ハワイの動物たち

20 2月
2011年2月20日
LINEで送る

人間にとっての楽園ハワイは、どうやら動物にとっても同じようです。特に手付かずの自然がたくさん残っているここカウアイ島では、犬や猫などのペットや牛や豚などの家畜類とは別に、あらゆるところでいろいろな動物たちに出くわします。

HW_0202_001

まず日本の都市部やホノルルなどの人口密集地帯では絶対に見られないカウアイ島の特徴として、自宅に馬を飼っている方々がとても多いという事実。性格も穏やかな馬が多いので私も通りすがりに声をかけたり恐る恐る撫でたりしていますが、ニンジンなど餌を与えると飼い主さんに怒られたりしますので要注意です。幸い、うちの子どもも保育園の課外授業で、1歳半にして初めて馬に乗ることが出来ました。

そして今ではすっかりカウアイ名物となってしまった感のある「ニワトリ」。

HW_0202_002

このニワトリたち、カウアイではすっかり野生化し、道端から海辺、山の中までどこにでもうろついていますが、なぜこんなに多くのニワトリが野生化したかについては様々な説があります。まず私が聞いたことがあるのが、「現在の『ハワイアン』たちが最初に渡来した際に、タヒチから連れてきたものが野生化した」というもの。今となってはそれが事実か知るすべはありませんが、これが真実とすれば野生のニワトリたちもここハワイで何百年もの歴史を歩んできたことになります。2つめは「アジアからの移民が連れてきたものが野生化した」というもの。そして3つめは「1992年のハリケーン・イニキで鶏小屋が被害を受け、逃げたニワトリが野生化した」というものです。そうやら、後の2つの理由ほうが信憑性が高そうですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オアフ島ではなかなか見るのが難しい海亀やモンクシールも、カウアイのビーチでは日常的に見られます。

HW_0202_004

モンクシールは保護動物ですので、よく出没するサウスショアのポイプビーチなどには、保護員の方が常駐しており、ビーチにのっしのっしと現れるとその周りにささっとロープが張られます。アメリカ本土からの観光客たちはロープの周りを珍しげに囲んで写真撮影会。「日本人は旅行中カメラを首からぶらさげて・・・」などという話をよく聞きますが、ご安心ください。ここハワイではヨーロッパ人もアメリカ人も皆そうです。

HW_0202_005

そして優雅に泳ぐ亀たち。

HW_0202_006

もちろん、海亀も触ったり餌をやったりするのは法律で禁じられていますので、遠くから眺めているだけですが、見ているだけで何だか幸せな気持ちになりますよね。

最後に登場するのが、ハワイの「州鳥」である「ネネ」です。

HW_0202_007

こちらは鳥なので普通に歩いていて見かけることはなかなかありませんが、リフエにあるカウアイ・マリオット・ホテルの池の周りによくたむろしているのを見かけます。

ですから、池の脇にある道路にはこんな標識が・・・。

HW_0202_008

カウアイ島にお越しの際は、ルールを守りつつ、可愛い動物たちの姿をぜひ楽しんでくださいね。

カウアイ島のグルメな青空マーケット

10 2月
2011年2月10日
LINEで送る

カウアイ島ポイプ地区には、2009年に出来たばかりの真新しいショッピングセンター「ククイウラ・ビレッジ」があります。カウアイ島の歴史を反映させたプランテーション風の建物がとても素敵な場所で、「ロキシー」や「トミー・バハマ」などの有名店から、アイスクリームショップ、アートギャラリー、レストランなど数々のお店がオープンしました。主にアメリカ本土からの観光客で毎日賑わっています。

HW_0201_001

そのククイウラ・ビレッジで毎週水曜日に開かれるのが「グルメ・ファーマーズ・マーケット」。普通のファーマーズ・マーケットとはまたひと味違った青空市なのです。開催は毎週水曜日の午後4時から6時まで。水曜日になると、ショッピングセンターの外にこのような看板が立てられ、目印になります。

HW_0201_002

さすがにグルメと銘打っているだけあって、カウアイ産のフレッシュなオーガニック野菜や手作りのスパイス、ハチミツ、ヤギ乳で作ったチーズなど、珍しいものがたくさん売られています。

HW_0201_003

この日はちょうど、ローカルのデュオが奏でるハワイアン・ミュージックも楽しむことが出来ました。

HW_0201_004

こちらは、普段学校の先生をしているという女性のお店。手作りのジャムやマーマレードがとっても美味しそうです。これなら、日本にも持って帰れそうですね。

HW_0201_005

このショッピングセンターでの私の一番のお気に入りは、やっぱりここラパーツ。カウアイを本拠地とするこのアイスクリーム屋さん、毎日手作りするという様々なフレーバーの新鮮なアイスクリームが、他のどこのものよりも美味しくてお勧めです!ここで買ったアイスクリームを食べながら、マーケットをぜひ覗いて見てください。センターのところどころには休憩できるベンチもあります。

HW_0201_006

高級さを売り物にしているこのククイウラ・ビレッジ。他にもお勧めしたいのが「リビング・フーズ・マーケット」です。いわば、「ホールフーズ」の小型版ともいえる、オーガニックフードやヘルスフードを置くお店です。中には大迫力のオーブンが設置されているデリもあり、ランチも食べられます。

HW_0201_007

カウアイ島のポイプ地区へ来られる際は、ぜひここでストップしてみてくださいね。素敵なレストランもたくさんあり、景観も素敵で、ビーチの後に休憩するのに最適な場所です。

ハワイ・年末年始の過ごし方

05 1月
2011年1月5日
LINEで送る

あけましておめでとうございます。ホリデー気分が出ない暑いハワイも、一日遅れで新年を迎えましたが、新年を祝うという観念の薄いアメリカでは、元旦から営業しているお店や施設も多いのが現状です。

元旦の朝に散歩に行った近所のククイオロノ・ゴルフコースでは朝からゴルフを楽しんでいる方々が。1月1日にゴルフコースが開いていることでまず驚きましたが、新年朝8時前からすでにプレイしている愛好家の方々がいるのにも驚きました。

HW_0102_001

年始め、気持ちも新たに清々しい気分でゴルフプレイを満喫していたようです。

HW_0102_002

そんなハワイを含むアメリカでは、お正月を伝統行事として考える日本と違って、NEW YEAR’S EVEと呼ばれる大晦日を楽しむ人々のほうが多いようです。ハワイでも、一般的にお正月にご馳走を作って家族で集まる、ということは一部の日系人以外は一般的ではありません。来る年を祝うより、行く年を惜しむというところでしょうか。イブには家族や友人と大きなパーティーを開いてシャンペンなどを飲んだり、花火を楽しんだり、かなりのどんちゃん騒ぎをする方々が多いんですが・・・。

大晦日の前日に行ったCOSTCO(コストコ)でも、そういったパーティーを狙ってずらりと並ぶ酒類と花火が壮観でした!

HW_0102_003

HW_0102_004

いったいこんなにたくさん、誰が使うんでしょうか・・・。

HW_0102_005

人口が多く密集した住宅地の多いオアフ島では、毎年花火による火事や火傷などの事故が多いため、今年2011年から花火が法律で禁止されました。昨年の大晦日はローカルたちが最後の花火を楽しもうとしたのか、いつもより火事の件数が多かったそうです。当日の夜は9時ごろから花火や爆竹の音が聞こえたものですが、午前12時を過ぎて日にちが変わった後は、車を運転していても前が見えないほどに花火の煙が町中に立ちこめていました。

カウアイ島は人口が少ないため、オアフ島と比べたらまだ静かなほうですが、それでも午前3時ごろまで花火を上げたり爆竹を鳴らす人も・・・。大晦日を静かに過ごしたい日本人にとっては、あまり嬉しくない慣習ではあります。

さて、前出のククイオロノ・ゴルフコースはカウアイ郡の経営する公的施設です。観光客の方々ももちろん利用でき、ポイプコーストラインや緑深い山々の美しい景色を楽しみながら、安価でゆったりとゴルフを楽しめますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、なぜか最近ここに、大きな鳥居がある日本庭園が出来ました。

HW_0102_008

日本情緒満点・・・と言いたいところですが、鳥居はあっても、神社はないというアメリカらしい不思議な光景です。それでも、ついつい鳥居に向かって新年のお参りをしてしまった私です。

2011年が皆様にとって良いお年でありますように。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

KUKUIOLONO GOLF COURSE

854 PUU ROAD

KALAHEO,HAWAII

(808)332-9151

ハワイで真夏のクリスマス

03 1月
2011年1月3日
LINEで送る

感謝祭が終わって、アメリカでも日本でも、ホリデーシーズン満開の季節がやってきましたね。もうすぐクリスマスを迎えるこの時期ですが、ここハワイは常夏の島。やっぱり、雪の中ソリに乗ってやってくるはずのサンタクロースの季節、夏のクリスマスではいまいちそれらしい雰囲気に欠けることは否めません。海辺に行けば抜けるような青空に透き通る海。まさしくそれがハワイの魅力なんですけど・・・。

HW_0101_001

贅沢な悩み(?)ですが、クリスマスは冬、暖か~い部屋で家族と共にご馳走の並ぶテーブルを囲む・・・という習慣が懐かしくなります。寒い地方に住む人にとっては、冬のクリスマス気分を味わうよりも、暖かい場所に逃げたい!という希望がもちろんあるようです。カウアイ島のビーチでも、この時期、主にアメリカ本土から来た家族連れがよく見受けられます。

HW_0101_002

そんな暑いハワイでも、大型小売店では「冬」の気分を盛り上げようとディスプレイにも工夫を凝らします。この季節、売り物自体に「冬」をテーマにしたものが多いので、やはり自然とそうなってしまうよう。

HW_0101_003

皆ノースリーブや半袖を着ている中で多少無理があるシナリオですが、せめて家の周りだけでもクリスマス気分を盛り上げようと、サンタやトナカイ、雪だるまなど冬モチーフのデコレーションを庭に置き、家の屋根や外壁にクリスマス用ライトを装着して頑張るハワイの住民も結構います。

HW_0101_004

しかし、ふと気づいたんですが、例年はドライブしていると自然と目に付いた家々のクリスマスデコレーション、今年はまだ目にしていません。クリスマスの飾りをスケールダウンしているお家が多いんでしょうか。ちょっと淋しい感じもします。それでも、せめて玄関のドアにはクリスマスリース、家の中にはツリーを飾り、キッチンやリビングに置く小物をクリスマス用のものに変えてホリデー気分を出す、という努力は皆さんしているよう。

HW_0101_005

冬のクリスマスを経験したことのない場合が多いハワイの子供たちも、目を輝かせてクリスマスを楽しみにしていますが、その目的はやっぱりプレゼント!うちの子どもも例に漏れず、サンタさんに夢中です。

HW_0101_006

クリスマス直前の今、小売店はどこへ行ってもすでにクリスマス用品やおもちゃの大セール中!半額以下のものもたくさんあります。航空運賃はピークになるこのシーズンですが、ハワイでとってもお得なお買い物が出来る時期かもしれませんよ。

ハワイでホリデーショッピング

17 12月
2010年12月17日
LINEで送る

遊びと仕事を兼ねて、週末カウアイ島からオアフ島へ飛んできました。飛行機で約30分しかかからない短い旅ですが、空港にいると旅をする高揚感でワクワク、ドキドキします。

着いたらすぐにレンタカーを借りて、ホノルル市街に向けて出発。到着時間が午後4時ごろだったので、空港を出て早速渋滞に巻き込まれましたが、ニミッツ・ハイウェイではキレイな虹が出迎えてくれました。

HW_1202_001

その日はもう夕方だったので、ワード地区の辺りにあるお店をうろちょろしてから、アラモアナへ。カフェで待ち合わせた友人をディナーを食べに行き、久しぶりのお喋りを楽しんで来ました。

さて、翌日は朝からお目当てのワイケレへGO!金曜日だったので、道路が混む時間を避けて、午前9時半ごろ出発。ワイケレへ車で行くには、もちろんハイウェイ(H-1)を走らなければならず、これは何度やってもドキドキします。というのも、カウアイ島には大体一車線しかないところが多く、車線変更での事故というのはあまり聞きません。オアフは人口も観光客も多く、ハイウェイは混むところだと五~六車線。入口・出口もたくさんあり、いろんなところから車が出たり入ったり、無理矢理車線変更をしてくるドライバーもたくさん。景色を見ながらドライブしたかったら、ツアーのバスに乗ったほうが無難です。

HW_1202_002

ワイケレに着くと、まずはマクドナルドで腹ごしらえ。しかし、ここでまったりしている場合ではありません。

 

HW_1202_003

まずはマネージメントオフィスへ行って、クーポンブックをいただいて来ます。$5で買えて、いろいろなお店で割引してもらえるので、たくさん買うことが分かっている場合はとってもお得。しかも、日本発行のクレジットカード(VISAかJCB)を持っていると無料で貰えるはず。私はたくさん買うわけではないんですが、念のため毎回貰ってきます。

そしてまずは、そのマネージメントオフィスから近いポロ・ラルフ・ローレンからスタート。そのまま、みんな大好き「コーチ」へ向かいました。

 

HW_1202_004

コーチでは独自の割引券を発行しているため、クーポンブックは使えません。年末のせいもあり、日本や韓国、アメリカ本土、そして地元のお客さんが入り混じってまさに鬼気迫る争奪戦が繰り広げられていました・・・。

 

HW_1202_005

ワイケレにいたのは約2時間くらい。買い物は手早く済ませる主義のため、終了したら早々と退散します。午前9時半にホノルル市街を出て、ワイケレに着いたのは10時ちょっと前。スムーズに進んだので、30分弱で着きました。ワイケレを出た時間は正午ごろだったんですが、駐車場はスペースがなくうろうろする車でいっぱい。車でワイケレまで来る場合は、午前10時までに着くと駐車場が空いてます。

 

HW_1202_006

ランチは別の友人と待ち合わせて、カピオラニ通りの韓国料理店「ユッチャン」で有名な葛冷麺を食べてきました。友人からは「会うといつもこればっかりで、ワンパターンだ」と指摘されてしまいましたが、久しぶりのオアフ、やっぱりお昼はこれが食べたかったんです。韓国人にも日本人にも人気があり、メディアでもたくさん紹介されている有名店です。

 

HW_1202_007

その後はアラモアナへ。ホリデー商戦真っ盛りなので、もちろんモールはクリスマス気分でいっぱいの飾りつけ。センターステージには大きなツリーもありました。一泊二日の慌しい日程でしたが、久しぶりのオアフ島をたっぷり満喫してきました。12月は日本から来られる観光客の方々がたくさんいらっしゃると思いますが、安全を心がけて、ハワイをたっぷり満喫してくださいね。

Copyright© 2017 ハワイ情報 All Rights Reserved.