月別アーカイブ: 5月, 2011

ガンジス河の祈りの儀式

26 5月
2011年5月26日

ガンジス河で有名なベナレスは、ヒンドゥー教の大聖地として有名です。
巡礼者や観光客が真っ先に向かうのは、やはりガンジス河。
ガンジス河沿いには、ガートと呼ばれる階段状のスペースができていて、
巡礼者はここで沐浴をしたり、母なる河と信じられているガンジス河に祈りを捧げたりします。

ベナレスのガンジス河沿いには、約84のガートがあると言われています。
その中でも一番有名なのが、ダシャーシュワメード・ガート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ダシャーシュワメード・ガートはメイン・ガートとも呼ばれているのですが、
メインなだけあってここは朝から晩までたくさんの人々でにぎわっています。

このダシャーシュワメード・ガートで毎夕行われているのが
アールティーという祈りの儀式。
たくさんの巡礼者や地元のヒンドゥー教徒の人々、それに外国人観光客が
このアールティーを見にダシャーシュワメード・ガートへやってきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Exif_JPEG_PICTURE

毎夕、日の入りと同時にスタートするアールティーですが、
この時間になると、ガートは人でいっぱいに。
ボートに乗って、河から眺める人もたくさんいます。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

5人から7人のプジャリ(祈りを捧げる僧)によってアールティーは
すすめられていきます。
「祈りの儀式」と言うと、静かで厳かな感じを想像してしまいがちですが、
このガンジス河のアールティーはかなり派手でにぎやか。
儀式の間はずっとバジャン(神への賛歌)が歌われて
人々も手拍子をしたり一緒にくちずさんだり…。
ガンジス河をバックに、アールティーは華やかに執り行われていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

インド人の巡礼者はインド全国からやってきているそうです。
この方々は電車で2泊もかかる南インドから。
一生に一度、このベナレスへ巡礼をするのが夢だったそうです。

約1時間ほどでアールティーは終了。
最後にはお花を買って、ガンジス河へ願いを込めて流す人がたくさんいましたよ。

Exif_JPEG_PICTURE

とてもダイナミックですてきなアールティーの儀式。
ベナレスへ来たら、必見です。

インドにもある!マクドナルド

22 5月
2011年5月22日

世界に広がるマクドナルド、インドにももちろんあります。
最近は都市部を中心にかなり店舗が増えてきています。
インドの物価で考えると、そんなに安くはないマクドナルドですが、
家族連れや友達同士でやってくるインド人でいつもにぎわっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ファミリーレストランと書いてあるインドのマクドナルド。
おなじみのドナルドもいますよ~。

Exif_JPEG_PICTURE

もちろんセットメニューも充実。
ハンバーガーとポテトとジュースで100ルピーから150ルピー(約200円から300円)
ぐらいのお値段です。

ところで、インドはヒンドゥー教徒が多数を占めている国です。
ヒンドゥー教徒は牛を神様と崇めているので、ビーフは決して食べません。
マクドナルドのハンバーガーと言えば、ふつうは「ビーフ100%!」なのですが、
そういった事情で、インドのマクドナルドにはビーフ・ハンバーガーはありません。

代わりにあるのが、チキンを使ったバーガー。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらはマックチキン・バーガー。
カラッと揚げたチキンが入っています。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらはチキン・マハラジャ・マック。
日本のダブル・バーガーのような感じで、パテも2枚でボリュームたっぷり。
さすがマハラジャです!

それから、これまたインド特有かと思うのですが、
ヒンドゥー教徒にはベジタリアンが多く、彼らはビーフはもちろんのこと
チキンや魚も一切食べません。
というわけで、インドのマクドナルドには菜食者用のベジタリアン・メニューも
充実しているんです。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらはマック・アルー・ティキというバーガー。
パンの間にはさまっているのは、じゃがいものコロッケ。
菜食主義者も安心して食べられるメニューです。
なかなかおいしいんですよ~。

他にもいろいろ菜食者用のメニューがあり、さすがインドだなぁ~と
感じます。

もちろん日本と同じようなメニューもありますよ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チキン・マック・ナゲットやフィレオフィッシュは世界共通!
(味は少し違うような気もするんですが……)

日本にも日本独自のメニューがありますし同じマクドナルドといっても、
お国柄がいろいろ出ていて、おもしろいですね!

暑い季節のインドの飲み物

18 5月
2011年5月18日

私の住んでいる北インドは現在夏真っ盛り!
気温は30度をゆうに超え、乾いた熱気と日差しが激しい日々が続いています。
4月から雨期に入る6月までの北インドは酷暑期と呼ばれていて、
これから40度を超える酷暑がやってきます。

この時期はとにかく体が消耗しがちなのですが、
夏バテ寸前の体を癒してくれるのは、夏の冷たい飲み物!
有名な乳飲料ラッシーや、この暑い時期にだけ飲めるマンゴーシェイクは
以前にもご紹介しましたね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
甘いヨーグルト飲料のラッシー。
ヨーグルトに氷と砂糖をミックスしてつくります。
素焼きの器で飲むと、冷たさが持続しておいしい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンゴーはインドの夏の代表的フルーツ!
4月に入ると、マンゴーシェイクの屋台が道にたくさん出始めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンゴーはそのままで食べてももちろんおいしいですが、
気軽にゴクゴク飲めるマンゴーシェイクは
夏の大人気ドリンクです。

そして、インドの夏には、ラッシーやマンゴーシェイクの他にも
確実に体に涼を与えてくれる優れもの飲料があるんです。

Exif_JPEG_PICTURE

これはヤシの実のジュース。
上の部分をスパッときって、ストローをさしこんで中の液体を飲みます。
これは自然のポカリスエットのような感じで、暑い時期の水分補給に最適。

Exif_JPEG_PICTURE

そしてこちらは、ベールと呼ばれる果物。
見た目が少しゴツくて、まるっきりおいしくなさそうなのですが、
このベールのジュースも夏によく飲まれている飲み物です。

Exif_JPEG_PICTURE

見た目はうすいオレンジジュースのような感じですが、
このベールのジュースはかなり美味!
お味はあっさりした桃のジュースといった感じ。
夏の暑い時期に飲むと体に良いそうです。
確かにクラクラするような暑さの時に、このベールのジュースを飲むとすっきりします。
少し冷やして飲むと、これまたおいしいんですよ~。

もちろんインドにもコカコーラやファンタなどの飲み物もありますが、
インドの夏はとにかく暑い!
暑すぎるインドの夏に対抗するには、自然の飲み物がいちばん良いようです。

インド各地の工芸品を!ディッリー・ハート

14 5月
2011年5月14日

インドはとにかく広大な国。
北から南、西から東まで文化や言語がちがうエリアの集合体がインドという国だ、
と言えると思います。
それぞれ各地の特色がありますので、ご当地グッズも豊富です。
デリーにある「ディッリー・ハート」はインド各地の手工芸品が手に入るマーケット。
ここにはインド各地の工芸品を扱う小さなお店が大集合しています。

Exif_JPEG_PICTURE

マーケットと言っても、市場風にできているおみやげ物・テーマパークといった感じのディッリー・ハート。
中に入るには15ルピー(約30円)の入場料がかかります。

Exif_JPEG_PICTURE

インド北部にあるカシミール地方のショールを扱うお店。
お店のお兄さんが「ちょっとミルダケ~」と声をかけてくれます。
すてきなパシュミナショールが見つかる可能性も……。

Exif_JPEG_PICTURE

手作りの置物。
動物や神様モチーフのものが多いですね。

Exif_JPEG_PICTURE

ミラーワークがかわいらしい小物類。
砂漠のあるラジャスターン地方の工芸品です。

ちなみにディッリー・ハートは値引き交渉もできます!

Exif_JPEG_PICTURE

「ちょっとこれまけてちょうだいよ」と、値引き交渉中の欧米人のお姉さん。
買い物に来ている現地の人々も多いですが、
おみやげを買いにきている観光客もたくさんいます。

Exif_JPEG_PICTURE

ビハール州にあるマドゥバニ地方の絵を売るお店。

他にもインド風の服や小さな家具を売るお店まで、
とにかくたくさんのお店が並んでいます。
「これはどこの地域のもの?」と聞きながらお店を見ていくのがおもしろい!

ディッリー・ハートの奥のほうまで行くと、各州のご飯が食べられる
フード・コートもあります。
南インドのスナック類や、珍しいところではインド北東部にあるアッサム州やナガランド州のブースも。
普通のインド料理とは一味違うテイストが楽しめるんですよ~。

Exif_JPEG_PICTURE

実はこのディッリー・ハート、私は何度も行っているのですが、
お店も一定期間で入れ替わりますし、イベントが行われていることも多いので、
毎回新しい気持ちで楽しむことができます。
次回も何か掘り出し物を探しに、ディッリー・ハートへ出かけようと思っています。

■ディッリー・ハート(Dilli Haat)
住所:Aurobindo Marg, Opp. INA Market
時間:10:30~22:00(無休)
料金:15ルピー(約30円)

Copyright© 2017 インド情報 All Rights Reserved.