イタリアで過ごすクリスマス

11 1月
2011年1月11日
Pocket

みんなが楽しみにしている冬の大イベント、クリスマスがやって来ました。
敬けんなクリスチャンが多いイタリア。
彼らにとってクリスマスはキリストの生誕を祝うという意味で、宗教的にもとても大切な行事なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年々経費が縮減されて日本ほど華やかではありませんが、クリスマスシーズンが近づくと様々なイルミネーションが街を彩ります。
プレゼントを買う人たちで街が賑わうというのは、日本もイタリアも同じ光景かな?
今年はフィレンツェから車で2時間ほどにあるシエナという街で、こんな美しい電飾の木を見つけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリスマスは恋人同士や友達と過ごすことが多い日本とは違って、こちらではクリスマスと言えば家族や親戚が集まるファミリーイベントです。
ただでさえパーティーやら友達との集まりやらで暴飲暴食になりがちな年末ですが、25日のランチは家族揃ってお腹いっぱい豪華な食事を食べるというのが一般的なクリスマスの過ごし方。
「滅多に会わない親戚まで集まるので付き合いに疲れる。」
「断り切れず食べ過ぎて苦しい。」
などの理由から、クリスマスをストレスに感じているイタリア人も実は少なくないのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私も毎年、クリスマスのランチには鳥の丸焼きを作ります。
前日からローズマリーやタイムでしっかり風味をつけたお肉は、とってもジューシー!
トスカーナ地方では鳥の丸焼きの他に、詰め物をしたパスタをスープと一緒に食べる「トルテッリーニ・イン・ブロード」という料理がよく食べられています。

IT_0102_0104

クリスマスが終わってもしばらくはお祭りムードが続きます。
年越しの模様は改めて紹介するとして、1月6日にはエピファニアという、日本には馴染みのないイベントが。
エピファニアにはベファーナという魔女がやってきて、良い子にしていた子供たちにお菓子をプレゼントしてくれるのです。
女性版サンタといったところでしょうか?
クリスマス飾りや電飾は、このエピファニアの日までそのままにしておくのがイタリア流。
新年にクリスマスツリーがそのままになっているのも、決してイタリア人が怠惰なせいではないのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エピファニアを過ぎれば、イタリアは冬の大バーゲンに突入します。
イタリアでは州によってバーゲン開始日が決まっています。
フィレンツェの今年のバーゲンは6日に始まりました。
今年も街に活気が満ち、大きな買い物袋を下げた人々で賑わっています。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 イタリアトレンドナビ All Rights Reserved.