イタリアで年越し!ブオン・アンノ!!

03 1月
2011年1月3日
Pocket

皆様、明けましておめでとうございます。
クリスマスは家族や親戚と過ごす人が多いイタリアですが、年越しや新年は友達や恋人と大騒ぎして過ごすという人が圧倒的に多いようです。
日本は正反対ですよね。
イタリアには、年越しに赤い下着を身につけていると良いことがあるという、ちょっと変わった言い伝えがあって、年末になるとどのお店のショーウインドーにも赤いパンツがずらりと並ぶんですよ。
もう一つ、年越しにまつわる縁起かつぎと言えばこの食べ物。

IT_0102_0201

コテキーノとレンティッケ豆の煮込みです。
コテキーノというのは豚の頬肉など様々な部位を腸詰めにした、コラーゲンたっぷりの濃厚ソーセージのようなものです。
コテキーノにはこのお豆を合わせるのがお約束。
豆の形がお金に似ていることから、年末年始にこれを食べるとお金が貯まるという言い伝えがあります。
年越しそばのように年末に食べるという人もいれば、これはお正月の食べ物だと言う人もいるので確かなことはわかりませんが、とにかくこの時期に食べるとお金持ちになれるかも!?

IT_0102_0202

自宅でゆっくり夕飯を食べた後は、年越しカウントダウンを見るために車で近郊の街までお出かけしてきました。
目的地は、サンジミニャーノ。
「100の塔がある街」というあだ名からもわかるように、街中からニョキニョキと塔が生えたような独特の景観を残す街です。

IT_0102_0203

到着してみると、街はどこもイルミネーションで輝いていました。
私たちがやって来た22時頃にはまだ広場も空いていましたが、23時を越えた頃からどんどん人が集まってきて、いつの間にかぎゅうぎゅう詰めに。
みんなレストランや自宅でゆっくりと夕食を食べた後、ワインボトルやシャンパンボトルを持って広場にやって来るのです。
この日のために作られた特設会場では、イタリアのロックバンドが大歓声を浴びて演奏していました。

IT_0102_0204

夜23時半頃。
ロックバンドの演奏が終わると、街の青年団が舞台の上にやって来て、元気なダンスミュージックと共にカウントダウンを始めました。
そして遂に、深夜24時!!
歓声と共にあちこちで一斉にシャンパンの栓が抜かれます。
「アウグーリ!!(おめでとう)」「ブオン・アンノ・ヌウォーボ!!(新年おめでとう)」
シャンパンシャワーを浴びて濡れながら、周囲の人たちと手当たり次第に新年の挨拶を交わします。

IT_0102_0205

塔の裏から、花火が打ち上げられました。
こうして大盛り上がりの年越しイベントは、朝まで陽気に続きます。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 イタリアトレンドナビ All Rights Reserved.