マサラ感たっぷりのインドグッズ

28 7月
2010年7月28日

ガンジス河が流れるヒンドゥー教の聖地として有名なベナレス。
外国人に人気のベナレスですが、
インド人巡礼者もインド全国から数多くやってくる大観光地です。
ヒンドゥー教の聖地だけあって、町中にはヒンドゥー教のグッズがたくさん!
巡礼の方々にとっての宗教的なおみやげ類、
外国人の目から見るとキッチュでいかにもインド風な感じ。
インドみやげに良さそうなものがたくさんあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ベナレスでよく見るこのグッズは、ヒンドゥー教の神様の絵。
特徴のあるこの絵のタッチ、ヒンドゥー教の神様の絵では定番です。
右側はサラスヴァティーという女神で、学問と芸術の女神。
日本で親しまれている弁財天と同じ神様です。
そして左側はドゥルガーという神様。
戦いの女神として知られています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いろいろな神様の写真立てを売るお店です。
この神様グッズは、部屋に置くとそれだけでインド度がかなり上がる
インドみやげ最強グッズ!
私の部屋にももちろん飾ってありますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらにあるものも全てヒンドゥー教に関する物。
手前にあるのはホラ貝。
ヒンドゥー教のお祈りの儀式では、このホラ貝を「プォ~」と吹くので、
それに使います。
そしてその後ろにある銅色の小さい壺のような物を見てください。
こちらはなんとガンジス河の聖水が入った壺。
ガンガー・ジャルと呼ばれています。
遠くからわざわざベナレスにお参りにやってきたインド人は
このガンガー・ジャルを大切に持って帰るそうです。
写真だと12個パックになって売っていますが、
親類縁者におみやげとして大量に買って帰るインド人が多いそうです。
日本人の私たちは、記念に一つ…でいいかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒンドゥー教のお経が書かれたスカーフもベナレス定番グッズの一つ。
巡礼にきた方々は、このスカーフを身につけてお参りをしています。
このスカーフは薄くて軽いのが特徴。
色がビビッドで、デザインもかわいく見えるので
外国人旅行者も愛用しているのをよく見かけます。
首にまくと、すっかりインドモードになれること間違いなし。
そういえばこのスカーフは、日本のアジア雑貨のお店でも売られていますよね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回紹介したグッズは、べナレスだとガンジス河沿いのお店や、
お寺へ向かう小道などでたくさん売られています。
いろいろ見てまわると楽しいヒンドゥー教グッズ。
インドのおみやげにいかがでしょうか。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 インド情報 All Rights Reserved.