カルネヴァーレは元気の秘訣

19 3月
2011年3月19日
Pocket

今年もこの季節がやってきました。
冬最後のお楽しみ、カルネヴァーレ(カーニバル)です。
詳しいことは去年も書いたので省きますが、カルネヴァーレとは日本では謝肉祭と呼ばれるキリスト教文化のお祭りのこと。
毎年時期は異なりますが、大人も子供も一緒になって仮装をしたりパーティーをしたり、大いに盛り上がる時期です。

IT_0302_0101

イタリアではヴェネツィアのカルネヴァーレが有名ですが、その他の地域でももちろんお祭りは開かれます。
今年のカルネヴァーレ最終日は3月8日。
それに合わせて、3月最初の一週間は各地で様々な催し物が開かれていました。
私もスーパーに買い物に行こうと気軽に家を出てみたら、道がお祭りで封鎖されていてびっくり。

IT_0302_0102

通りでは各地から職人やアーティストが集まって屋台を並べていました。
商店街のお店も食べ物などを出店して近所の人たちが集まる、身近で素朴なお祭りです。

IT_0302_0103

カラースプレーでほどよくデコレーションされた、ハローキティの山車を発見!
イタリアでもハローキティは子供たちの人気者です。
山車を牽いているのは農業用のトラクター。
手作り感たっぷりの山車には派手さはありませんが、仮装した子供たちの笑い声が響いて楽しそうです。

IT_0302_0104

決定的瞬間!小さな男の子の吹き付けたカラースプレーが、通りがかりの女性の鼻にピッタリフィット!
カルネヴァーレの時期はどんな冗談でも許されると言われるくらいですから、もちろんこのくらいのことでは誰も怒りません。
スプレーを吹き散らしたり、紙吹雪を投げつけ合ったり、イタズラしたりイタズラされたり、みんながそれぞれにふざけ合い、楽しむのがお祭りの醍醐味です。

IT_0302_0105

私も友人たちと、ささやかなカルネヴァーレ・パーティーを開きました。
写真はまだ食べ物の準備中ですが、こうしている間にも次々と仮装した人たちが集まってきます。
お菓子や食べ物を持ち寄って床に並べ、シャンパンを開けたらいざ、ダンスタイム!

IT_0302_0106

室内が暗かったので思いっきり手ブレした写真しかなくてごめんなさい・・・。
彼は指圧のマエストロで、少なくとも60歳は越えていますが、見てくださいこの元気!
ノリノリで踊っている時のBGMはなんと、レディー・ガガ。
なんて若いおじいちゃんなんでしょう・・・弟子に借りたオレンジのカツラがよく似合ってます。
マエストロいわく、「ふざける時には思いっきりふざけて笑うのが、元気のコツ」とのこと。
年に一度のカルネヴァーレは、イタリア人みんなの元気の秘訣なのかもしれませんね。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 イタリアトレンドナビ All Rights Reserved.