インド版ミルクティー「チャーイ」

21 7月
2010年7月21日

インドにおいて、避けて通れないのが…チャーイです。

と、いきなり大げさに書いてしまいましたが、チャーイとはつまりお茶のこと。
インドでは、牛乳と紅茶をミックスしたミルクティーをチャーイと呼びます。
インド人は本当~~~にチャーイが大好き。
日本の緑茶、イギリスの紅茶のようなもので、
インドではチャーイが国民的飲料となっているのです。

IND_0702_0101

写真のように小さなグラスに少しの量で飲むのが
インドのチャーイの飲み方。
少量でもかなりの甘さなので、砂糖の量は半端ではないはず。
日本人にとってはかなりのインパクトがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じの小さなチャーイ屋がインドの街にはたくさんあるのですが、
とにかく朝から晩までいつもインド人でにぎわっています。
インド人のチャーイの飲み方といったら、
ちょっとした休憩に、小腹がすいた時に、おやつタイムに、
仕事帰りの一杯に、といった感じで
「一体一日に何杯チャーイを飲むんだ!?」
と聞きたくなってしまうほど!
ちなみにチャーイは一杯2ルピーから5ルピーぐらいです。
日本円にしてなんと10円以下!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チャーイ屋の前にはたいていベンチやいすが並べられています。
そこに座ってチャーイを飲みながら、のんびりまったりおしゃべり
というのがインディアン・スタイル。
昼間からいい大人がたくさん座っていて
しかもほとんどが男性なんですが、
みなさん、お仕事そっちのけでチャーイを楽しんでいるようです。

個人的にオススメなチャーイの飲み方があります。
飲み方といっても実はチャーイそのものではなくて
チャーイを入れる器に関してなのですが…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このチャーイが入っている素焼きの器はプルワーといいます。
最近はガラスの器やプラスチックの器でチャーイを飲ませる所がほとんどですが、
昔はみんなこのプルワーでチャーイを飲んでいたそうです。
このプルワーで飲むチャーイ、素朴な味わいがチャーイににじみ出ている気がして、
私は大好きです。
プルワーはチャーイを飲み終わったら、そのまま投げ捨ててパリンと割ってしまいます。
土でできているので自然に帰るエコな器なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「う~ん、今日もチャーイがうまい!」
という声が聞こえてきそうなおじさんたち。

インドにいると、このチャーイを飲む機会が山ほどあります。
ちょっと疲れたらチャーイ、知り合ったインド人に勧められてチャーイ、
気づいたらインド人のように何杯も飲んでいた!ということに…。
日本人にとっては甘すぎるはずのチャーイも
インドの地では、なぜだかしっくりおいしく感じられるのが不思議です。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 インド情報 All Rights Reserved.