびり過ごすひとときも、グアムの素敵な思い出のひとつになると思いますよ!

GS_0702_0106

グアムの歴史や文化を体験したらここでホッとひといき。
ビーチ側のシートの目の前は美しい海です!

<インフォメーション>
グアム カルチャー&エコパーク
開園時間:10:00AM~6:00PM
入園料金:大人$25 子供(6~17才)$15 5才以下無料
予約・問い合わせ:参加の旅行社、または671-646-9512 / 649-7263

<無料シャトルバス>
DFSギャラリア・グアムからは毎時00分、30分。
ホテル・ニッコー・グアムからは毎時05分、35分。
レンタカーで直接行くことも出来ます。(無料駐車場あり)

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 グアム情報 All Rights Reserved.