月別アーカイブ: 4月, 2011

リフエ、カラパキビーチでのんびりリラックス

27 4月
2011年4月27日
LINEで送る

カウアイ島というと、ハナレイのある緑深いノースショアや、ウエストサイドにある国立公園のワイメア・キャニオンがまず頭に浮かびますね。でも、空港にほど近いリフエ市内から出なくても、充分に楽しみながらリラックスすることが出来るんです。豪華客船も停泊するナウィリウィリ港にほど近いカラパキ・ビーチ。小さな湾になっているこのビーチは波が静かで、主に傍のカウアイ・マリオット・ホテルや周辺の小さなホテルに泊まっている観光客や、地元住民の憩いの場でもあります。

HW_0402_001

ビーチは広く、きちんと整備されているので、いくら人で賑わっていても、ワイキキのように座る場所もない・・・ということはありません。木も植えてあるので、日陰もたくさん。アメリカやヨーロッパからの観光客は、紫外線を気にする一般的な日本人と違い、せっかくのハワイに来たからには日陰に座るということをしないようです。というわけで、嬉しいことに日陰はいつも空いてます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

砂浜が広く、安全なので子どもたちも大喜び。ただ、海は遠浅でなく、割とすぐに深くなり、人はたくさんいますがライフガードがいないので、注意が必要です。ちなみに、底に足が着かないと落ち着かない根性なしの私は、沖に向かって泳ぐなどということは出来ないので、ひたすら横の方向に泳いでます。

HW_0402_003

ちょっと小腹が空いたら、傍にあるDUKE’Sでひとやすみ。傍のモール内には他にも何軒かのレストランがあります。カクテルを飲むもよし、ププ(ハワイ語で前菜やおつまみを指します)をつまむもよし。レストランの前を通り過ぎて行く、世界中からの観光客をウォッチングするのもまた楽しいものです。

HW_0402_004

カラパキ・ビーチに隣接する広々とした敷地が自慢のカウアイ・マリオット・ホテルに宿泊している場合は、車の通りも少ない敷地内をウォーキングすることも出来ます。朝まだ涼しい時間に歩くと、気持ちがいいですよ。

HW_0402_005

カウアイ島で、いろいろ見て回ったし今日は何もすることがないなあ、という日は、カラパキ・ビーチで日がな一日のんびりリラックスされてはいかがでしょうか。ここでは、今、日本やアメリカ本土でも流行っているスタンドアップ・パドルボーディングをコーチつきでトライすることも出来ます。スポーツ気分でないという方は、マリオットホテル内のスパが行っているビーチ・マッサージを、波の音をバックグラウンドに、このキャバナ内で受けることもできます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カウアイ島ではワイキキやアラモアナのようなブランドもののショッピングは出来ませんが、のんびりするのにハワイでこれほど適した場所はありません。特に、ビーチの近く、徒歩圏内にレストランやスパ、ABCストアも入っているショッピングセンター「ハーバー・モール」もあるリフエのカラパキ・ビーチはイチオシです。

カウアイのヒンドゥー教寺院

13 4月
2011年4月13日
LINEで送る

日本、特に被災地の皆様へ、心より震災のお見舞いを申し上げます。ここハワイでも、日本に向けて数々のチャリティーイベントが開催されています。一日も早い復興と、普通の生活を取り戻せる日に向けて、海外在住の私たちも、祖国のために精一杯支援をさせていただきたいと思っております。

さて、ここカウアイ島には、リフエ空港から車で約15分ほどの場所にある町ワイルアに、ヒンドゥー教寺院があることをご存知でしょうか。リフエ空港からは、カパア方面にまずハイウェイをドライブ。有名なオパエカア・フォールズがあるクアモオ・ロードで左折します。

HW_0401_001

坂をずっと真っ直ぐ進んでいき、住宅地の中を左折すると、その奥にひっそりとした寺院が佇んでいます。この寺院は何と1970年代半ばからあるそうですので、寺院が出来た後、周りに住宅街が出来たと言ったほうが正しいでしょうね。なんと、360エーカー以上という緑生い茂る広大な敷地に、僧たちが修行を行いながら静かに暮らしています。

HW_0401_002

この寺院はもちろん、基本的に宗教施設であり、観光名所というわけではありませんので、大人数グループでの見学は受け付けていないそうですが、ヒンドゥー教やスピリチュアルなことに興味があるという方々の来訪は歓迎するとのこと。英語のみですが、ガイドツアーもあります。

HW_0401_003

こちらは、現在使用されている礼拝堂の「カダヴル・テンプル」。神聖な場所のため、礼拝堂内および入り口付近の写真撮影、そして土足は禁止されていますので、ご注意を。

HW_0401_004

その先にある展望台からは、美しい景色を臨むことも出来ますが・・・

HW_0401_005

やはり、ここで一番見ていただきたいのは、現在建築中の新しい礼拝堂「イライヴァン・テンプル」です。こちらには、基本的にガイドツアーの際でないと立ち入ることが出来ません。白い御影石+金箔という豪華なこの礼拝堂はすでに世界中からヒンドゥー教徒が訪れる聖地となっています。

HW_0401_006

伝統的手法で手彫りされた、豪奢なヒンドゥー彫刻の数々。これらはその95%が石の採掘されるインドで専門家によって彫刻され、カウアイ島に空輸されたのちに、現地でこれまたインドから派遣された彫刻家たちによって丁寧な仕上げがなされます。

HW_0401_007

手仕事のため、気の遠くなるような長い時間がかかるそうですが、完成は2017年の予定とか。ハワイらしいとは決して云えないこの寺院。まるで昔のインドにタイムスリップしたような雰囲気です。スピリチュアルな地としても有名なカウアイ島にお越しになる際は、ぜひ足を伸ばしていただきたい場所です。

Copyright© 2017 ハワイ情報 All Rights Reserved.