フィレンツェで老舗店のパニーニを味わう

25 4月
2011年4月25日
Pocket

食の国、イタリア。
美味しい物は山のようにありますが、レストランだけじゃなく地元民が普段食べているような安くて気軽な物だって、食べてみたい!という日本人旅行者の方は多いはず。
今回は気軽さをテーマに、地元イタリア人も通っているオススメのお店を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パニーニと言えば地元の人なら誰でも知っている老舗店、「フラテッリーニ」です。
「イタリアで本場のパニーニを食べたけど、高いばかりでまずかった」という声をよく聞くんですが、その多くは駅構内のチェーン店や、観光客用の店などで食べたことが原因なんじゃないかなと思います。
確かに、本当に美味しいパニーニに出会うのは、観光客には少しハードルが高いのも事実です。

IT_0402_0102

この写真はフィレンツェ駅構内のBarの、パニーニ売り場です。
値段も高めだし、メニューは全国一緒だし、お手軽ではあるけれどこれでは「本場のパニーニを食べた!」とは言えません。
観光客がよく訪れる場所の物は美味しくない。
でも、地元の人が通う屋台では自分の欲しい物をハッキリと、イタリア語で話さないといけません。
うーん、ハードル高い!!

その点、フラテッリーニは大人気店なので観光客にも慣れていますが、地元フィレンツェ人たちも愛用するパニーニとワインの専門店。
パニーニって不味い!と思い込む前に、是非試してもらいたいお店です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フラテッリーニに席はありません。
みんな、立ったまま食べるのがお約束。
これぞ、究極のファーストフード!安く、早く、美味いの三拍子ちゃんと揃ってます。

パンの中に挟める物は店の横に書いてあるので、好きな物を選びます。
日本語表記もあるので、選ぶのは簡単ですよ。
値段は、トリュフを使った物以外は一律で、2.5ユーロ。
ワインもグラスで1ユーロ程度からありますから、合計しても4ユーロに満たない手軽さです。

私のイチオシは、アンチョビとバター。
夏の暑い日など、これにキリっと冷えた白ワインを合わせると、相性抜群です。
固めの丸パンをほどよく温めて出してくれるので、バターが溶け出してアンチョビに絡み、絶品!
赤ワインに合わせるなら、トリュフ入りの羊のチーズにルッコラを合わせたパニーニ(これは3ユーロ)もオススメです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フラテッリーニの面白い所は、このワイングラス置きです。
立ち飲み&立ち食いですから、グラスを一時どこかに置きたい時や、飲み終わって空になったグラスなどは、この木の棚に置きます。

フラテッリーニ(兄弟)という店名の通り、代々兄弟でこの店を守ってきた陽気なスタッフたちの冗談に耳を傾けながら、美味しいパニーノとワインを堪能できる。
そんなイタリアの下町を感じる、「本物」ファーストフードです。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 イタリアトレンドナビ All Rights Reserved.