南インド料理はいかが?

17 7月
2010年7月17日

とにかく広~い国土を持つインド。
一口に「インド」と言っても地域によって
文化も言葉も宗教も違ったりします。
もちろん食文化もしかり。
ざっくり北インドと南インドに分けてみると、
北インドは小麦から作るナーンやチャパティなどが主食。
日本でも有名なタンドーリ・チキンは北インドの料理です。
対して、南インドはお米が主食。
野菜のカレーがメインで、米粉を使ったスナックなども有名です。

もちろんどちらもおいしいのですが、
個人的には南インドの料理のほうが日本人の口には合うのでは…
と勝手に思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらは南インドの定食セット。
北インドだと「ターリー」と呼ばれますが、
南インドでは「ミールス」と言います。
写真ではお皿にご飯がのっていませんが、
後で真ん中にドバっとよそわれます。

サンバルという野菜カレー、
ラッサムという酸味のあるスープなどが
南インド料理の定番です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはウタパムという料理。
米と豆の粉で作る、インド版お好み焼きといった感じです。
具にはたまねぎを入れたりトマトを入れたりします。

写真のミールスとウタパムは、
デリーにあるナイベディヤムというレストランのもの。
デリーは北インドに属する町ですが、
首都だけあっていろいろな地域のレストランがあります。
ナイベディヤムは、おいしくて雰囲気の良いレストラン。
おすすめです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内はムーディな雰囲気。
ステンドグラスや南インドの絵画などが飾られています。

さて、他にも有名な南インド料理はたくさんあるのですが、
特にご紹介したいのがこれ。

IND_0701_0204

この何やら長い物体は……!?
ドーサーという南インド定番の軽食です。
米と豆の粉をクレープ状に焼いて、
マサラ味のポテトやたまねぎをくるんだものです。

実はドーサーはこんなに長く作る必要はないのですが、
これはナイベディヤムならではの名物ドーサーです。
お皿から思いっきり飛び出しているクレープ部分が
大迫力!
真ん中あたりからスプーンを入れると、
サクサクっとしたクレープ部分と
中の少しスパイシーなポテトとのハーモニーが最高!
食べ応え満点ですよ~。

インドだったらどこででも楽しめる南インド料理。
インドへいらしたらぜひトライしてみてください。

■ナイベディヤム(Naivedyam) 住所:No.1, Hauz Khas Village, New Delhi-110016電話:+91-11-26960426/26536045時間:11:00~23:00休み:無休

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 インド情報 All Rights Reserved.